Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ

タグ:蛾 ( 664 ) タグの人気記事


2015年 01月 30日

Wake up♯539 冬尺蛾捜索隊 クロスジフユエダシャク 2014-2015 Winter

e0065734_2223810.jpg

「クロスジフユエダシャクのペア 2014-2015 Winter」
GALAXY NOTE SC-05D/Photoshop CS2

しまった。カメラの予備バッテリーを充電してくるの忘れてた。・゚・(ノε`)・゚・。

なのでスマホで撮影。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2015-01-30 02:21 | そのほかの水系
2015年 01月 25日

Wake up♯538 冬尺蛾捜索隊 ウスバフユシャク 2014-2015 Winter

e0065734_21434624.jpg

「ウスバフユシャクのペア 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

でね、白バックに思いを込められないものの、練習はしてるわけです。
とはいえ時間がないから自宅でセット組んで撮るのは難しいし、そもそも昆虫少年時代がないから虫の扱いが不得手だし、出会ったフィールドで即席で撮るスタイルにならざるを得ません。

影を考えると、もっと面光源でとったほうがよいのだけど、そうすると全体のコントラストが下がっちゃうんですよね。
料理を撮影するときの手法が、虫だとまったくあてはまらず、うまくいかない。
つくづく、森上信夫さんや尾園 暁さんはすごいなぁと思う今日この頃なのです。

e0065734_22114661.jpg

「コーリングするウスバフユシャクのメス 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

同じく、料理などの撮影でグリッドを使うんですけど、虫を撮りはじめた頃はどうにもこうにも「虫とグリッドの親和性」がなくて、それで私はできるだけストロボを使わない方向に傾いてゆきました。

でも、それだととにかく時間がかかる。1カットに30分かかるときもあります。
一人のときならよいのだけど、チームで動いてるときは私の遅さがみんなの足を引っ張ってしまいます。

そんなときに、森上さんとフィールドをご一緒させていただいて、ふたたびグリッドをためしてみることに。

e0065734_22244126.jpg

「羽化不全のウスバフユシャクのオス 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

昆虫写真でよく使われる、ツインライトがありますよね。
ほかにリングライトがあるのですが、リングライトはどちらかというと「無影」を狙ってるのに対し、ツインライトは「立体感」に立ち位置を置いてるんだろうと思うんです。私はどちらも持ってないので推測ですけれど。

ツインライトの片方だけを、レンズからぐぐっと放して被写体のサイドから光をあててゆくと、料理やポートレートのライティングで多用されるライティングに近くなります。
これが、なぜか虫に「ハマらない」気がします。なんででしょうね。

Wake up♯363 ウスバフユシャク 2012はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2015-01-25 23:40 | そのほかの水系
2015年 01月 20日

Wake up♯537 冬尺蛾捜索隊 シモフリトゲエダシャク 2014-2015 Winter

e0065734_19344133.jpg

「シモフリトゲエダシャクのオス 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

街灯や自販機、トイレの灯りをそのまま使って、外灯による外灯だけの蛾居灯な写真を撮ってきた私にとって、東日本大震災後は致命的なほどの影響を被っておりますです。

とにかく節電で消す、省エネでどんどんLED化してゆく。

資源には限りがあるし、蛾やその他の「走光性」のある生き物にとっては「光害」が減ってよいことではあるのだけれど、私個人はテーマのひとつが撮影しづらくなって、かなり苦しい状況に追い込まれてきてるのは確かであります(´・ω・`)

もちろん、こういう写真とか

e0065734_20114650.jpg


こーゆーのとかも撮ってはいるのですが、

e0065734_2020810.jpg


なんか、自分の写真だぞという思い入れを、いまひとつ込めることができないんであります(´・ω・`)

白バック写真は、いつもお世話になってる森上信夫さんや尾園 暁さんはじめ、多くの昆虫写真家の方々が画面からは伝わらない苦労や努力の末にこだわりをもって作品を仕上げていて、それを知った上で全身全霊で打ち込めるかというと、正直、わたしには壁が大きいであります。

たぶん最大の理由は、私が昆虫少年じゃなかったこと。

虫が好き→写真

ではなくて、先に写真技術があって、それで虫をどう表現するかという順番だったことが大きいのだろうなと思ってます。
それが良いか悪いかではなく、尊敬する森上信夫さんや尾園 暁さんとは別の視点で虫を撮ること、そこに私の価値観があるべきだろうと思うのです。


