タグ:ハチ・アブ・アリなど ( 36 ) タグの人気記事


2006年 07月 14日

Test ♯221

e0065734_323469.jpg

「キボシアシナガバチ」Canon EOS20D/Sonnar T*135mmF2.8(MM)/R7.5mm/Photoshop CS2

ずっと鳥ばかり見て歩いていた河原で、ふとトンボに興味をもったのが一昨年の夏。
そこから徐々に範囲をひろげてゆくものの、まぁとにかく虫は種類が多いわけで、遅々として進みません。ハチも、刺されない程度の距離を置いて見ているのですが、なんとも撮りづらい一族であります。

今日の夜から家族で海に行きます。明後日に帰宅しますが、日付変更線にはたぶん間に合わないでしょう ... (^ ^;
さて海といえばひさびさにニコノスVとオリンパスC5050zの出動です。
自宅の水中カメラ一式は、すっかり家族旅行での特殊撮影機材になってしまいました。
あぁ、海に潜りにいきたいにゃー。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-07-14 03:42 | 近所の河原
2006年 03月 25日

Test ♯133

e0065734_147212.jpg

「コマルハナバチ」Nikon D70/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

撮ってるときはクマバチだと思ってたのですが、帰宅して図鑑で調べてみたら、
お尻がオレンジなのでコマルハナバチですね。
慣れてる鳥でも特徴を的確につかんで覚えるのは大変ですが、
虫は種類は多いし小さいし特徴微妙だったりで、
まだまだ観察眼のできていない「ムシ素人」にとっては
デジカメで撮ってすぐ調べられるのは助かります。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-03-25 14:07 | 近所の河原
2006年 03月 24日

Test ♯132

e0065734_1433249.jpg

「ビロードツリアブ」Nikon D70/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop 7.0

河原にたくさん咲いている紫の花。VIEWさんから、ハナダイコンだと教えてもらいました。
ハナダイコンの前でじっと待ってると、いれかわりたちかわり虫たちが訪れます。
ぬいぐるみのような、ぽわぽわの毛のかたまりのような虫はビロードツリアブでした。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-03-24 01:43 | 近所の河原
2005年 12月 27日

Test ♯80

e0065734_23394342.jpg

「ムモンホソアシナガバチ」
Nikon D70/SIGMA MACRO 50mm EXDG/Photoshop CS2

♯75の、集団越冬の場所から40〜50mくらい離れたところに単独でいた個体です。
たぶん同じ種だと思うのだけど、なぜ集団に入らなかったのでしょう?
一匹で、いかにも寒そうに幹にしがみついていました。
もしかして、いじめでもあったんですか。

このあと、マクロレンズの最短距離まで近づいて撮ったりしたのですが、
寒さで思うように動けないらしく、
唯一の威嚇は脚を一本もちあげるだけの状態でした。
こんな場所で身動きとれなくなっちゃって、はたして冬を越せるのかな。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2005-12-27 23:39
2005年 12月 18日

Test ♯75

e0065734_3343538.jpg

「ホソアシナガバチ※の集団越冬」
Nikon D70/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ使用/Photoshop CS2

♯64で書いた、隣駅のハイキングコースで撮影したカットです。
種類を判別するのにけっこう時間がかかるので、撮影したその日のうちに掲載するのは、なかなか難しいです。

※ホソアシナガバチには、ヒメホソアシナガバチ(旧名はトウヨウホソアシナガバチ)とムモンホソアシナガバチの2種がいて、通常ホソアシナガバチというとヒメホソアシナガバチを指すことが多いようです。今回はどちらなのか判定ができなかったので、総称としてホソアシナガバチとしています。ただ近くで、ムモンホソアシナガバチが1匹だけで木の幹にしがみついているのを撮ってますので、おそらくこの集団もムモンホソアシナガバチの可能性が高いだろうと思います。)

名前は「アシナガバチ」ですが、スズメバチ科の仲間で、アシナガバチとは別のグループに属します。けっこう気性がはげしく刺しますので要注意なのですが、さすがに気温が低いのには弱いらしく、このときはフラッシュを焚きまくっても微動だにしませんでした。
ちなみに私の身長よりやや高いくぼみに固まっていたので、腕を伸ばしてノーファインダーで撮影しています。

ホソアシナガバチは、女王蜂が集結して越冬するそうです。なかには、数千の単位で集まるケースもあるとのこと。働きバチ(専門家はワーカーと呼ぶようです)は越冬しないそうなので、ということは、今回写っているのもみんな女王蜂ということみたいですね。

ところで、このくぼみですが、ちょっと上向きなんです。
女王さま方、雪降ったらお尻が凍傷になりますよ(^ ^;
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2005-12-18 03:34
2005年 09月 12日

Test ♯-2

e0065734_013141.jpg

「フタモンアシナガバチ」 Nikon D70/SIGMA MACRO 50mm EXDG/Photoshop CS2
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2005-09-12 00:13