Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 13日

Wake up♯526 白いモノをさがせ 「白い茸」 2014

e0065734_20541844.jpg


白い、ええもんを探すチーカナ一行。

VIEWさんが撮影に成功したポイントまで、一心不乱に先を急ぐ一寸野虫さん。

途中にもいるかもと思いながら、周囲を舐めるように見回しつつ、ヒトツメカギバの交尾などいま撮影しておくべきもの、そうじゃないものを種々選択しながら有酸素運動で歩を進める私。

肝心の虫網をもってるにもかかわらず、「最近、長女のRenonがキノコ観察にハマってるんすよ〜」と、白いええもんはさておき、キノコがあるたびにRenonちゃんのためにキノコ撮影しながら牛歩で進む蛾LOVEさん。

もう、しょっぱなから事実上の別行動(^▽^;)

で。

あっちにもこっちにもキノコだらけ。

私はキノコを一切食べないので、造形的にそそられるもの以外はスルーなんですけど、キノコのなかには白いものも多くて、「白いええもん」を探す目にひっかかります。

なんかショウジョウバエがたくさん群れる白いキノコがありました。
そういえばキノコって、いろいろな虫を惹き付けますよね。
「虫が食べるキノコは毒キノコじゃない」なんて言われたり。
キノコをいっさい口にしない私には関係のない話ですけれど。

e0065734_211182.jpg


そういえば友人とラーメン食べに行って、豚骨ラーメンで、私が「キクラゲ抜きで」とオーダーしたら友人が不思議そうに
「なんでキクラゲなし?」
「キノコ嫌いって知ってるでしょ」
「キクラゲはキノコじゃないやん、クラゲやん」

ボケ、キクラゲはキノコじゃ!!(ノ`△´)ノ ┫:・'∵:.┻┻:・'.:∵

そんな私ですが、自室でキノコを栽培しています。
正確には、栽培したくないんだけど、勝手にキノコがでてきます。

サルマタケではありません。

オオクワガタを飼育するのにキノコの菌糸瓶をつかうので、日中と夜の温度差が大きくなるとキノコが出てきてしまうのであります。
気づいたときにまめに「子実体」を除去できればよいのですが、忙しくてふと忘れていると、子実体つまりはキノコが成長して、フローリングの床一面に胞子をばらまいてですね、

全オレが泣いた。・゚・(ノε`)・゚・。

e0065734_21251913.jpg


それにしても、森がキノコであふれています。VIEWさんも、キノコが多かったと言ってましたっけ。
クワガタしかり、分解者であるキノコに依存する生物はたくさんいます。
そんなキノコに目がいきつつも、今日の目的である「白いええもん」に向けて歩を進めます。

と、前方から一寸野虫さんが戻ってきました。

「いましたよ!でも虫網がないとちょっと撮影は無理ですね。さっき降りてきたのが最後のチャンスだったかも。蛾LOVEさんは??」

虫網担当、姿見えず。

白いええもんがいたのに手も足も出ない状況に陥ったチーカナ。運命はいかに。

つづく
[PR]

# by Faunas_and_Floras | 2014-10-13 21:45
2014年 09月 18日

Wake up♯525 白いモノをさがせ ヒトツメカギバ 2014

e0065734_0451320.jpg

「ヒトツメカギバ 2014 September」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/Photoshop CS2

さてさて、ちょー久しぶりに、チーカナの出撃であります。
蛾LOVEさんと私が、クリエイティブ系で、なをかつ馬車馬なベンダーの仕事をしているので、なかなかチームとして遠征できなくなっている今日この頃。
そんななか、孤軍奮闘でこつこつとフィールド観察を続けてくださってるVEIWさんと一寸野虫さん。
さらに縦横無尽三次元でフィールド活動している、チータマの川北さん親子。
今回はこれらメンバーが別々に突撃しながら、とある「白いモノ」を追い求めるモス・アドベンチャーのお話であります(笑)

まずはVIEWさんが単独でチャレンジ。
前日に現地に到着して、日本酒持ち込んで車泊して、翌日早朝アタックを試みて寝坊するというところから始まります。
とはいえ、チーカナのなかでは抜群の若さと調査眼力を誇るVIEWさん。みごとに「白いモノ」を発見し、交尾画像までゲット。さすがであります。

e0065734_062831.jpg

「ヒトツメカギバの交尾 2014 September」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/Photoshop CS2

続いて、川北さんがチャレンジ。過密なスケジュールを組んでの挑戦でしたので、白いモノに関しては失敗。どうやら、うわさ通り時間帯がかなり重要なファクターらしいのであります。
そして今回、一寸野虫さん、蛾LOVEさん、私の3名で行ってまいりました。

すでにVIEWさん、川北さんからの情報を得てますので、あとは「白いモノ」のシーズンさえ終わってなければイケるはずであります。ずるい3名であります(^▽^;)

狙う相手は白いですから、現地に到着したのちは、どうしても白いものに視覚が反応してしまいます。
まず目に入ったのが、ヒトツメカギバ。
おぅを、交尾じゃないですか!!
ヒトツメカギバのペアを観察するのは初めてです。あれこれ撮影していて、はっと気づく。

ちゃうねん、探してる白いモノはこれぢゃあらへん

はたして白いモノは見つかるのか??!!

