タグ:蛾 ( 661 ) タグの人気記事


2014年 08月 14日

Wake up♯521 トンネルの物語 キマダラコウモリ 2014

e0065734_2315388.jpg

「キマダラコウモリ 2014 Summer」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

ナショナル モス ウィークが、7月19日から27日まで開催されました。
日本が参加するのは、今年がはじめてであります。

というわけで微力ながら参加するべく、半日だけ自由時間がある日に、ひさびさに出かけてみました。
ところが当日は激しい夕立。
いくら雨に強い鱗翅目といえど、これでは活動をあきらめ、雨滴を避けて活動を控えるような勢い。

案の定、目論んだ外灯には蛾影はなし。
そうかー、やっぱり蛾ですら嫌がる雨の勢いだったかー(_ _。)・・・シュン

そんなときは、トンネルであります。
外灯からトンネルポイントへ移動したら、いたいた。キマダラコウモリであります。

べつにトンネルじゃなくても出会える種ですが、雨後、こりゃだめかと思っていた矢先にいてくれると、大型なだけにうれしいであります(≧∇≦)ノ


Test ♯897 モモスズメ 2008はこちら
Test ♯907 橋の上の物語 キマダラコウモリ 2008はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2014-08-14 23:55 | 近隣の水系
2014年 03月 25日

Wake up♯518 冬尺蛾捜索隊 シュゼンジフユシャク 2013-2014 Winter

e0065734_0202719.jpg

「シュゼンジフユシャクの交尾 2013-2014 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

人生、時が経てばいろいろ環境が変わってきます。
蛾LOVEさん、VIEWさん、そして私が仕事でなかなかフィールドに行けなくなり、チーカナとして「いっせーの、せ!」で多人数で出撃する機会がぐっと減ってしまいました。

一方で、それぞれ個人で精力的にフィールドに通っている「チータマ」の川北さん&ATSさんと密に連絡をとって、「チーカナタマ」として、都合があうときはみんなで、そして休みが合わないときは個々人で日替わり定食のように目的種を攻めることが多くなってきました。

今回たまたま私が当たりましたけど、みんなで協力して「日替わり定食」で成果を出せたのが、今日のこのシュゼンジフユシャクの交尾だと思います。

e0065734_20532294.jpg

「シュゼンジフユシャクのメス」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2


修善寺冬尺蛾。「修善寺」是地名。在靜岡縣,在溫泉有名的旅遊地。
「修善寺冬尺蛾」與「二筋冬尺蛾」極為相似。


Wake up♯163 シュゼンジフユシャク捜索隊 2011はこちら
Test ♯771 シュゼンジフユシャク捜索隊はこちら
モバイルFandF シュゼンジ捜索隊はこちら
シュゼンジ捜索隊はこちら
Test ♯362「シュゼンジフユシャク」はこちら
Test ♯366「シュゼンジフユシャク」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2014-03-25 00:18 | そのほかの水系
2014年 03月 15日

Wake up♯517 冬尺蛾捜索隊 ウスオビフユエダシャク 2013-2014 Winter

e0065734_20164447.jpg

「ウスオビフユエダシャクのオス 2013-2014 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

フユシャクを追いかけていると、オスはよく見かけるのに、交尾となるとなかなか見つからないケースがでてきます。
シロオビやクロバネ、シロトゲは、平地でも普通に観察できる種ですけど、私はまだ交尾ペアに出会ったことがないであります。

そして、ウスオビ。

やや山地性になりますが、外灯めぐりをすれば、オスはそこそこ出会えます。

メスが、いねぇ。

そんなウスオビの交尾を観察するべく繰り出した、「チームかなたま」ご一行。一寸野虫さん、川北さんと3人で、人家も外灯もない、気温0℃の真っ暗な森にがさがさと踏み入ります。

いやぁ、

マゾとしか言いようがない(笑)


一寸野虫さんはあっちにいるよね。川北さんがそっちにいて、ハンドライトの光と、歩く音ががさがさ聞こえる。

では。

まるで関係ないこっちの方角、漆黒の闇から聞こえてくる、あのがさがさは誰が歩く音?!

そんな、0℃という気温以上に寒気を感じる闇のなか、深夜2時にせまるころでした。いわゆる丑三つ時でございます。
ライトで照らした先に、あたまを下にむけ逆さまになった、青白い男性の姿が!!

で、でたーーーーーー!!Σ(|||▽||| )

e0065734_20173764.jpg

「ウスオビフユエダシャクの交尾 2013-2014 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2


もとい。

キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━( ゚)━( )━( )━(。 )━(A。 )━(。A。)━━━!!

