「ほっ」と。キャンペーン

タグ:海外 ( 16 ) タグの人気記事


2014年 01月 03日

A Happy New Year☆2014

e0065734_0411680.jpg


昨年もたくさんの方にご訪問いただき、ありがとうございました。
ブログをはじめてはや9年、ウチの子どもたちも大きくなるワケで、ブログの更新が「遅々として」進まないのは、子どもたちの学費を稼ぐために「父として」馬車馬のように働いているからであります(笑)(;´▽`A``

今年もぼちぼちと更新してまいりますので、おつきあいのほど、よろしくお願いいたします☆

旧年中にお世話になりました方々に、心より感謝申しあげます。
本年もどうかご指導のほど、何卒よろしくお願いいたします。m(_ _)m


祝你新年快樂。
我的博客,在去年中請很多的人訪問領受了。
再我自己也遇到許多人,關照,謝謝。
今年也請多關照。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2014-01-03 23:40 | Season event
2012年 03月 20日

aside ♯24 並びモノ

e0065734_15411717.jpg

「シモフリトゲエダシャク 2011-2012 Winter」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

自分が撮影した画像を見ていて、ふと気づきました。
私は、なにかが並んでるというか、パターンになってるものが好きらしい(笑)

e0065734_15432972.jpg

「ウスバフユシャク 2011-2012 Winter」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

そう思って見返すと、あちこちにパターン化の写真が出てくる(笑)
並んでいるのは背景ばかりとは限らず。

e0065734_15461075.jpg

「グランドガゼル」 Kenya
Nikon FM2/Ai100-300mmF5.6s/Kodak PictureCD/Photoshop CS2

20年以上前に撮ったカットにすでにその傾向が(^▽^;)

虫にはナミアゲハとかナミテントウがいるけど、わたしのはナミ写真ですなぁσ(^_^;)
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-03-20 23:37 | Irregular serial
2007年 03月 17日

Test ♯415

e0065734_2555248.jpg

「マダラハゲワシ」(だと思う度50%)kenya
Nikon F3/AiAF80-200mmF2.8s/Kodak PictureCD/Photoshop CS2

同じようなテーマが続いてしまうのもなんなので、ちょっとリアルでなまなましいですが、久しぶりに過去に海外で撮影したカットを。
情報が少なくて自信をもって種を特定できなかったのですが、生息域や、明らかに違う種を消去法で追い込んでみたところ、おそらくマダラハゲワシだろうと思います。画面には映っていませんが、すぐ横にはアフリカハゲコウなども集まっていました。

日本では、ごくまれに迷い込んでくる以外はハゲワシに関しては馴染みが薄いですね。動物園でも、それほど人気のある種ではありませんが、世界的に見るとアフリカからヨーロッパ、そして日本からほど近いアジア地域にも棲息している鳥です。
日本で見られる野鳥とくらべ体長も翼長もケタはずれに大きいので、すぐ近くでみているとものすごい迫力があります。

アメリカ大陸にいるコンドルは、ハゲワシとよく似ていますが、進化系統がまったく異なります。
ハゲワシやハゲタカはいわゆる猛禽類から派生していますが、コンドルはコウノトリの仲間から進化をとげています。
よく米国の外資ファンドを「ハゲタカファンド」と揶揄したりしますが、本来の分類でいえば「コンドルファンド」と呼ぶのが正しいことになりますですね(笑)。

ちなみにハクトウワシは英名を直訳すると「ハゲワシ」になりますが、ハゲているからではなく、頭が白いという意味でBaldと名がつけられています。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-03-17 03:36 | Season event
2007年 01月 01日

A Happy New Year☆

e0065734_1433288.jpg

「Warthog(イボイノシシ)」 Kenya
Nikon FM2(たぶん ... )/Ai100-300mmF5.6s(たぶん ... )/DiMAGE Scan Elite II/トリミング/Photoshop CS2

