<   2014年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2014年 10月 20日

Wake up♯527 白いモノをさがせ ウスバツバメガ 2014

e0065734_20134284.jpg

「ウスバツバメガ 2014 September」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/Photoshop CS2

白いええもんを探すチーカナ一行。
思えばむかし、ええもの見たさに名古屋まで行って、空振りで帰ってきたこともありました。
マダラガの仲間を研究している方々に情報を聞きまくったこともありました。
むむむ、これは確実に狙えそうな兵庫まで行くしかないか。。。

あー、関東周辺にもいればいいのに(`ε´)

と思っていたら、いたのであります。

サクラ喰いなので、おそらく関西方面から運ばれ植樹された桜の苗に、幼虫なり卵なりがくっついてたんでしょうね。

e0065734_2039997.jpg

「手のりウスバツバメガ 2014 September」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

じっと、見上げる。小径の両側に植えられた桜がはるか頭上で交錯しています。
さきほど、この空間を1頭だけ舞ったらしいのであります。
どんな感じなんでしょうねぇ。
たとえばルリタテハは黒い弾丸と化してぶっ飛んでゆきますし、フチグロトゲなら木っ端が「あーーーれーーーーー」と叫びながら強風に吹き飛ばされるかのように飛んでゆきます。
はてさて、狙う「白いええもん」の飛び方はいかに。

ピロピロピロピロ ...

なにかが枝のあいだを浮遊移動してゆきます。
白いというより、空に透けて「でかいヒレが4つあるクリオネ」的ななにかが空中をふらふらしています。

ピロピロピロピロピロピロピロピロ ...

もしかしてあれが「白いええもん」の正体であるウスバツバメガ?
なんというか、推測してたよりかなり遅い飛び方であります。だから、フチグロやらセセリモドキのようなぶっ飛びをイメージして臨むと、拍子抜けして、飛んでるというより翅をぱたぱたしながら浮遊してるように見えてしまいます。

もう1頭いました。

ピロピロピロピロ ...
 ピロピロピロピロピロピロピロピー ...

すげえ。オレは不味いぞという絶対的な自信を誇る飛び方だ。
網を振る蛾LOVEさん。

... 。

空振るなよ ヾ(・・;)ォィォィ

なんとか1頭捕獲。でも静かにしてくれません。暴れて、触角が折れちゃいました。
かくして、なんとかかんとかファーストコンタクトに成功しました。
写真的には不満だけど、まぁ、来年の再チャレンジの楽しみができたということで。

一寸野虫さん、蛾LOVEさん、お疲れさまでした〜☆
VIEWさん、川北さん、ありがとうございました〜(^▽^)/
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2014-10-20 19:13 | そのほかの水系
2014年 10月 13日

Wake up♯526 白いモノをさがせ 「白い茸」 2014

e0065734_20541844.jpg


白い、ええもんを探すチーカナ一行。

VIEWさんが撮影に成功したポイントまで、一心不乱に先を急ぐ一寸野虫さん。

途中にもいるかもと思いながら、周囲を舐めるように見回しつつ、ヒトツメカギバの交尾などいま撮影しておくべきもの、そうじゃないものを種々選択しながら有酸素運動で歩を進める私。

肝心の虫網をもってるにもかかわらず、「最近、長女のRenonがキノコ観察にハマってるんすよ〜」と、白いええもんはさておき、キノコがあるたびにRenonちゃんのためにキノコ撮影しながら牛歩で進む蛾LOVEさん。

もう、しょっぱなから事実上の別行動(^▽^;)

で。

あっちにもこっちにもキノコだらけ。

私はキノコを一切食べないので、造形的にそそられるもの以外はスルーなんですけど、キノコのなかには白いものも多くて、「白いええもん」を探す目にひっかかります。

なんかショウジョウバエがたくさん群れる白いキノコがありました。
そういえばキノコって、いろいろな虫を惹き付けますよね。
「虫が食べるキノコは毒キノコじゃない」なんて言われたり。
キノコをいっさい口にしない私には関係のない話ですけれど。

e0065734_211182.jpg


そういえば友人とラーメン食べに行って、豚骨ラーメンで、私が「キクラゲ抜きで」とオーダーしたら友人が不思議そうに
「なんでキクラゲなし?」
「キノコ嫌いって知ってるでしょ」
「キクラゲはキノコじゃないやん、クラゲやん」

ボケ、キクラゲはキノコじゃ!!(ノ`△´)ノ ┫:・'∵:.┻┻:・'.:∵

そんな私ですが、自室でキノコを栽培しています。
正確には、栽培したくないんだけど、勝手にキノコがでてきます。

サルマタケではありません。

オオクワガタを飼育するのにキノコの菌糸瓶をつかうので、日中と夜の温度差が大きくなるとキノコが出てきてしまうのであります。
気づいたときにまめに「子実体」を除去できればよいのですが、忙しくてふと忘れていると、子実体つまりはキノコが成長して、フローリングの床一面に胞子をばらまいてですね、

全オレが泣いた。・゚・(ノε`)・゚・。

e0065734_21251913.jpg


それにしても、森がキノコであふれています。VIEWさんも、キノコが多かったと言ってましたっけ。
クワガタしかり、分解者であるキノコに依存する生物はたくさんいます。
そんなキノコに目がいきつつも、今日の目的である「白いええもん」に向けて歩を進めます。

と、前方から一寸野虫さんが戻ってきました。

「いましたよ!でも虫網がないとちょっと撮影は無理ですね。さっき降りてきたのが最後のチャンスだったかも。蛾LOVEさんは??」

虫網担当、姿見えず。

白いええもんがいたのに手も足も出ない状況に陥ったチーカナ。運命はいかに。

つづく
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2014-10-13 21:45