そうです、逆さまなのはウスオビのオス。そのうえには、小さな翅のメスの姿が見えます。
ライトの灯りに警戒し交尾解除してしまうといけないので、照らし続けずに、すぐに一寸野虫さんと川北さんを呼びました。
高さは地上3mほどでしょうか。うーん、微妙に高い(×_×)
背が低い私は、脚立にのってもアイレベルで撮影ができません。。。

とはいえ、ようやく出会えたペア、嬉しさはひとしおであります。
もっとよいシチュエーションは、いずれまた機会があるでしょう。← ないケースが多い


Wake up♯337 ウスオビフユエダシャク 2011はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2014-03-15 20:15 | そのほかの水系
2014年 03月 05日

Wake up♯516 冬尺蛾捜索隊 ヤマウスバフユシャク 2013-2014 Winter

e0065734_20483854.jpg


チーカナとして、はじめてヤマウスバフユシャクにチャレンジしたのは2007年であります。
その後、なんとかオスには出会えたものの、オスに出会えた場所(トイレ)は工事でなくなってしまったのでした。

あれから6年。

ようやく、ヤマウスバフユシャクのメスを撮影できました。

e0065734_21103060.jpg

「ヤマウスバフユシャクの交尾 2013-2014 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

風はほぼないものの、小雪がぱらつく雑木林で、一寸野虫さん、川北さん親子と手分けしてヤマウスバフユシャクをさがします。
まず、川北さんが幹の高い位置にいるメスを発見。うわー、高い(>_<)
さすが川北さん、あいかわらず3次元探索眼が冴えてるであります。

ふと見ると、メスのいるその樹木のわきの薮の小枝で、へんな格好したオスが。
んんん〜?これはフユシャクの交尾では。
翅の模様を確認したら、

ヤマウスバ、キター*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!

マハリクマハ。・。・゜★・。・。☆・゜・。・(゚∀゚)゚・リター!!!!!

このあとどんどん雪が積もってゆき、ノーマルタイヤだったので、やばいブレーキ踏んでるのに車重で滑りおりてゆく、これは山から町に戻れないんじゃ!?という危機に陥ることになるとは、夢にも思わず悦びコケていたのでありました。。。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2014-03-05 20:52 | そのほかの水系
2014年 02月 26日

Wake up♯515 冬尺蛾捜索隊 ナミスジフユナミシャク 2013-2014 Winter

e0065734_21141380.jpg

「ナミスジフユナミシャクの交尾 2013-2014 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

ご無沙汰しております(;^_^A アセアセ・・・

あいかわらず馬車馬、いつ終わるのだろう馬車馬、逃れられない馬車馬、

「忙しい」とは、心を亡くすことなのね

な日々を繰り広げております(;´Д`A ```

最近とくに辛いのは、目が疲れて仕方ないこと。
仕事がら撮影で目が疲れるし、画像処理で目が疲れるし、現場への移動で運転して目が疲れるし、もーたいへん。

で、目が疲れると、ブログを含めてSNSが辛い。本を読むのが辛い。マンガでも辛いであります。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。
我ながら、五感のなかで視覚に偏りすぎた生活してたことを痛感いたしましたです。

冬尺蛾のシーズンがはじまってから、フィールドに出かけることができたのは、わずかに三回。よし行ける!と思っていたスジモン捜索も二度にわたる大雪のせいで潰されたり、とほほな「蛾ライフ」になっております。。。

それでも、未見の種のメスを3種撮影できて、馬車馬なりにがんばれてはいるかなと思っています。

定点観測の部分では一寸野虫さん、川北さん、ATSさんががんばってくださってるので、馬車馬は馬車馬なりに、チーム「かなたま」としての成果があげられるように、目をしょぼしょぼさせながら、ブルーベリーをほおばって、家族のために今日も仕事に励むのであります(;´▽`A``


Wake up♯498 ナミスジフユナミシャク 2013はこちら
Wake up♯158 昔の名前で出ています 2011はこちら
Wake up♯26 コナミフユナミシャクの♀ 2010(その2)はこちら
Wake up♯25 コナミフユナミシャクの♀ 2010(その1)はこちら
Test ♯962 コナミフユナミシャク 2009はこちら
Test ♯778 コナミフユナミシャクはこちら
Test ♯763 コナミフユナミシャクはこちら
Test ♯334「オオナミフユナミシャク」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2014-02-26 21:12 | そのほかの水系
2013年 11月 04日

Wake up♯513 クロウスタビガ 2013(その2)

e0065734_10292313.jpg

「クロウスタビガ 2013」
Canon EOS 20D/Canon Macro Photo Lens 35mmF2.8/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

馬車... (以下略)(ノ_・、)シクシク

あくせくしてるあいだに、年月がどんどん過ぎてしまいまふ。

さてクロウスタビガ。
この子たちは、顔アップを撮るのがちょっとたいへん。
顔がうつ伏せ気味なのに加えて、前脚が顔を隠しちゃうポーズになりがちなのであります。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2013-11-04 10:35 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2013年 10月 31日