Wake up♯499 シモフリトゲエダシャク 2013はこちら
aside ♯24 並びモノはこちら
Wake up♯160 シモフリトゲエダシャク 2011はこちら
Wake up♯35 シモフリトゲエダシャク2010はこちら
Test ♯968 シモフリトゲエダシャク 2009はこちら
Test ♯773「シモフリトゲエダシャク 2007-2008 Winter」はこちら
Test♯364「シモフリトゲエダシャク、ふたたび」はこちら
Test♯359「シモフリトゲエダシャク」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2015-01-20 23:33 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2015年 01月 15日

Wake up♯536 冬尺蛾捜索隊 シュゼンジフユシャク 2014-2015 Winter

e0065734_193461.jpg

「シュゼンジフユシャクのオス 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

チーカナとしてはじめてシュゼンジチャレンジしたのが2007年であります。
今年でシーズン8ですか。
いやぁ、

ぜんぜんハッピーエンドが見えないんですけど。

ハッピーエンドどころか、年々難しくなってゆき、とうとう今年は「ポイント1カ所壊滅か!?」という事態になりました。

e0065734_1958645.jpg

「シュゼンジフユシャクのオス 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

今回は一寸野虫さん、蛾LOVEさん、川北さんに加え、関西から大物ゲストが参戦。日本全国神出鬼没のdodoboyさんであります。
シュゼンジ捜索の定番として、いつものように標高の低いポイントから巡ります。

... ... ... 。

ソメイヨシノ、大伐採、壊滅。

ウソでしょ?!というくらい、ソメイヨシノだけが根元から見事に伐採されているではありませぬか。
来年以降も引き続き観察してゆかないとなんとも言えませんが、ココは終わった感強し、であります(>_<;)

標高をあげて次のポイントへ。
こちらは毎回、風に悩まされるのですが、今年もきちんとしっかりかっきりちゃっきり、吹きすさぶ風。
それでもなんとか複数のオスを確認。したものの、ソメイヨシノ大伐採もあり、なんだか来年へのモチベーションがあがらない一日でありました。。。


Wake up♯518 冬尺蛾捜索隊 シュゼンジフユシャク 2013-2014 Winterはこちら
Wake up♯163 シュゼンジフユシャク捜索隊 2011はこちら
Test ♯771 シュゼンジフユシャク捜索隊はこちら
モバイルFandF シュゼンジ捜索隊はこちら
シュゼンジ捜索隊はこちら
Test ♯362「シュゼンジフユシャク」はこちら
Test ♯366「シュゼンジフユシャク」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2015-01-15 23:32 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2014年 12月 27日

Wake up♯534 冬尺蛾捜索隊 ヒメクロオビフユナミシャク 2014-2015 Winter

e0065734_2153468.jpg

「ヒメクロオビフユナミシャクのオス 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

今シーズンの冬は進行が早い!
ということで、一寸野虫さん、ATSさんと3人で、いつもよりちょっと早めのタイミングでヒメクロオビフユナミシャクの様子を見に行ってきました。

結論としては、ビンゴ。残念ながら交尾ペアは見つかりませんでしたが、たくさんのオスと、そしてメスも観察することができました。

e0065734_21115925.jpg

「ヒメクロオビフユナミシャクのオス 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

羽化してきました的なオスがけっこういましたので、交尾はもうちょっと日数置いてからのほうが確率上がったでしょうけど、貴重な休日をやりくりしての定点観察ですから贅沢いってられません。
いろいろなシチュエーションでの撮影は、個体数が多いときがチャンスであります。

e0065734_21252271.jpg

「ヒメクロオビフユナミシャクのオス 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

が。

うかつでした。いい気になってガシガシとっていたら、カメラのバッテリー切れ。
そしてそんなときにかぎって、「あっ、メスいましたよ!!」

e0065734_21274630.jpg

「ヒメクロオビフユナミシャクのメス 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

仕方なく、自宅に連れ帰って、白バックで撮影。
やけにせわしくケースのなかを歩き回るなぁと思ってたら、卵が漏れはじめました。
あらら、交尾済みで、産みたかったのね。

撮影後、このメスは川北さんのもとへと旅だってゆきました。

川北さんからメール。

「無事に元気な状態で届きました!え?幼虫飼育!?近所にイヌブナなんてないっすw」


Test ♯740「ヒメクロオビフユナミシャク」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2014-12-27 23:04 | 近隣の水系
2014年 12月 21日

Wake up♯532 冬尺蛾捜索隊 ナカジマフユエダシャク 2014-2015 Winter(その2)

e0065734_4537100.jpg

「ナカジマフユエダシャクのペア 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

「ナカジマはオスが7〜8頭、ほかにはクシヒゲ多数、チャバネのオスが数頭、ナカオビアキナミシャクが1頭。全体的に虫影は少ないですが、20時15分に地上2mくらいのところで交尾中のナカジマペアを発見しました!」