あけまして おめでとうございます。
旧年中、ご覧いただいたりコメントをいただいたみなさまに厚くお礼申しあげます。
おかげさまでブログも2度目のお正月を迎えることができました。
写真がすっかりデジタル化し、Webが写真と切っても切れない密接なツールとなったことを受けて、すこしは勉強しなくちゃと思いテストとして始めてみたのですが、毎回のコンテンツが ♯Test のままとうとう300回を越えてしまひました(^ ^;
9月に2年目に突入したものの、こうしてみたらどうなるだろう、という疑問は日に日に増えるばかりで、まだまだタイトルから Test の文字が消える日は訪れそうにありません(汗)。
今年もまだまだ模索の日々が続くと思いますが、これからもよろしくお願いいたしますm(_ _)m

新年最初の写真は、昨年の戌に続き干支の亥であります。
日本のイノシシの写真を撮った覚えがなく、なんの写真を掲載するか大晦日の晩まで悩みましたが(←バカ)、ふとケニアでイボイノシシを数カットだけ撮影したことを思い出してあわててスキャンしました(笑)。来年はスナネズミの写真があるので安心です(^ ^

ブログのお正月スキンは、昨年同様、七草がゆの1/7までです。それ以後は元に戻りますが、じつはこのお正月バージョンは記事スペースの幅が狭いのですね。なのでお正月期間中は写真をクリックすると大きくなる場合があります。

さて、イノシシです。
自宅近所の林道に行くと、冬場はなぜか道の真ん中が広い範囲で掘り返されています。歩いていると、道の真ん中がずーっと先まで延々と掘られているんですね。これはイノシシが木の根などを食べようと掘り起こした痕跡であります。
通常、林道は一般車が入れないようにゲートがしてありますが、関係車両の出入りはけっこうあるようで、舗装されていない道には轍ができています。タイヤが踏み固めた部分は硬くなってしまっているので、イノシシは踏み固められていない道の真ん中だけを掘ってゆくわけです。

地下の根などを食べるのはイボイノシシも同じで、写真で前脚を折り曲げて前傾しているのは地面近くの葉や根を食べている真っ最中のポーズであります。こうしてみると、きっと偶蹄目のなかで餌を求めて地下まで3次元に適応した種がイノシシなのでしょうね。
そう思うとイノシシを家畜化したブタに地面の下のトリュフを探させる理由もわかる気がします。彼らにとっては地面は境界線ではないのですね。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-01-01 23:50 | Season event
2006年 12月 25日

We wish you a Merry Xmas☆

e0065734_2084611.jpg

「Bald Eagle.」 Kodiak Island,Alaska,1992
Nikon F4/AiAF ED80-200mmF2.8s/DiMAGE Scan Elite II/Photoshop CS2

クリスマスイベントの最後を飾るのはアメリカの象徴であるハクトウワシです。
体が大きいのでけっこうどっしり構えているのかと思ったら、日本のワシタカと同じでやっぱり敏感ですね。アラスカにいるあいだに何度も姿を目にしましたが、至近距離で「おっ!」という場面ではすぐに飛び去られてしまいました。
ちなみにアメリカの象徴に選ばれるときにライバルだったのは七面鳥だったとか(^ ^

ここ数日気になっているのが、koyapooさんのブログ「ベランダの訪問者たち」に掲載されている、12/21の「ひたすら歩き続けるナゾのムシ」。
通常、半翅目なのか鞘翅目なのかといった大きい分類であたりをつけるのですが、そこがまったく見当がつきません。肢が6本なので蛛形類ではなく昆虫なのは間違いないと思うのですが、そこから先の手がかりがまったく思い浮かばないのであります (;*゚-゚)
肢の色からカメムシ類の幼虫の可能性をさぐりましたが、これという情報はヒットせず。
あぁ気になる〜 (?(。_。).。o0O??
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-12-25 00:40 | Season event
2006年 12月 24日

We wish you a Merry Xmas☆

e0065734_1673311.jpg

「In the coastline.」 Kodiak Island,Alaska,1992
Nikon F4/AiAF20mmF2.8s/DiMAGE Scan Elite II/Photoshop CS2

海岸線で放牧されている馬と出会いました。
凍てつくような景色を見ていると生き物にとってとても厳しい環境に思えますが、コディアク島は世界最大級の熊が生息し、海にはダブルベッド(!)かと思うような巨大なハリバット(カレイ)がいる自然豊かな島です。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-12-24 16:07 | Season event
2006年 12月 23日

