Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ

タグ:セミ・カメムシなど ( 83 ) タグの人気記事


2012年 10月 14日

Wake up♯487 アカヘリサシガメ 2012

e0065734_23273731.jpg

「アカヘリサシガメ 2012 Summer」(だと思う度90%)
Nikon D300/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

葉上にかっこいいサシガメがいました。どうやらアカヘリサシガメのようです。
蛾や蝶の幼虫や、ハムシなどの小昆虫を捕食するそうな。

ふと周囲を見渡してみる。

e0065734_2338428.jpg


きみ、けっこうええもん喰ってるのとちゃいますか?σ(^_^;)


Wake up♯463 母は守る 2012はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-10-14 23:26 | そのほかの水系
2012年 09月 27日

Wake up♯480 Aqua festivities タガメちゃん日記 2012

e0065734_23135679.jpg

「羽化 2012 Summer」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

けして順調とは言えず、昆虫写真家の森上さんから親個体を追加で頂戴しつつ、続けておりますタガメの飼育。

うまくいかない最大の理由は、終齢幼虫から成虫になるときの最後の脱皮、つまり「羽化」での失敗であります。
交尾産卵、ふ化、そして終齢幼虫まではかなり順調にゆくのですが、成熟し赤銅色になってさあ羽化!というところで、脱皮し終えることができず途中で止まってしまい、90%が☆になってしまうのです・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

終齢幼虫は数十頭いるのですから、ケースの水深をかえてみたり、一部は屋内で水温25℃に保ってみたり、足場を山のように投入してみたり、1頭飼いと複数飼いにわけてみたり、ぶくぶくを入れてみたり、ケースを小中大、特大、はては衣装ケースでの飼育組まで用意してみたり、これらの要素を複数導入したりと考えられるあらゆることを試してみました。

それでも、昨シーズンは成虫になれたのはわずかに3♂1♀。

ところが。

今シーズンは計24頭が無事に成虫になりました。
ぶくぶくがあろうがなかろうが、水深があろうがなかろうが、ぜーんぜん関係なしに、すべてのケースで順調に羽化が完了してゆきます。

もう、あたまのなかが「???」状態。うれしいやら、ハテナやらσ(^_^;)

羽化後、身体が固まった新成虫は猛烈に摂食するので、こちらも必死に猛烈に金魚を補充せねばなりません。

金魚が足りねぇーヽ(TдT)ノアーウ…


Wake up♯04 Aqua festivities タガメちゃん日記 2009はこちら
Wake up♯03 Aqua festivities タガメちゃん日記 2009はこちら
Test ♯988 Aqua festivities タガメちゃん日記 2009はこちら

Wake up♯469 Aqua festivities 海ゲンゴロウ 2012はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-09-27 23:13 | 自宅にて
2012年 09月 17日

Wake up♯475 アカスジカメムシ 2012

e0065734_2312487.jpg

「アカスジカメムシ 2012 June」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

ACミランことアカスジカメムシ。

頭部側から、ななめに撮影して気づきましたが、特徴のストライプは背中から胸部にかけてほぼ平行なのに、頭部はぐぐっと絞り込んで黒ラインがVの字状に接続しています。芸が細かいなぁ。


Test ♯906 ACミラン 2008はこちら
Test ♯573「アカスジカメムシ」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-09-17 23:12 | そのほかの水系
2012年 08月 25日

Wake up♯463 母は守る 2012

e0065734_233857.jpg

「エサキモンキツノカメムシ 2012 Summer」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

虫にも、命がけで我が子を守る親がいる。



Test ♯746 エサキモンキツノカメムシはこちら
Test♯332「エサキモンキツノカメムシ、ふたたび」はこちら
Test♯105「越冬熟睡中のエサキモンキツノカメムシ」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-08-25 23:26 | そのほかの水系
2012年 08月 18日

Wake up♯458 オオヘリカメムシ 2012

e0065734_2320514.jpg

「オオヘリカメムシ 2012 June」
Nikon D300/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM/Photoshop CS2

岩ポケモンみたいなルックスのカメムシ。

大型種で存在感たっぷり。かっこいいであります。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-08-18 23:18
2012年 07月 23日

Wake up♯443 クワキジラミ 2012

e0065734_033880.jpg

「クワキジラミの幼虫 2012 June」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

クワの葉についた、白くてふわふわした糸くず。
クワキジラミの幼虫たちが、お尻から分泌したロウ物質だそうであります。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-07-23 00:00 | そのほかの水系
2012年 07月 11日

