Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ

タグ:蛾 ( 662 ) タグの人気記事


2012年 10月 03日

Wake up♯483 トビイロトラガ 2012

e0065734_19331345.jpg

「トビイロトラガ 2012 Summer」GALAXY NOTE SC-05D/Photoshop CS2

クリスマスが目前だろうが屁のカッパで4ヶ月遅れで進行虫。今日は12月23日。

鴨川シーワールドのシャチのオスカー(アースと、今年産まれたばかりのルーナの父)が、20日に死亡したという悲しいニュースが報じられました。

今日のカットは、まだオスカーが元気で、ルーナが産まれる直前のオーシャンスタジアムでのひとコマ。


Wake up♯467 ヒメトラガ 2012はこちら
Test ♯917 トビイロトラガ 2008はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-10-03 23:32 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2012年 09月 23日

Wake up♯478 ムラサキシャチホコ 2012

e0065734_23351449.jpg

「ムラサキシャチホコ 2012 June」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/内蔵ストロボ/白色LED/Photoshop CS2

外灯下でわりとひょっこりと、ぽつんといたりするムラサキシャチホコ。
ムラサキシャチホコがべたべたいて3D祭りだぁぁぁ、というのは私は経験ないであります。

ところで科学の世界では「超ひも理論」というのがあって、計算では我々の宇宙は9次元空間+時間の、10次元時空らしいというところまで推論が達しているようです。解釈が5通りになるので、じゃぁもいっこ足して10次元空間+時間で、11次元時空ならすっきりするんじゃね?といったことが研究されてるそうであります。

縦と横と高さで、3次元空間ですよね。9次元とすると残りの6つの次元はどこにあるのかということになるのですが、極めて小さい空間として閉じていて見えないんじゃないかということらしい。

小学生の頃、夏の怖いはなしで、あなたの知らない4次元の世界から幽霊が。。。なんていうのがありましたけど、4次元どころか9とか10とかたくさんあったのね。

はっ!

もしかしてムラサキシャチホコのめくれたように見える翅の向こうには、あなたの知らない6つの次元が。。。o(@.@)o


aside ♯25 虫愛ずる一日 2012 indoor編はこちら
Wake up♯71 ムラサキシャチホコ 2010はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-09-23 23:34 | そのほかの水系
2012年 09月 21日

Wake up♯477 キマダラツマキリエダシャク 2012

e0065734_226439.jpg

「キマダラツマキリエダシャク 2012 Summer」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

高原で、ノコメエダシャク系っぽいシルエットの蛾を発見。
キマダラツマキリエダシャクでした。
ニシキギ科のツルウメモドキを食草にしているそうです。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-09-21 22:06 | そのほかの水系
2012年 09月 09日

Wake up♯471 チャハマキ 2012

e0065734_18243782.jpg

「チャハマキ」RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

冬尺蛾で右往左往しつつ、4ヶ月遅れで進行虫。記事書いてる今日は12月9日。
昨日も一寸野虫さんとフユシャク徘徊し、雪の中の冬尺蛾が撮れますた。

さて、我が家ではタガメを飼育しています。
タガメは、ちょっとくらいの水槽の水の汚れ(家族から、漁港みたいな匂いすると文句言われるレベル)なら平気であります。が、餌となる金魚のほうが耐えられないので、夏場はできるだけマメに水換えを行う必要があります。

そこで、常に大きめのバケツ2つに汲み置きしてあるのですが、ある日そこに来訪者が。
ベランダは鉢植えとかないので、迷い込んできたんでせう。

汲み置きの水面にたくさんヤスデの仲間が浮いてるときもあります。翅ないから、風にのって飛んできたとしか考えられないんですけど、一部の蜘蛛みたいに移動手段として能動的に風を利用してるのかな。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-09-09 18:23 | 自宅にて
2012年 09月 01日

Wake up♯467 ヒメトラガ 2012

e0065734_0455115.jpg

「ヒメトラガ 2012 June」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/内蔵ストロボ/白色LED/Photoshop CS2

