タグ:蛾 ( 661 ) タグの人気記事


2015年 01月 15日

Wake up♯536 冬尺蛾捜索隊 シュゼンジフユシャク 2014-2015 Winter

e0065734_193461.jpg

「シュゼンジフユシャクのオス 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

チーカナとしてはじめてシュゼンジチャレンジしたのが2007年であります。
今年でシーズン8ですか。
いやぁ、

ぜんぜんハッピーエンドが見えないんですけど。

ハッピーエンドどころか、年々難しくなってゆき、とうとう今年は「ポイント1カ所壊滅か!?」という事態になりました。

e0065734_1958645.jpg

「シュゼンジフユシャクのオス 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

今回は一寸野虫さん、蛾LOVEさん、川北さんに加え、関西から大物ゲストが参戦。日本全国神出鬼没のdodoboyさんであります。
シュゼンジ捜索の定番として、いつものように標高の低いポイントから巡ります。

... ... ... 。

ソメイヨシノ、大伐採、壊滅。

ウソでしょ?!というくらい、ソメイヨシノだけが根元から見事に伐採されているではありませぬか。
来年以降も引き続き観察してゆかないとなんとも言えませんが、ココは終わった感強し、であります(>_<;)

標高をあげて次のポイントへ。
こちらは毎回、風に悩まされるのですが、今年もきちんとしっかりかっきりちゃっきり、吹きすさぶ風。
それでもなんとか複数のオスを確認。したものの、ソメイヨシノ大伐採もあり、なんだか来年へのモチベーションがあがらない一日でありました。。。


Wake up♯518 冬尺蛾捜索隊 シュゼンジフユシャク 2013-2014 Winterはこちら
Wake up♯163 シュゼンジフユシャク捜索隊 2011はこちら
Test ♯771 シュゼンジフユシャク捜索隊はこちら
モバイルFandF シュゼンジ捜索隊はこちら
シュゼンジ捜索隊はこちら
Test ♯362「シュゼンジフユシャク」はこちら
Test ♯366「シュゼンジフユシャク」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2015-01-15 23:32 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2014年 12月 27日

Wake up♯534 冬尺蛾捜索隊 ヒメクロオビフユナミシャク 2014-2015 Winter

e0065734_2153468.jpg

「ヒメクロオビフユナミシャクのオス 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

今シーズンの冬は進行が早い!
ということで、一寸野虫さん、ATSさんと3人で、いつもよりちょっと早めのタイミングでヒメクロオビフユナミシャクの様子を見に行ってきました。

結論としては、ビンゴ。残念ながら交尾ペアは見つかりませんでしたが、たくさんのオスと、そしてメスも観察することができました。

e0065734_21115925.jpg

「ヒメクロオビフユナミシャクのオス 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

羽化してきました的なオスがけっこういましたので、交尾はもうちょっと日数置いてからのほうが確率上がったでしょうけど、貴重な休日をやりくりしての定点観察ですから贅沢いってられません。
いろいろなシチュエーションでの撮影は、個体数が多いときがチャンスであります。

e0065734_21252271.jpg

「ヒメクロオビフユナミシャクのオス 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

が。

うかつでした。いい気になってガシガシとっていたら、カメラのバッテリー切れ。
そしてそんなときにかぎって、「あっ、メスいましたよ!!」

e0065734_21274630.jpg

「ヒメクロオビフユナミシャクのメス 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

仕方なく、自宅に連れ帰って、白バックで撮影。
やけにせわしくケースのなかを歩き回るなぁと思ってたら、卵が漏れはじめました。
あらら、交尾済みで、産みたかったのね。

撮影後、このメスは川北さんのもとへと旅だってゆきました。

川北さんからメール。

「無事に元気な状態で届きました!え?幼虫飼育!?近所にイヌブナなんてないっすw」


Test ♯740「ヒメクロオビフユナミシャク」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2014-12-27 23:04 | 近隣の水系
2014年 12月 21日