前の日の一寸野虫さんからの報告メールに、よだれを8リットルくらい垂らしながらエルグランドを走らせます。

一寸野虫さんとATSさんが出撃した、前日の「晴れ、気温1℃、無風」と、条件はほぼ同じ。
違うのは昨日か今日かということくらい。

条件が同じなら、見かける蛾の数は昨夜と似た感じのはず。

と、思うでしょ。

ところがぎっちょんちょん、ナカジマのオスもチャオビもクシヒゲも、「80% OFF!」(前日比)というありさま。Σ⊆・д・⊇!!!ガビーン


e0065734_20331889.jpg

「ナカジマフユエダシャクの交尾 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

とりあえずナカジマのオスを撮影して、いざペアさがしであります。
テンションがアガりません。。。

アガりません。。。

アガ。。。

いた!!!!!!!

およそ地上 1.5m。
頭上はるか上空でペアを見つけてきたいままでからすると、ウソでしょ!?という好条件であります。大興奮で、まずはアップを撮りまくり。

ああ、

脚立にのらずに撮るのって、すごい楽(*´ェ`*)

そうだ、こんな低い位置なんだから引き絵でも撮らなきゃ。
車に三脚取りに行き、戻ったら、

交尾解除してる!!!。・゚・(ノε`)・゚・。

そうだよ、2011年にはじめて交尾ペア見つけたときも、ライトで照らした瞬間に交尾解除しちゃったじゃん。油断してた。
まぁでもせっかくだから、三脚たてて撮影。

ところで、この日ナカジマのあとに別の目的でポイントを数カ所巡ったのですが、そこでふと、ある疑問が。
これは来年もうちょっと調べて、また別の機会にまとめますね。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2014-12-21 23:03 | そのほかの水系
2014年 12月 14日

Wake up♯531 冬尺蛾捜索隊 ナカジマフユエダシャク 2014-2015 Winter(その1)

e0065734_0501381.jpg

「ナカジマフユエダシャクのオス 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

2007年からさがしはじめて、7回目の冬がやってまいりました。

ナカジマチャレンジ Season7

であります。

あ、そういえば2012年の分はブログに書いてなかったような。すみません(;^_^A アセアセ・・・
もうね、子どもたちの学費かせぐために、たぶん人生でいまいちばん馬車馬な時期でございますです。
「馬車馬 Season7」にならないことを祈るばかりでありますσ(^_^;)

さて、一寸野虫さんと1ヶ月通いつめたのにオス1頭しか出会えなかった2007年からはじまって、2011年、2013年はとりあえず交尾ペアを1ペア見つけるところまできました。

ペアを見つけたと言っても、頭上はるか数メートル。
用意した3段脚立の天板に乗り、ぐらぐらと不安定ななか背伸びして必死に腕を伸ばして、やっと100円ショップの網でメスを確保できる感じ。まともに撮影できる条件ではありませんでした。

e0065734_0552018.jpg

「ナカジマフユエダシャクのオス 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

年々通ううちに、ナカジマがいるポイントを複数確認することができました。でも交尾ペアを発見できそうな場所となると限られてしまいます。
ましてや馬車馬が加速して、シーズンに何度も通うことが難しくなってきましたから、2012年と2013年にペアを見つけた、いちばん可能性の高い場所に「賭け」ざるを得なくなってきます。

加えて、私はカレンダー通りの休みではないので、昨年同様、今年も一寸野虫さんと休みが合わず。
一寸野虫さんとATSさんがナカジマチャレンジに行く翌日に、私が単独で同じポイントに行くスケジュールでした。

e0065734_0553450.jpg

「ナカジマフユエダシャクのオス 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

そして、私が行く前日に一寸野虫さんから連絡が。

「ATSさんと二人でさがして、20:15 に交尾ペアを見つけました!高さは2mくらい。晴れ、気温1℃、無風」

(つづく)

Wake up♯331 ナカジマフユエダシャク捜索隊 2011はこちら
Wake up♯141 ちびっこナカジマフユエダシャク捜索隊 2010はこちら
Test ♯743 ナカジマフユエダシャク捜索隊はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2014-12-14 00:48 | そのほかの水系
2014年 12月 07日

Wake up♯530 カバエダシャク 2014-2015 Winter

e0065734_23334177.jpg

「カバエダシャク 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

本日は12月30日。ほぼ1ヶ月遅れで進行しております。
いやぁ、やばいっす。年賀状も新年を迎える準備もなーんもできてません。

誰だよ、年末進行なんて考えたの!!ヾ(。`Д´。)ノ

クライアントが年末年始を休んでもプロジェクトが遅延なく進行するように、膨大な作業をベンダーの我々に丸投げするもんだから、もう死にそうであります。
1月4日〆切りが数件あるから、正月三が日は黙々と仕事ですね。

