人気ブログランキング |

Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 22日

Test ♯846 ナナホシテントウ

e0065734_16283580.jpg

「ナナホシテントウ成虫」
Nikon D300/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM/Photoshop CS2

すごーく久しぶりにナナホシテントウを撮影した気がします。
虫を撮り始めた頃はよく被写体にしてたんですけど、なんででしょうね、だんだん撮らなくなってしまいました。
顔があまりよく見えないので、表情が乏しいように感じちゃうからかな。

いろいろな虫を知るにつれ、とにかく種類が多くて、なんでもかんでも撮ってると知識の吸収が追いつけず甲虫目をパスする傾向があるのも確かですねー。よくないですね。
でも、どんなに視野を広げても限度というものはありますし、興味の琴線にイマイチ触れてこない範囲というものは出てきてしまいます。
ま、これが私の限界でございます(;^_^A アセアセ・・・

ナナホシとは直接関係ないですけど、Wiki で調べていたらテントウムシ科にはクチビルテントウムシ亜科というのがあるんですね。

ぶっチュ〜♪((((((* ̄3 ̄)

って感じですか?

e0065734_1651882.jpg

「ナナホシテントウ前蛹」
Nikon D300/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM/Photoshop CS2

私は小学校を卒業するまで東京都文京区で生まれ育ちましたが、学区制というのがあって、ウチはそのぎりぎりのラインにありました。通ってる学校より、隣の学区の小学校のほうがよっぽど近いような環境だったんです。

で、学校の友達はみんな、雨の日は行くのが面倒くさい(雨で自転車で行けないから)距離なので、おのずと雨天の日は自宅で図鑑ながめて過ごしてました。図鑑といっても学研の子ども向けで、虫でも鳥でも魚でも超メジャーな種しか載ってません。だから都区内にはあまりいないような種の名前は覚えてたりするんです。ヨナクニサンとかヤイロチョウとか(笑)。
テントウムシの場合だと、ニジュウヤホシテントウが印象強かったですね。
28個も点模様があるやついるんだぁ、みたいな。
はじめて百十四銀行というのを見たときみたいな。

外に出ると、点模様が2個だったり4個だったり、いろんなテントウムシが目につきます。2個はニホシテントウ、4個はヨツボシテントウという「別種」だと思ってました。じつはそれがみなナミテントウの個体変異で、同一種だということを知ったのは大人になって上の子が小学校高学年になってからであります。

知らなかった。そうだったんだ。Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

ところがそれだけでは済まなかったのであります。
昨年、蛾LOVEさん宅におじゃましたときに、ふと駐輪場の横の幹にナミテントウがいるのに気づきました。ケータイで撮影したら、一寸野虫さんが衝撃的な発言を。

「ナミテントウじゃなくて、ダンダラテントウですよ。」

だんだら!?

ダンダラって、段だら模様のダンダラですよね!?
それって、いまどきもう使う人少ないですよ。死語ですよ。
カメノコテントウのカメノコも死語ですけど、「たわし」ががんばってる分まだましなんじゃなかろうか。
そんな死語が名付けられたテントウがいたなんて。

おそるべし、テントウムシの世界。

Test ♯808 のろいアカホシテントウはこちら
モバイルFaunas&Floras ダンダラテントウはこちら
aside ♯12「のろいアカホシテントウ」はこちら
Test ♯369「アカホシテントウ」はこちら
Test ♯172「ナミテントウの営み」はこちら
Test ♯158「ナナホシテントウ」はこちら
Test ♯90「あたたかな冬の一日」はこちら
Test ♯65「ナナホシテントウ」はこちら
Test ♯-10「七星瓢虫_Ladybird 」はこちら

by Faunas_and_Floras | 2008-04-22 22:35 | 近隣の水系


<< Test ♯847 クロモンキ...      Test ♯845 トビモンオ... >>