Wake up♯532 冬尺蛾捜索隊 ナカジマフユエダシャク 2014-2015 Winter(その2)

e0065734_4537100.jpg

「ナカジマフユエダシャクのペア 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

「ナカジマはオスが7〜8頭、ほかにはクシヒゲ多数、チャバネのオスが数頭、ナカオビアキナミシャクが1頭。全体的に虫影は少ないですが、20時15分に地上2mくらいのところで交尾中のナカジマペアを発見しました!」

前の日の一寸野虫さんからの報告メールに、よだれを8リットルくらい垂らしながらエルグランドを走らせます。

一寸野虫さんとATSさんが出撃した、前日の「晴れ、気温1℃、無風」と、条件はほぼ同じ。
違うのは昨日か今日かということくらい。

条件が同じなら、見かける蛾の数は昨夜と似た感じのはず。

と、思うでしょ。

ところがぎっちょんちょん、ナカジマのオスもチャオビもクシヒゲも、「80% OFF!」(前日比)というありさま。Σ⊆・д・⊇!!!ガビーン


e0065734_20331889.jpg

「ナカジマフユエダシャクの交尾 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

とりあえずナカジマのオスを撮影して、いざペアさがしであります。
テンションがアガりません。。。

アガりません。。。

アガ。。。

いた!!!!!!!

およそ地上 1.5m。
頭上はるか上空でペアを見つけてきたいままでからすると、ウソでしょ!?という好条件であります。大興奮で、まずはアップを撮りまくり。

ああ、

脚立にのらずに撮るのって、すごい楽(*´ェ`*)

そうだ、こんな低い位置なんだから引き絵でも撮らなきゃ。
車に三脚取りに行き、戻ったら、

交尾解除してる!!!。・゚・(ノε`)・゚・。

そうだよ、2011年にはじめて交尾ペア見つけたときも、ライトで照らした瞬間に交尾解除しちゃったじゃん。油断してた。
まぁでもせっかくだから、三脚たてて撮影。

ところで、この日ナカジマのあとに別の目的でポイントを数カ所巡ったのですが、そこでふと、ある疑問が。
これは来年もうちょっと調べて、また別の機会にまとめますね。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2014-12-21 23:03 | そのほかの水系
2014年 12月 14日

Wake up♯531 冬尺蛾捜索隊 ナカジマフユエダシャク 2014-2015 Winter(その1)

e0065734_0501381.jpg

「ナカジマフユエダシャクのオス 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

2007年からさがしはじめて、7回目の冬がやってまいりました。

ナカジマチャレンジ Season7

であります。

あ、そういえば2012年の分はブログに書いてなかったような。すみません(;^_^A アセアセ・・・
もうね、子どもたちの学費かせぐために、たぶん人生でいまいちばん馬車馬な時期でございますです。
「馬車馬 Season7」にならないことを祈るばかりでありますσ(^_^;)

さて、一寸野虫さんと1ヶ月通いつめたのにオス1頭しか出会えなかった2007年からはじまって、2011年、2013年はとりあえず交尾ペアを1ペア見つけるところまできました。

ペアを見つけたと言っても、頭上はるか数メートル。
用意した3段脚立の天板に乗り、ぐらぐらと不安定ななか背伸びして必死に腕を伸ばして、やっと100円ショップの網でメスを確保できる感じ。まともに撮影できる条件ではありませんでした。

e0065734_0552018.jpg

「ナカジマフユエダシャクのオス 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

年々通ううちに、ナカジマがいるポイントを複数確認することができました。でも交尾ペアを発見できそうな場所となると限られてしまいます。
ましてや馬車馬が加速して、シーズンに何度も通うことが難しくなってきましたから、2012年と2013年にペアを見つけた、いちばん可能性の高い場所に「賭け」ざるを得なくなってきます。