つづく!!
[PR]

# by Faunas_and_Floras | 2014-09-18 23:05 | そのほかの水系
2014年 08月 25日

Wake up♯524 ムカシトンボ 2014

e0065734_22435978.jpg

「ムカシトンボ 2014 Spring」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/Photoshop CS2

春に撮影して、すっかり忘れておりましたムカシトンボであります。

この日は夜明けから探して探して、へろへろになるまで歩き回って見つからず。
ううう、タイミング遅かったかと肩を落としつつ下山したら、ふもとの駐車場にいやがったσ(^_^;)
でもこの子はメスですから、やっぱりタイミング的には遅かったのかニャー(>_<)

Wake up♯410 ムカシトンボ 2012はこちら
[PR]

# by Faunas_and_Floras | 2014-08-25 22:46
2014年 08月 20日

Wake up♯523 Aqua festivities タガメちゃん日記 2014

e0065734_2082694.jpg

「羽化不全のタガメ 2014 Summer」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

我が家のタガメたちは、終齢幼虫から成虫への羽化のピークが過ぎ、いよいよ新成虫たちの底抜けの食欲の段階になっております。

き、

金魚が足りねぇ(|||`□´|||;;)

昨夜から今朝にかけて羽化した数匹のなかに、いままで見たことない羽化不全の子がいました。
ケースのふたあけてはじめて目にしたときには、

なぜここにエゾスズメが入ってるんだ??Σ( ̄ε ̄;|||・・・

e0065734_204857100.jpg

「羽化不全のタガメ 2014 Summer」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

2008年から飼育をはじめて、はや6年。こういう羽化不全ははじめてですね。
羽化中に、なんらかのトラブルで前翅の根元がひねられて、左右ともに前翅だけが裏返ってしまったようです。

ちょうど、深夜の薄暗い道で、夏なのにロングコート着たおっちゃんが、通りすがりの女性にむかって前をはだけて

「ほらぁ♪」

という、あの状態であります(笑)

とりあえず本人は元気なので、兄弟姉妹たちから隔離して、特別待遇で様子を見守っておりますです(^^)


Wake up♯511 Aqua festivities タガメちゃん日記 2013はこちら
Wake up♯510 Aqua festivities タガメちゃん日記 2013はこちら
Wake up♯509 Aqua festivities タガメちゃん日記 2013はこちら
Wake up♯507 Aqua festivities タガメちゃん日記 2013はこちら
Wake up♯505 Aqua festivities タガメちゃん日記 2013はこちら
[PR]

# by Faunas_and_Floras | 2014-08-20 21:06 | 自宅にて
2014年 08月 15日

Wake up♯522 ヒロオビオオエダシャク 2014

e0065734_23394555.jpg

「ヒロオビオオエダシャク 2014 Summer」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

これもナショナル モス ウィークで撮影したカット。
夏の山にあらわれる、ちょっと大型の蛾。

「みんなで〜」には、食草はクスノキ科のダンコウバイやオオバクロモジとありますが、名前聞いてもぜんぜんイメージできないどころか、

漢方薬とまちがえそうだσ(^_^;)

アップめで撮ったりななめから撮ったりあれこれやるのでヒロオビオオエダシャクには小一時間おつきあいいただくわけですが、おとなしくて良いモデルになってくれました。

撮影中はヒグラシの合唱に包まれてたかと思うと、早朝明るくなるにつれ合唱は終わりこんどは夏鳥たちのコンサートタイムに。
仕事に忙殺されるなか、ほんの数時間のフィールドだったけど、やっぱり五感で癒されるのはよいものですね☆
[PR]

# by Faunas_and_Floras | 2014-08-15 23:39 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2014年 08月 14日

Wake up♯521 トンネルの物語 キマダラコウモリ 2014

e0065734_2315388.jpg

「キマダラコウモリ 2014 Summer」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

ナショナル モス ウィークが、7月19日から27日まで開催されました。
日本が参加するのは、今年がはじめてであります。

というわけで微力ながら参加するべく、半日だけ自由時間がある日に、ひさびさに出かけてみました。
ところが当日は激しい夕立。
いくら雨に強い鱗翅目といえど、これでは活動をあきらめ、雨滴を避けて活動を控えるような勢い。

案の定、目論んだ外灯には蛾影はなし。
そうかー、やっぱり蛾ですら嫌がる雨の勢いだったかー(_ _。)・・・シュン

そんなときは、トンネルであります。
外灯からトンネルポイントへ移動したら、いたいた。キマダラコウモリであります。

べつにトンネルじゃなくても出会える種ですが、雨後、こりゃだめかと思っていた矢先にいてくれると、大型なだけにうれしいであります(≧∇≦)ノ


Test ♯897 モモスズメ 2008はこちら
Test ♯907 橋の上の物語 キマダラコウモリ 2008はこちら
[PR]

# by Faunas_and_Floras | 2014-08-14 23:55 | 近隣の水系