Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 16日

Test ♯713 ヤマトシリアゲ

e0065734_21181830.jpg

「ヤマトシリアゲ」
Nikon D70/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

フィールドでよく見かけるシリアゲムシ。
蝶のような派手さもないしカブトムシのような格好よさもありません。
むしろアップで見ると不格好なのですが、
なーんか気になる虫なんであります。

Test ♯479 でも書きましたが、
蛹の段階を経る、完全変態する虫のうちでは
もっとも早く地球に現れたグループの一つで
最古の形態をとどめているといわれています。
完全変態するところまで進化しておきながら、
その後をやめてしまったワケですね。

e0065734_2147965.jpg

「ヤマトシリアゲ」
Nikon D70/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

その最古の形態と「お尻をあげている」のは、
素人目には関係は無さそうな気がするんですけど、どうなのかな。
お尻のあげ具合がサソリを彷彿とさせるので、
英名はそのものずばり、スコーピオンフライ。
でも似てはいても、サソリに擬態しているとはちょっと思えないですよね。

e0065734_227691.jpg

「ヤマトシリアゲ」
Nikon D70/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

いままでお尻を上げているのがオスと思っていましたが、
今回いろいろネットで調べてみたら、
メスでもかなりはっきりとお尻を上げる個体があるようです。
ですからお尻のあがり具合ではなく、
お尻の先がハサミムシのように二股になっているのがオスで、
そうではないのがメスという区別になるようです。

ガガンボモドキなども含めたシリアゲムシ目(長翅目)は、
日本には5属44種いて、なかでもエゾユキシリアゲはごく最近になって
北海道大雪山系で発見されたそうです。
エゾユキシリアゲは Google で検索してもほとんど情報が出てきません。
Wiki には20世紀末に発見されたと記載がありますが、
どうやら1996年前後のようです。

e0065734_2232509.jpg

「ヤマトシリアゲ」
Nikon D70/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

で、結局のところなぜお尻を上げているのか、
とっても気になるシリアゲムシなんであります。
シリアゲ アゲ EVERY☆騎士(ナイト)。

Test ♯479「ヤマトシリアゲ」&「キシタトゲシリアゲ」はこちら
Test ♯24「ヤマトシリアゲ」はこちら
Test ♯50「ヤマトシリアゲ」はこちら
Test ♯161「ヤマトシリアゲ」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-11-16 22:38 | 近隣の水系


<< Test ♯714 近所の河原...      モバイル Faunas & ... >>