さて、冬は冬尺蛾たちだけの季節ではありません。
見た目のインパクトがあるから、冬尺蛾に注目が集まりますけど、ニトベエダシャクなど、冬尺蛾以外にも「真冬」に成虫が出てくる蛾がたくさんいます。

ミヤマとオオチャバネをさがして夜の山を徘徊した夜、外灯で見つけたのはカバエダシャク。
ただいま昆虫写真では白バック写真が全盛ですけど、じつは夜の外灯下でのシチュエーション写真のほうが撮影しづらくなっています。
3.11以降、節電で夜間の灯りが消え、どんどんLED化しているので、蛾が灯りに集まるという図式が成り立たなくなりつつあります。

このときも、外灯下で見つけられたのはこのカバエダシャク含め2頭のみ。
昆虫写真ではなく、虫チュエーション写真の私にとっては、かなり厳しい時代になりますた。・゚・(ノε`)・゚・。


Wake up♯343 カバちゃん 2011はこちら
Test ♯725 カバエダシャクはこちら
Test ♯338 「観光地価格」はこちら
Test ♯340 「カバエダシャク、ふたたび」はこちら
モバイル Faunas & Floras 「カバエダシャク」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2014-12-07 23:31 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2014年 11月 30日

Wake up♯529 冬尺蛾捜索隊 ウスオビフユエダシャク 2014-2015 Winter

e0065734_20134050.jpg

「ウスオビフユエダシャクの交尾 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

ミヤマとオオチャバネを狙うはずだったんです。
で、例年おおむねこのくらいだからということで、なかなかとれない休みを必死の思いで勝ち取りましてですね、今シーズンこそはと休日を楽しみにしていた矢先に、フィールドに出ていた川北さんから驚愕の報告が。

もうフユシャク、8種出てますw

は?!ちょ、ちょ!!私の休日はまだ1週間以上も先∑(`□´/)/

「ミヤマ、オオチャバネ、チャバネ、クロオビ、ウスオビ、クロスジ、イチモジ、シロオビがいましたー」

e0065734_20484514.jpg

「ウスオビフユエダシャクの交尾 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

あきらめの悪い私。
ええ、行きましたとも休日に。ミヤマとオオチャバネを求めて。

ミヤマもオオチャもぜんぜん、いねぇ・゚・(ノД`;)・゚・

場所をかえながら、深夜2時になっても漆黒のカラマツ林をさまよいます。
どこに行っても、ウスオビだらけ。

なに、今年ってウスオビの当たり年なの?!というくらい、ウスオビ。
あっちもこっちも、ウスオビ。

ウスオビインフレ。

円安とウスオビ安って、もしかして連動してるの??

おそるべし、アベノミクス! ←ちがう


Wake up♯517 冬尺蛾捜索隊 ウスオビフユエダシャク 2013-2014 Winterはこちら
Wake up♯337 ウスオビフユエダシャク 2011はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2014-11-30 23:12 | そのほかの水系
2014年 11月 23日

Wake up♯528 冬尺蛾捜索隊 ナミスジフユナミシャク 2014-2015 Winter

e0065734_19382382.jpg

「ナミスジフユナミシャクの交尾 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

☆*Merry*☆=- ★=- ヽ(^∇^*)ノ -=★ -=☆*X'mas*☆

... ... ... 。

... ... ... 。

... ... ... 。

おっさんには、サンタは来てくれません。

そのかわり、今年もフユシャクの季節がやってまいりました。

が。

この冬は進行が早い!!
天気予報では毎日のように「真冬なみの寒さ」を連呼していて、ミヤマ、オオチャバネ、フタスジがあっというまにシーズンを終えてしまいました。

いやー、まいったな(-"-;

とにかくフユシャクに関しては、1週間くらい前倒ししてスケジュール組まないと、もののみごとにタイミングを逸してしまうことになってしまう今シーズンであります。。。

Wake up♯515 冬尺蛾捜索隊 ナミスジフユナミシャク 2013-2014 Winterはこちら

Wake up♯498 ナミスジフユナミシャク 2013はこちら
Wake up♯158 昔の名前で出ています 2011はこちら
Wake up♯26 コナミフユナミシャクの♀ 2010(その2)はこちら
Wake up♯25 コナミフユナミシャクの♀ 2010(その1)はこちら
Test ♯962 コナミフユナミシャク 2009はこちら
Test ♯778 コナミフユナミシャクはこちら
Test ♯763 コナミフユナミシャクはこちら
Test ♯334「オオナミフユナミシャク」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2014-11-23 23:36 | そのほかの水系