加えて、私はカレンダー通りの休みではないので、昨年同様、今年も一寸野虫さんと休みが合わず。
一寸野虫さんとATSさんがナカジマチャレンジに行く翌日に、私が単独で同じポイントに行くスケジュールでした。

e0065734_0553450.jpg

「ナカジマフユエダシャクのオス 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

そして、私が行く前日に一寸野虫さんから連絡が。

「ATSさんと二人でさがして、20:15 に交尾ペアを見つけました!高さは2mくらい。晴れ、気温1℃、無風」

(つづく)

Wake up♯331 ナカジマフユエダシャク捜索隊 2011はこちら
Wake up♯141 ちびっこナカジマフユエダシャク捜索隊 2010はこちら
Test ♯743 ナカジマフユエダシャク捜索隊はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2014-12-14 00:48 | そのほかの水系
2014年 12月 07日

Wake up♯530 カバエダシャク 2014-2015 Winter

e0065734_23334177.jpg

「カバエダシャク 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

本日は12月30日。ほぼ1ヶ月遅れで進行しております。
いやぁ、やばいっす。年賀状も新年を迎える準備もなーんもできてません。

誰だよ、年末進行なんて考えたの!!ヾ(。`Д´。)ノ

クライアントが年末年始を休んでもプロジェクトが遅延なく進行するように、膨大な作業をベンダーの我々に丸投げするもんだから、もう死にそうであります。
1月4日〆切りが数件あるから、正月三が日は黙々と仕事ですね。

さて、冬は冬尺蛾たちだけの季節ではありません。
見た目のインパクトがあるから、冬尺蛾に注目が集まりますけど、ニトベエダシャクなど、冬尺蛾以外にも「真冬」に成虫が出てくる蛾がたくさんいます。

ミヤマとオオチャバネをさがして夜の山を徘徊した夜、外灯で見つけたのはカバエダシャク。
ただいま昆虫写真では白バック写真が全盛ですけど、じつは夜の外灯下でのシチュエーション写真のほうが撮影しづらくなっています。
3.11以降、節電で夜間の灯りが消え、どんどんLED化しているので、蛾が灯りに集まるという図式が成り立たなくなりつつあります。

このときも、外灯下で見つけられたのはこのカバエダシャク含め2頭のみ。
昆虫写真ではなく、虫チュエーション写真の私にとっては、かなり厳しい時代になりますた。・゚・(ノε`)・゚・。


Wake up♯343 カバちゃん 2011はこちら
Test ♯725 カバエダシャクはこちら
Test ♯338 「観光地価格」はこちら
Test ♯340 「カバエダシャク、ふたたび」はこちら
モバイル Faunas & Floras 「カバエダシャク」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2014-12-07 23:31 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2014年 11月 30日

Wake up♯529 冬尺蛾捜索隊 ウスオビフユエダシャク 2014-2015 Winter

e0065734_20134050.jpg

「ウスオビフユエダシャクの交尾 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

ミヤマとオオチャバネを狙うはずだったんです。
で、例年おおむねこのくらいだからということで、なかなかとれない休みを必死の思いで勝ち取りましてですね、今シーズンこそはと休日を楽しみにしていた矢先に、フィールドに出ていた川北さんから驚愕の報告が。

もうフユシャク、8種出てますw

は?!ちょ、ちょ!!私の休日はまだ1週間以上も先∑(`□´/)/

「ミヤマ、オオチャバネ、チャバネ、クロオビ、ウスオビ、クロスジ、イチモジ、シロオビがいましたー」

e0065734_20484514.jpg

「ウスオビフユエダシャクの交尾 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

あきらめの悪い私。
ええ、行きましたとも休日に。ミヤマとオオチャバネを求めて。

ミヤマもオオチャもぜんぜん、いねぇ・゚・(ノД`;)・゚・

場所をかえながら、深夜2時になっても漆黒のカラマツ林をさまよいます。
どこに行っても、ウスオビだらけ。

なに、今年ってウスオビの当たり年なの?!というくらい、ウスオビ。
あっちもこっちも、ウスオビ。

ウスオビインフレ。

円安とウスオビ安って、もしかして連動してるの??