Todさん&ashさんご夫妻が設置してくださったライトトラップに飛来した個体。
ちいさくて可愛いであります。

さて、トラガとくらべて小柄だからヒメトラガなのですが、一方でコトラガもいます。
ヒメとコではどちらがより小さいのかというと、

トラガ→開張 55-58 mmに対して

ヒメトラガ→開張 42-45 mm
コトラガ→開張 55 mm

トラガに関しては、コよりヒメのほうが小さいであります。
加えて、トラガとコトラガがブラック基調でしぶい色合い、ヒメトラガは文字通りお姫さまのようにカラフルであります。

もっとも、同じトラガ亜科でも、3種とも属が違うのですけど。

Test ♯917 トビイロトラガ 2008はこちら
Test ♯567「ベニモントラガ」はこちら
Test ♯532「コトラガ」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-09-01 23:14 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2012年 08月 30日

Wake up♯466 バー さざ波 2012

e0065734_23444193.jpg

「サザナミスズメ 2012 Summer」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

今宵も、鱗粉まみれに、ようこそ。

( ´~)◇y ゴクゴク( ´▽)-3 プハァ~( ´□)_□ マズイ!モウイッパイ!


Wake up♯202 サザナミスズメ 2011はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-08-30 23:44 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2012年 08月 24日

Wake up♯462 カツ! 2012

e0065734_2155250.jpg

「キシタバ 2012 Summer」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

早朝のコンビニにいたキシタバ。
後ろには「カツ!」の、のぼり。

喝!
勝つ!!
串カツ!!!

さて、あなたはどれ?(*゚▽゚)ノ

Wake up♯99 キシタバ 2010はこちら
Wake up♯315 ジョナスキシタバ 2011はこちら
Wake up♯283 フシキキシタバ 2011はこちら
ブラック・キシタバーの衝撃の生い立ちはこちら(笑)
Test ♯614 夜の森の物語「カクモンキシタバ」
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-08-24 22:53 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2012年 08月 20日

Wake up♯460 ホシベッコウカギバ 2012

e0065734_2181268.jpg

「ホシベッコウカギバのオス 2012 June」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

オスとメスで模様がやや異なるため、昔は別種だと思われていた時代があったようです。
オスは、わりとコントラストがくっきりしています。

e0065734_21133813.jpg

「ホシベッコウカギバのメス 2012 June」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

いっぽうメスは、コントラストが低くて、スケスケな感じ。
過去、ウスボシベッコウと呼ばれていたのは、このホシベッコウカギバのメスであります。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-08-20 23:07 | そのほかの水系
2012年 08月 14日

Wake up♯456 ムラサキヨトウ 2012

e0065734_16532342.jpg

「ムラサキヨトウ 2012 Summer」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

4ヶ月遅れで進行虫。記事書いてる今日は11月18日。
残暑残暑と騒いでいたら、急転直下、関東もぐぐーっと冷え込む日が増えてまいりました☆≡(*。< ) ヘックシュン!

蛾はシーズンオフがないので、しかも週単位、へたすると数日単位で見られる種が変化してゆくので、
寒ぃーーー!!と叫びながら、あいかわらずフィールドを徘徊しています(^▽^;)

ムラサキヨトウは本州と北海道に分布するそうで、北方系由来の種のようです。

ウスムラサキヨトウとかヒメムラサキヨトウという種もいるのですが、それぞれ同じヤガ科ヨトウガ亜科ではあるものの、その先が微妙に異なっています。まとめてみますた。

ムラサキヨトウ→Lacanobia
ウスムラサキヨトウ&マダラムラサキヨトウ→Eucarta
ヒメムラサキヨトウ→Sideridis
クチサキヨトウ→議事堂属
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-08-14 22:52 | そのほかの水系
2012年 08月 04日

Wake up♯450 モモイロツマキリコヤガ 2012

e0065734_2352686.jpg

「モモイロツマキリコヤガ 2012 June」 RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

蛾屋のはしくれとして、トイレでキョロキョロと周囲を見回して挙動不審な行動をするわけでありますが、最近は「本来の目的で」トイレが近くって、

はぁぁぁぁ〜(*´ρ`*)

としながらも、見える範囲をチェックしてしまう自分が誇らしい(。+・`ω・´)キリッ

この日トイレで見つけたのはピンクがきれいなモモイロツマキリコヤガ。

モモイロクロバネZ

なんていたらいいのにと思って図鑑見てみましたが、とうぜんいませんでした。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-08-04 23:01 | そのほかの水系