Wake up♯436 ニシキキンカメムシ 2012

e0065734_22304126.jpg

「ニシキキンカメムシの交尾 2012 June」
Nikon D300/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM/Photoshop CS2

はじめて見ました。まさに錦な、ニシキキンカメムシであります。
派手といえば派手な色彩ですけど、ケバいというより、ぎりぎり艶やかな感じ。
なにが「ぎりぎり」かというと、人によっては毒々しさを感じるかも?なラインすれすれなんであります。

ところがこれが見事な保護色になりまして、さくさくっと見てゆくと見落とすことがあります。

e0065734_22401630.jpg

「ニシキキンカメムシの産卵 2012 June」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

「産卵してますよー☆」

マジですか。そこ、さっき見たのにぃ(T△T)

見てびっくり、なんて大きな卵でしょう! ... というか、でかすぎやしませんか?!
これじゃ、メスが一生のうちに産める数ってあまり多くないのではと心配になったり。

とりあえずこれで、アカスジキンカメムシ、オオキンカメムシ、ニシキキンカメムシと、南西諸島まで行かなくても会えるキンカメのうち、3種に出会えました♪
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-07-11 22:29 | そのほかの水系
2012年 05月 25日

Wake up♯409 ウズラカメムシ 2012

e0065734_2112429.jpg

「ウズラカメムシ 2012 Early summer」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

横から見ると、宇宙船みたいだ。
腹部がぱんぱんに膨れてるけど、たっぷりと食事(吸汁)した直後だったのかな?
もしくはメスで、産卵体制が整って、腹に卵がぎゅうぎゅうなのかも。

8/8 追記:渡良瀬オフ会でご一緒させていただいた、カメムシのスペシャリストのお一人、鶉さんより「おそらく卵を産む前だと思われます」と解説をいただきましたヽ(*^^*)ノ
ありがとうございます☆

そういえば、ウチのタガメも、メスは産卵時期になると卵で腹部がぱんぱんになります。
それはもう、越冬時の薄平べったくってぺちゃんこな姿からは信じがたい、ぱっつんぱっつんな状態までメタボ的に膨張するのであります。
画像のウズラちゃんも、腹部ははち切れんばかりに膨らんでいます。次世代を担う大切な卵で満たされているのですね(*´∇`*)

[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-05-25 21:11 | 近隣の水系
2012年 03月 09日

Wake up♯370 ウシカメムシ 2012

e0065734_3413937.jpg

「ウシカメムシ 2011-2012 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/Photoshop CS2/わずかにトリミング

冬尺蛾を探してると、たまに出会うウシカメムシ。
今シーズンは2度見ましたが、いずれもフユシャク捜索のときでありました。
成虫越冬ですので、冬に見かけるのは不思議ではないのですが、なぜか春先以降に出会う機会は少ないでありますね。どこに行っちゃうんだろう??

e0065734_3594070.jpg

「ウシカメムシ 2011-2012 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/Photoshop CS2

前胸の立派なツノが目立ってかっこいいですが、模様も、ちょっとマシン的というかメタルな感じで、なかなか魅力的なカメムシであります(^_^)
なんか、男梅のテレビコマーシャルを思い出すのは私だけかな。

「男を磨く、カメがある〜♪」

... メスだったりして(^▽^;)


Wake up♯68 オオツノカメムシ 2010はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-03-09 03:40 | そのほかの水系
2012年 03月 04日

Wake up♯367 モンキツノカメムシ 2011

e0065734_02314.jpg

「モンキツノカメムシ 2011-2012 Winter」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

冬尺蛾を探していると、ほかにもいろいろ越冬中の虫たちに出会うことがあります。

冬尺蛾の場合、あえて冬を選んで繁殖活動をするから面白いわけですが、他の虫たちも消えてなくなるわけではありません。
越冬形態が卵か幼虫か、蛹か成虫かという違いはありますが、みんな必死に、厳しい日本の冬を乗り切ろうとがんばっているのでありますね。


Wake up♯218 モンキツノカメムシ 2011はこちら
Test ♯746 エサキモンキツノカメムシはこちら
Test♯332「エサキモンキツノカメムシ、ふたたび」はこちら
Test♯105「越冬熟睡中のエサキモンキツノカメムシ」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-03-04 23:22 | そのほかの水系