おそるべし、アベノミクス! ←ちがう


Wake up♯517 冬尺蛾捜索隊 ウスオビフユエダシャク 2013-2014 Winterはこちら
Wake up♯337 ウスオビフユエダシャク 2011はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2014-11-30 23:12 | そのほかの水系
2014年 11月 23日

Wake up♯528 冬尺蛾捜索隊 ナミスジフユナミシャク 2014-2015 Winter

e0065734_19382382.jpg

「ナミスジフユナミシャクの交尾 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

☆*Merry*☆=- ★=- ヽ(^∇^*)ノ -=★ -=☆*X'mas*☆

... ... ... 。

... ... ... 。

... ... ... 。

おっさんには、サンタは来てくれません。

そのかわり、今年もフユシャクの季節がやってまいりました。

が。

この冬は進行が早い!!
天気予報では毎日のように「真冬なみの寒さ」を連呼していて、ミヤマ、オオチャバネ、フタスジがあっというまにシーズンを終えてしまいました。

いやー、まいったな(-"-;

とにかくフユシャクに関しては、1週間くらい前倒ししてスケジュール組まないと、もののみごとにタイミングを逸してしまうことになってしまう今シーズンであります。。。

Wake up♯515 冬尺蛾捜索隊 ナミスジフユナミシャク 2013-2014 Winterはこちら

Wake up♯498 ナミスジフユナミシャク 2013はこちら
Wake up♯158 昔の名前で出ています 2011はこちら
Wake up♯26 コナミフユナミシャクの♀ 2010(その2)はこちら
Wake up♯25 コナミフユナミシャクの♀ 2010(その1)はこちら
Test ♯962 コナミフユナミシャク 2009はこちら
Test ♯778 コナミフユナミシャクはこちら
Test ♯763 コナミフユナミシャクはこちら
Test ♯334「オオナミフユナミシャク」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2014-11-23 23:36 | そのほかの水系
2014年 10月 20日

Wake up♯527 白いモノをさがせ ウスバツバメガ 2014

e0065734_20134284.jpg

「ウスバツバメガ 2014 September」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/Photoshop CS2

白いええもんを探すチーカナ一行。
思えばむかし、ええもの見たさに名古屋まで行って、空振りで帰ってきたこともありました。
マダラガの仲間を研究している方々に情報を聞きまくったこともありました。
むむむ、これは確実に狙えそうな兵庫まで行くしかないか。。。

あー、関東周辺にもいればいいのに(`ε´)

と思っていたら、いたのであります。

サクラ喰いなので、おそらく関西方面から運ばれ植樹された桜の苗に、幼虫なり卵なりがくっついてたんでしょうね。

e0065734_2039997.jpg

「手のりウスバツバメガ 2014 September」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

じっと、見上げる。小径の両側に植えられた桜がはるか頭上で交錯しています。
さきほど、この空間を1頭だけ舞ったらしいのであります。
どんな感じなんでしょうねぇ。
たとえばルリタテハは黒い弾丸と化してぶっ飛んでゆきますし、フチグロトゲなら木っ端が「あーーーれーーーーー」と叫びながら強風に吹き飛ばされるかのように飛んでゆきます。
はてさて、狙う「白いええもん」の飛び方はいかに。

ピロピロピロピロ ...

なにかが枝のあいだを浮遊移動してゆきます。
白いというより、空に透けて「でかいヒレが4つあるクリオネ」的ななにかが空中をふらふらしています。

ピロピロピロピロピロピロピロピロ ...

もしかしてあれが「白いええもん」の正体であるウスバツバメガ?
なんというか、推測してたよりかなり遅い飛び方であります。だから、フチグロやらセセリモドキのようなぶっ飛びをイメージして臨むと、拍子抜けして、飛んでるというより翅をぱたぱたしながら浮遊してるように見えてしまいます。

もう1頭いました。

ピロピロピロピロ ...
 ピロピロピロピロピロピロピロピー ...

