「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 25日

Wake up♯508 ツバメちゃん日記 2013

e0065734_147452.jpg

「巣立ったヒナ」
Nikon D300/AF-S80-200mm F2.8D/Photoshop CS2

自宅の駐車場で子育てしていたツバメちゃん一家のヒナたちが巣立ちの時を迎えましたo(・∇・o)
朝見たときは2羽が巣立ってたけど、夕方には5羽すべてが無事に巣立ってました。
巣立ったといっても不安なのか、数日は、夜になると2〜3羽は巣に戻ってきて寝ています(笑)

e0065734_1564987.jpg

「朝の時点で、巣立ち直前の残り3羽」
Nikon D300/AF-S80-200mm F2.8D/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

しばらくすると巣にもどらなくなりますが、朝夕は自宅前の電線で、一家でなかよくくつろいでいます。


Wake up♯14 ツバメちゃん日記 2009はこちら

Test ♯894 つばめちゃん日記 2008(その1)はこちら
Test ♯898 つばめちゃん日記 2008(その2)はこちら
Test ♯905 つばめちゃん日記 2008(その3)はこちら

Test ♯556 つばめちゃん日記はこちら
Test ♯559 つばめちゃん日記はこちら
Test ♯563 つばめちゃん日記はこちら
Test ♯565 つばめちゃん日記はこちら
Test ♯579 つばめちゃん日記はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2013-06-25 23:44 | 自宅にて
2013年 06月 20日

Wake up♯507 Aqua festivities タガメちゃん日記 2013

e0065734_2055426.jpg


我が家のベランダでは、タガメちゃんたちの産卵ラッシュが続いています。
すでに1卵塊がふ化し、タガベビーが猛烈な勢いでメダカを襲って喰ってます(^▽^;)

メダカが足りねぇ・・・(゚_゚i)タラー・・・

人によっては、めざせ8割(幼虫が100匹ふ化したら、80匹を成虫まで育てあげる)なんて言うけれど、とてもじゃないけどエサ代が捻出でけまへーん。
オタマを活用したこともあったけど、まれにオタマが農薬かなにかに汚染されてることがあるようで、オタマを入れたケースだけタガベビーが全滅という経験を数回しており、いまはメダカと小赤のみで飼育しています。

ホテイ草やカモンバなど足場となる水草も、買ってきたら1週間くらいは専用のバケツで水にさらして農薬を除去するようにしています。これも、買ってきたものをそのまま投入したら、そのケースだけ全滅したから。
水草につく甲殻類対策として、水草用の農薬を使ってるケースが多いようです。
熱帯魚などには影響なくても、タガメはアウトであります。全国的にタガメが減少したのは農薬による要因が大きいですが、確かに飼っていて、ごくわずかな農薬でも死にいたる印象があります。

さて、ほかに4卵塊あったけど、うちひとつが水没して全滅。なにかの拍子で朽ち木が倒れてしまったのであります。
でも今年はオス成虫が十分にいるので、焦る必要はありません。

そのかわり、財布にまったく余裕がなくなります。。。



Wake up♯505 Aqua festivities タガメちゃん日記 2013はこちら
Wake up♯480 Aqua festivities タガメちゃん日記 2012はこちら
Wake up♯04 Aqua festivities タガメちゃん日記 2009はこちら
Wake up♯03 Aqua festivities タガメちゃん日記 2009はこちら
Test ♯988 Aqua festivities タガメちゃん日記 2009はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2013-06-20 23:54 | 自宅にて
2013年 06月 10日

Wake up♯506 カノコガ 2013

e0065734_2044051.jpg

「カノコガ 2013 Early summer」
Nikon D300/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM/Photoshop CS2

生き物やっていて、自由になる時間がないのが、いちばん辛いですね。

遠くのフィールドに行ければそれにこしたことはないけど、幸いなことにウチの近所には河原があるし、自宅の庭でもニワハンミョウの観察とかができます。いまアロエにアシナガバチが巣つくってるし。
さらにベランダにはタガメちゃんたちがいるし、駐車場ではツバメちゃんが子育てしています。

生き物たちから、観察による楽しみのチャンスはたくさん与えられてるんだけど、

いかんせん時間がない。・゚・(ノε`)・゚・。

それでも、Takumi と Mickey が健康にすくすくと成長し、将来の夢にむかって学校に通ってることだけでも幸せなんだと思います。

涙が出るほど学費が高いけど(TωT)ウルウル

というわけで、馬車馬で超スローペースだけど、生き物たちから驚きと感動をもらいながら、このブログは続いてゆくのであります。


Test ♯517「カノコガ」はこちら
Test ♯217「カノコガ」はこちら
Test ♯30「カノコガ」はこちら

Test ♯561「カノコガの交尾」はこちら
Test ♯626 キハダカノコはこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2013-06-10 23:03 | そのほかの水系
2013年 06月 08日

Wake up♯505 Aqua festivities タガメちゃん日記 2013

e0065734_22131639.jpg


我が家のタガメちゃんたちが、恋の季節を迎えました。スリスリ((((( *~∇~)(^・^* )チュッ♪

タガメを飼育していて、日々の観察がいちばん面白い時期でもあります。
いろいろな面で虫離れしてるタガメですけれど、恋の季節のオスとメスは、ほとんど

鳥です。

熱帯雨林の鳥って、ダンスしたり、過剰なほどに求愛ディスプレイする種がいますでしょ。
タガメも、オスが求愛ダンスして、メスが応じるダンスして、じゃれあったり離れたり。
興奮して、オスは杭を登って降りてを繰り返し、メスもかまってほしくてオスにちょっかいだしたり。
タガメの恋の駆け引きは、虫としてはひときわ異彩を放って見えます。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2013-06-08 22:12 | 自宅にて