We wish you a Merry Xmas☆

e0065734_21374061.jpg

「Sitka Blacktail Deer.」 Kodiak Island,Alaska,1992
Nikon F4/AiAF ED80-200mmF2.8s/DiMAGE Scan Elite II/Photoshop CS2

オジロジカやミュールジカと比べて、妙にカオが寸詰まりに見えるかわいい鹿です。
あたまが帽子のような模様で鼻が黒いからでしょうか、まんまアニメ顔です(^ ^
ディズニーアニメのバンビがそのまま歩いてるような感じですね。
立派な角があるオスは見られなかったのですが(それとも冬場は落としちゃうのかなぁ?)、
帰国して調べたらオスもこんな感じのままなのでした。でもなぜか角があるとオヤジ顔に見えます(笑)。

航空機がアンカレッジでの給油をしなくなってしまったので、コディアク島へ安く行くためにはいちど上空を通過してシアトルまで行き、そこで米国内便に乗り換えてアンカレッジへ戻らなくてはなりません。
リッチにアンカレッジ直行便でアラスカへリベンジしに行きたいですー(T_T)。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-12-23 22:56 | Season event
2006年 12月 22日

We wish you a Merry Xmas☆

e0065734_154253.jpg

「Let Go.」 Fairbanks,Alaska,1992
Nikon F4/AiAF20mmF2.8s/RDP/DiMAGE Scan Elite II/Photoshop CS2

戌年もあとわずか。バトンタッチに向けてラストスパートです(^ ^

夏のイベントに続いてクリスマスはアラスカの雪景色を。フェアバンクスで夜はオーロラを見て、昼はそり犬たちと遊んだときのカットです。あぅ、もう15年も前になるんですねぇ。
ちなみにオーロラの撮影は完全玉砕でした(T_T)
なのでオーロラの写真は期待されても出てきません ... 。

走る場所にもよりますが、犬ぞりにはサスペンションなどという衝撃緩衝装置はないので、雪面の起伏がダイレクトに伝わってきます。しかも荷台に座っていて視線が低いため、すごいスピード感があります。
さらに犬だって、やむを得ずもよおす時があるワケで、前方のほうで走りながらオシッコされちゃったりすると、なんというか、スリルも満点です(大笑)。
日本でも、北海道なら犬ぞり体験があるんじゃないかなと思います。機会があったらぜひオススメしますよ(^ ^
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-12-22 23:59 | Season event
2006年 10月 13日

Test ♯286

「Zebra」kenya
Nikon F3/AiAF80-200mmF2.8s/Kodak PictureCD/Photoshop CS2

おかげさまで 9/4 に1周年を迎えたものの、忙しくてとくに何もイベントっぽい企画をやりませんでしたので、ひっさびさに期間限定掲載であります☆
もしかして正月以来かな ... (^ ^;
10/15の日曜日の、どこかのタイミングで掲載終了になります。

Faunas&Floras と、ブログにたいそうな名前をつけてしまいましたので、
四つ足ケモノももっとアップしてゆかねばと思いつつ、
フィルムをデジタル化するのが遅々として進んでいないのでありました(汗)。

前回のシマウマはこちら→Test ♯1

(10/15 掲載を終了いたしました。次回をお楽しみに☆)
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-10-13 02:01 | Season event
2006年 07月 26日

暑中お見舞い申しあげます

e0065734_3242466.jpg

「アオウミガメ」(だと思う度90%) Offshore in Waikiki,Hawaii
NIKONOS V /UW Nikkor 20mm/Konica R200/DiMAGE Scan Elite II/Photoshop CS2

額版をはっきり撮影できなかったので、ちょっと確信がもてないのですが、肋甲板が4枚配列に見えるのと、ハワイで見られるのはたいていアオのほうなので、ほぼ間違いなくアオウミガメだと思います。
ウミガメは沖縄でも見ましたが、餌付けでもしているのか、ハワイの個体はやけにフレンドリーでした。もちろん保護が徹底されているということもあると思います。
ウミガメはのーんびり動くイメージがあるかもしれませんが、海中でダッシュするとめちゃくちゃ速いんですよ。

さてこの一週間は納涼Weekでしたが(笑)、いかがでしたでしょうか。
また機会があったら海シリーズをやりたいと思っています。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-07-26 03:49 | Season event