すげえ。オレは不味いぞという絶対的な自信を誇る飛び方だ。
網を振る蛾LOVEさん。

... 。

空振るなよ ヾ(・・;)ォィォィ

なんとか1頭捕獲。でも静かにしてくれません。暴れて、触角が折れちゃいました。
かくして、なんとかかんとかファーストコンタクトに成功しました。
写真的には不満だけど、まぁ、来年の再チャレンジの楽しみができたということで。

一寸野虫さん、蛾LOVEさん、お疲れさまでした〜☆
VIEWさん、川北さん、ありがとうございました〜(^▽^)/
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2014-10-20 19:13 | そのほかの水系
2014年 09月 18日

Wake up♯525 白いモノをさがせ ヒトツメカギバ 2014

e0065734_0451320.jpg

「ヒトツメカギバ 2014 September」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/Photoshop CS2

さてさて、ちょー久しぶりに、チーカナの出撃であります。
蛾LOVEさんと私が、クリエイティブ系で、なをかつ馬車馬なベンダーの仕事をしているので、なかなかチームとして遠征できなくなっている今日この頃。
そんななか、孤軍奮闘でこつこつとフィールド観察を続けてくださってるVEIWさんと一寸野虫さん。
さらに縦横無尽三次元でフィールド活動している、チータマの川北さん親子。
今回はこれらメンバーが別々に突撃しながら、とある「白いモノ」を追い求めるモス・アドベンチャーのお話であります(笑)

まずはVIEWさんが単独でチャレンジ。
前日に現地に到着して、日本酒持ち込んで車泊して、翌日早朝アタックを試みて寝坊するというところから始まります。
とはいえ、チーカナのなかでは抜群の若さと調査眼力を誇るVIEWさん。みごとに「白いモノ」を発見し、交尾画像までゲット。さすがであります。

e0065734_062831.jpg

「ヒトツメカギバの交尾 2014 September」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/Photoshop CS2

続いて、川北さんがチャレンジ。過密なスケジュールを組んでの挑戦でしたので、白いモノに関しては失敗。どうやら、うわさ通り時間帯がかなり重要なファクターらしいのであります。
そして今回、一寸野虫さん、蛾LOVEさん、私の3名で行ってまいりました。

すでにVIEWさん、川北さんからの情報を得てますので、あとは「白いモノ」のシーズンさえ終わってなければイケるはずであります。ずるい3名であります(^▽^;)

狙う相手は白いですから、現地に到着したのちは、どうしても白いものに視覚が反応してしまいます。
まず目に入ったのが、ヒトツメカギバ。
おぅを、交尾じゃないですか!!
ヒトツメカギバのペアを観察するのは初めてです。あれこれ撮影していて、はっと気づく。

ちゃうねん、探してる白いモノはこれぢゃあらへん

はたして白いモノは見つかるのか??!!

つづく!!
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2014-09-18 23:05 | そのほかの水系
2014年 08月 15日

Wake up♯522 ヒロオビオオエダシャク 2014

e0065734_23394555.jpg

「ヒロオビオオエダシャク 2014 Summer」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

これもナショナル モス ウィークで撮影したカット。
夏の山にあらわれる、ちょっと大型の蛾。

「みんなで〜」には、食草はクスノキ科のダンコウバイやオオバクロモジとありますが、名前聞いてもぜんぜんイメージできないどころか、

漢方薬とまちがえそうだσ(^_^;)

アップめで撮ったりななめから撮ったりあれこれやるのでヒロオビオオエダシャクには小一時間おつきあいいただくわけですが、おとなしくて良いモデルになってくれました。

撮影中はヒグラシの合唱に包まれてたかと思うと、早朝明るくなるにつれ合唱は終わりこんどは夏鳥たちのコンサートタイムに。
仕事に忙殺されるなか、ほんの数時間のフィールドだったけど、やっぱり五感で癒されるのはよいものですね☆
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2014-08-15 23:39 | 自動販売機/電話BOX/外灯