Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ

タグ:猫 ( 5 ) タグの人気記事


2012年 02月 10日

Wake up♯355 アカウスバフユシャク 2012(その2)

e0065734_22383949.jpg

「アカウスバフユシャク 2011-2012 Winter」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

恒例のトイレであります。
公衆便所というか、私にとっては公衆浴場ならぬ「公衆欲情」となっております(^▽^;)

今回、島に到着してアカウスバ第1号を見つけたのはトイレでした。
トイレは一種の「迷宮構造の罠」になるので、前の晩に飛来した個体が、夜が明けても飛び去ることができず、そのままトイレの中に留まってたりするのであります。

まずは、スカを回避できて一安心のチーカナ3名。
夜が待ち遠しいであります。

e0065734_22554760.jpg

「岡田地区のネコ 2011-2012 Winter」KONICAMINOLTA DiMAGE X1/Photoshop CS2

アカウスバは離島種なので、渡航方法や宿の手配、レンタカーの予約をしないとなりません。
伊豆大島の場合は中心街は元町ですし、船は基本、元町港に着くとばかり思ってましたので、すべて元町を基本に準備していました。

ところが、船は岡田港へ。28時間の滞在に対し、費用を抑えるためにレンタカーは24時間としているので、元町までバスで移動しなくてはなりません。
元町港に到着すると、中心街とは思えぬ閑古鳥状態。
まぁ、時期がシーズンオフですから。真冬の軽井沢だって似たようなものですけど。

元町の港が閑古鳥なのを象徴していたのが、

「いい香りがしますね。サザエかな。一寸野虫さん、食べましょうよ」
「いいですね、あのお店で焼いてくれそうですよ。蛾LOVEさん、行きましょう」

貝はシジミとアサリしか食べない真神ゆはパス。

ところが店の女性いわく。
「あらー、すみませんね、船がこっちに着かないから、サザエの入荷がないんですよ。トコブシでよければ、いかが?」

高速船が就航して以来、元町港の使用頻度が極端に減少したのだとか。
港の構造上なのか、岡田港のほうが高速船にとって都合がよいらしいのですね。

東海汽船としては、同じ日に高速船は岡田港へ、通常の客船は元町港に、と分けると、両方にスタッフを配置しなくてはならない。
それではコストがかかるから、その日の気象条件で高速船は岡田港と決めたら、ほかの船もみんな岡田港へ着港になる。

そして冬場はほとんど岡田港になるのが、伊豆大島の現状なのであります。
ちなみに岡田港にはサザエがあって、帰航まぎわに一寸野虫さんと蛾LOVEさんが舌鼓を打っておりました。(つづく)
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-02-10 23:37 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2007年 12月 24日

We wish you a Merry Xmas☆2007

e0065734_16523275.jpg

「クロウが多くて ... 」1990.4.20
Nikon F3/AiAF300mmF2.8sN/PRESTO400/自家現像(D76)/DiMAGE Scan Elite II/Photoshop CS2

黒ネコであります(笑)。
学生時代のバイト明けに、早朝の上野公園で撮影した1カットです。
このときは「赤いカラス」を追っていたのですが、羽がぼろぼろになるほどに仲間うちからも攻撃をうけ、非常に神経質になっていて残念ながら撮影できませんでした。
「赤いカラス」というのはアルビノまではいかないものの、色素が若干欠乏しているらしく日の光で見ると黒くなく赤茶の色をしている個体です。

ネコもカラスも、上野公園にたくさん訪れる人々が残していったゴミを糧にして暮らしています。
上野公園はとにかくカラスが多くて、ネコたちも多勢に無勢ではかなわんと、カラスに関しては「さわらぬ神に祟りなし」でやりすごしている様子でした。カラスもそれがよくわかっているらしく、ネコがいても堂々とすぐそばまで寄ってゆきます。
一見、めったにないシャッターチャンスに思えますけど、上野公園ではこのような光景がよく見られます。そしてこの光景はけして偶然ではなく、もとを辿れば人間がゴミによってつくりだした光景なのであります。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-12-24 17:10 | Season event
2007年 12月 23日

We wish you a Merry Xmas☆2007

e0065734_16311140.jpg

団塊 階段世代」1990.6.29
Nikon F3/Ai 50mmF1.4s/T-Max400/自家現像(T-Max Developer)/DiMAGE Scan Elite II/Photoshop CS2

白ネコであります。
じつはいちばん上にいる子が、平安時代の絵巻物に出てくる女性のようなまゆげで
面白くて撮ったのですが、うまく表現できませんでした。アセアセ...A=´、`=)ゞ

手持ちのレンズのなかで、私が「猫レンズ」と呼んでいる1本があります。
Ai Nikkor 50mmF1.4sであります。
このレンズをカメラにつけて歩いていると、必ずと言っていいほどネコを見つけます。
今回はセレクトした一部だけの掲載ですが、「猫レンズ」で撮った猫カットは数百カットありますです(笑)。

今回あらためて昔のモノクロネガをチェックしていたら、やっぱりモノクロって面白いですね。カラーとちがって鉱物(ハロゲン化銀)で像を形成しているので、カラー色素のように年月で崩壊してゆかないですし、写真の基本である白から黒への無限の階調(トーン)で純粋に表現してゆく原点的楽しみがあります。
デジタルで色情報抜けばモノクロになるじゃん、という考え方もありますけど、色がないことと階調が豊かであることは別次元ですから、デジタルにはない「無限」の概念があるアナログ(フィルム、印画紙)は捨てがたい魅力がありますです♪
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-12-23 17:04 | Season event
2007年 12月 22日

We wish you a Merry Xmas☆2007

e0065734_1818942.jpg

「ひねるとニャー」1989.5.25
Nikon FM2/Ai 50mmF1.4s/SB-E/PRESTO400/自家現像(D76)/DiMAGE Scan Elite II/Photoshop CS2

ネコであります。
来年はネズミ年ですけどネコ年はないので、
今年の「We wish you a Merry Xmas☆」は昔撮影したネコたちに登場してもらいましょう♪ヾ(=゚・゚=)ノニャン♪

十二支は古代中国で考えられ日本に伝わりましたが、東ヨーロッパにも十二支があるんですね。しかもブルガリアでは「虎年」のかわりに「猫年」があるそうで、干支にないとひがむネコはブルガリアに行けば幸せになれます(笑)。

中国の十二支に猫がないのは、細かい内容は諸説ありますけど、神様が十二支を決めるときにネズミからウソの日程でだまされ、以来ネコはネズミを追いかけるようになったという昔話が有名ですね。

幼い頃、祖父の家に泊まりにいくと布団のなかに仔猫たちがいて湯たんぽがわりで暖かった覚えがあります。でも寝返りうつと怒ってひっかくであります(=`ェ´=) ニャッ!
ちなみに祖父の家のネコたちは、名前がぜんぶ「ちーぼー(小坊)」でした(^▽^;)
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-12-22 18:36 | Season event
2007年 04月 10日

Test ♯437

e0065734_0324834.jpg

「スギタニキリガ」Nikon D70/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

「おスギですー☆」
「ピーコですー☆」
e0065734_047335.jpg

「幽体離脱ぅー☆」

Test ♯417「スギタニキリガ」はこちら
モバイルFaunas&Floras「スギタニキリガ」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-04-10 00:49 | 自動販売機/電話BOX/外灯