Wake up♯512 クロウスタビガ 2013(その1)

e0065734_22495612.jpg

「クロウスタビガ 2013」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

馬車馬です(ノω・、) ウゥ・・・

そんななか、一寸野虫さんと一緒に、久々にフィールドに行くことができました。
フィールドだと、ちょいと小一時間というわけにもいかず、となると月に一度チャンスがあるやなしやであります。

逆を言うと、タガメやオオクワガタ、コカブトムシの飼育は小一時間とれれば、とりあえずは累代のためのメンテナンスができるので、なんとか続いている感じですね。金魚の確保がたいへんだけど(;^_^A アセアセ・・・

あまりに久しぶりで、クロウスタビに出会えたのはいいけど、どーやって撮ってたっけ?と夜闇のなかで悩んでしまいました。
しかも君、メスじゃんΣ(゚д゚;)

馬車馬まえの時間があるときには、クロウスのメスのために年に何回も出撃して数年越しでやっと1頭出会えたのに、ひさかたぶりのフィールドだからなにかしら撮影できればオケとお気楽モードのときには、

こんなにあっさりといますか。

まぁ、生き物の場合は、とかくそういうものですよね。←チーター見たくてケニアに行って見れずに泣いて帰ってきた

生き物ですからね、しょうがないですね。←後年、里見たつき先輩がケニアに行ってチータもレパードも「んー、見れたよー」

対象が生き物だと難しいですよね。←あげくに、実母がケニアに行って「チーター?見たわよ。狩りした直後で一心不乱に食事してたわよ」



人生は不公平だぁぁぁぁぁぁ!!ヾ(。`Д´。)ノ


Wake up♯323 クロウスタビガ 2011はこちら
Wake up♯131 クロウスタビガ 2010はこちら
Test ♯671 野蚕第8使途 クロウスタビガはこちら
Test ♯288 「クロウスタビガ」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2013-10-31 23:32 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2013年 06月 10日

Wake up♯506 カノコガ 2013

e0065734_2044051.jpg

「カノコガ 2013 Early summer」
Nikon D300/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM/Photoshop CS2

生き物やっていて、自由になる時間がないのが、いちばん辛いですね。

遠くのフィールドに行ければそれにこしたことはないけど、幸いなことにウチの近所には河原があるし、自宅の庭でもニワハンミョウの観察とかができます。いまアロエにアシナガバチが巣つくってるし。
さらにベランダにはタガメちゃんたちがいるし、駐車場ではツバメちゃんが子育てしています。

生き物たちから、観察による楽しみのチャンスはたくさん与えられてるんだけど、

いかんせん時間がない。・゚・(ノε`)・゚・。

それでも、Takumi と Mickey が健康にすくすくと成長し、将来の夢にむかって学校に通ってることだけでも幸せなんだと思います。

涙が出るほど学費が高いけど(TωT)ウルウル

というわけで、馬車馬で超スローペースだけど、生き物たちから驚きと感動をもらいながら、このブログは続いてゆくのであります。


Test ♯517「カノコガ」はこちら
Test ♯217「カノコガ」はこちら
Test ♯30「カノコガ」はこちら

Test ♯561「カノコガの交尾」はこちら
Test ♯626 キハダカノコはこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2013-06-10 23:03 | そのほかの水系
2013年 04月 27日

Wake up♯502 フタマタフユエダシャク 2013

e0065734_21505754.jpg

「フタマタフユエダシャク 2013 Spring」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/白色LED/Photoshop CS2

もー、毎日、馬車馬(;´Д`A ```

とりあえず先日のフタマタ遠征での画像でふー。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2013-04-27 23:50 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2013年 04月 21日

Wake up♯501 フタマタフユエダシャク 2013

e0065734_21125545.jpg

「フタマタフユエダシャクの交尾 2013 Spring」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/白色LED/Photoshop CS2

体力限界的に忙しくて、ブログが放置になってしまってすみません<(_ _)>

なんとかフィールドには行ってるんですけど、休日は撮影で終わってしまいます。。。
今週はあいにくの低温と雨で、私は出撃できず。
一寸野虫さん、蛾LOVEさん、川北さんは、金曜日夜の強行軍でN博士をオオシモフリへ案内。現地でsyakugaさん親子ともお会いしたとか。

さて今年の冬尺蛾は、川北さん、ATSさんたちのチータマ(チーム埼玉)と、私たちチーカナの連携で、けっこう成果を残せたシーズンになったと思います(^-^)/

チャオビトビモンなど、未見種との思わぬ出会いもありました。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2013-04-21 21:18 | そのほかの水系