Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ

タグ:蛾 ( 665 ) タグの人気記事


2006年 03月 09日

Test ♯123

e0065734_23521369.jpg

「冬の終わりを告げる蛾」Nikon D70/SIGMA MACRO 50mm EXDG/Photoshop CS2
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-03-09 23:53 | 近所の河原
2006年 02月 26日

Irregular serial ♯9

e0065734_1528522.jpg

「チャオビコバネナミシャク」(だと思う度99%)Nikon D70/SIGMA MACRO 50mm EXDG/Photoshop CS2

昨日、林道でみつけた蛾です。
今回も、蛾に超お詳しい方に名前を教えてもらいました。シタコバネナミシャクの仲間で、
たぶんチャオビコバネナミシャクだろうとのことでした。

日本には蝶や蛾の仲間の鱗翅目に分類される種がおおよそ6000種いるらしいことは以前もお話しました。「おおよそ」なのは、研究がすすんでおらず、まだまだ未見の種が多いだろうと思われるからです。
ということは、日本には6000種類もの蛾の多様な生活を支えるだけの、変化に富んだ環境が存在していたということですね。

日本の昆虫全体を見ても、名前のついた種だけで30000種はかるく越え、研究が進まず未発見のまま種も同じくらいいるだろうと推測されているそうです。解明率50%といったところでしょうか。
一方イギリスでは、すでに全体のおよそ99%が解明されているらしく、18000種程度なのだそうです。くらべてみると、日本の昆虫はとても種類が多いんですね。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-02-26 15:28 | Irregular serial
2006年 02月 12日

Test ♯106

e0065734_0155558.jpg

「クリオネ ... 」Nikon D70/SIGMA MACRO 50mm EXDG/Nikon Capture Editor/Photoshop 7.0

ひと月ぶりの近所の河原です。
今日感じたのは、一ヶ月前に対して冬鳥の常連がずいぶん増えてきた(例年並みに近づいてきた)なということです。カシラダカやアオジ、シメの姿がそこそこ見られてうれしかったです。
カワセミの太郎くんが、(彼にとっては)大きな魚を丸飲みする様子もみることができました。

でも、今日いちばんうれしかったのはフユシャクのメスをはじめて発見したことです。
ネットでは写真をたくさん見ていたのですが、実物を見たのは今日がはじめてです。なにより、近所の河原でフユシャクを見つけることができたのが収穫でした。
前にも書きましたが、蛾は日本に6000種類もいるそうなので、未熟な私には、どのフユシャクなのかの同定まではムズカシイです。

フユシャクの仲間のメスは、オスと異なり翅がない、もしくは飾り程度の大きさしかなく、飛ぶことはできません。日が沈み交尾のためにオスが飛来するのをじっと待ちます。
このメスも小さな小さな翅しかなく、最初に見た時、クリオネがいる!(笑)という印象でした。
そこで海の中で舞うクリオネのイメージで仕上げてみました。
かわいいでしょ? Love v(* ̄▽ ̄*)
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-02-12 23:47 | 近所の河原
2005年 12月 07日

Test ♯66

e0065734_1582479.jpg

「ウストビモンナミシャク」Canon EOS20D/EF-S10-22mm/Photoshop CS2

この蛾の名前を自分で調べようとチャレンジして、すぐ挫折しました(汗)。
蛾に詳しい方に訊ねたところ、シャクガ科ナミシャク亜科のウストビモンナミシャクというのだそうです。
(すげー!)
蛾の仲間は、日本になんと6000種類もいるのだそうですよ。

ところで写真ではわかりづらいと思いますが、この蛾はなぜかエビぞってます。
この蛾の含まれるEulithis属は、なぜかほとんどみんなエビぞるんだそうです。
蛾なだけに、ヨガですか(^ ^;
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2005-12-07 02:13
2005年 10月 23日

Test ♯30

e0065734_184773.jpg

「カノコガ」
Canon EOS20D/Sonnar T*135mmF2.8(MM)/R7.5mm/Photoshop CS2
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2005-10-23 18:22 | 近所の河原