Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2012年 05月 31日

Wake up♯412 見えそうで見えない 2012

e0065734_0164378.jpg

「クロテンシャチホコ 2012 Early summer」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/白色LED/Photoshop CS2

ちくしょう、パンツが見えねぇ!!
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-05-31 00:15 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2012年 05月 29日

Wake up♯411 てふてふ捜索隊 ウスバシロチョウ(ウスバアゲハ) 2012

e0065734_491925.jpg

「ウスバシロチョウ 2012 Early summer」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

黄色い絨毯のうえに降りたのは、ウスバシロチョウのメス。
アゲハチョウの仲間です。
白くて、年に一度この時期にしか見られないので、野山を散策する方々から人気です。
体色や模様にけっこう変異があるので、採集屋さんにも人気があります。
私は、もこもこぬいぐるみなので大好きです(笑)

e0065734_4161758.jpg

「ウスバシロチョウ 2012 Early summer」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

8月7日から8月20日まで、
習志野の「市民プラザ大久保」1階ホール(千葉県習志野市大久保4丁目2番11号)にて、

世界の昆虫展示会 が開催されています!

チーカナがいつもお世話になっておりますチョウキチさんが全面的に協力されています☆
12日には、チョウキチさんによる「展翅実演と蝶の環境のついての講演」も開催されました。

「市民プラザ大久保」
連絡先:047-470-8171
京成大久保駅から徒歩約10分
最寄りのバス停
京成バス「日大生産工学部」
    「東邦大付属東邦中学・高校前」
アクセスマップはこちら(リンク先で、左の施設名一覧の17番「市民プラザ大久保」をクリックしてください)

小中学生のお子さまがいらっしゃる方は、夏休みの自由研究に最適ですよ!

8月20日までですので、ぜひ☆


Wake up♯253 てふてふ捜索隊 ウスバシロチョウ(ウスバアゲハ) 2011はこちら
Wake up♯57 てふてふ捜索隊 ウスバシロチョウ(ウスバアゲハ) 2010はこちら
Test ♯888 てふてふ捜索隊 ウスバシロチョウ(ウスバアゲハ) 2008(その2)はこちら
Test ♯887 てふてふ捜索隊 ウスバシロチョウ(ウスバアゲハ) 2008(その1)はこちら
Test ♯483 てふてふ捜索隊「ウスバシロチョウ、ふたたび」はこちら
Test ♯450 てふてふ捜索隊「ウスバシロチョウ」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-05-29 04:07 | 近隣の水系
2012年 05月 27日

Wake up♯410 ムカシトンボ 2012

e0065734_0153549.jpg

「ムカシトンボ 2012 Early summer」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

今日は8月8日。あいかわらず、ごっつう遅れて進行虫。

さて、虫に限らず、生き物を追っかけてると、そこまで激レアじゃないのに出会えなかったり、時期になると目にはするけど、写真に撮ろうと思うとなかなかうまくゆかない種がいたりします。

私にとっては前者は野鳥のアトリがいます。かれこれ30年以上、片想い中です。
あと、ほ乳類だとチーターですね。野生のね。私はケニアまで行って、出会えずに泣いて帰ってきました。そのあと、里見たつき先輩が「ケニア行ったら見れたよー♪撮れたよー♪」

そしてウチのおふくろまでもが「ケニア行ったら見れたよー♪撮れたよー♪」

∑(`□´/)/ ナニィィイイイ!!。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。 ウワァーン!!!!(ノ`△´)ノ ┫:・'∵:.┻┻:・'.:∵ヤッテラレルカアアアァァァァァ!!!!

そして後者は、ムカシトンボであります。

飛んでる姿や産卵行動は見たことがありますが、撮影となるとこれがまた難しい。
なかなか撮れないなーと思ってるうちに、

第3のムカシトンボが中国で発見されてしまった。

おそるべし中国であります。まあ、日本とヒマラヤに生息してるのだから、中間に位置する中国にも生き残ってる可能性はあっただろうとは思えますけど、それは発見されたから言えるのであって、よくぞまぁ見つけましたよねぇ。

そんなこんなで、これは今シーズンは気合い入れて、日本のムカシトンボの画像をゲットせねば、と思っていたのであります。

で、撮れたのでありますが、ムカシトンボを撮れたこともさることながら、人との出会いにも恵まれて、めちゃテンションあがった初夏でありました。
うーん、やっぱり時間があったらフィールドに行くべきですよね!!

ところで、撮影していたこのムカシトンボのメス。このあと、ぽとっと地面に落下し、そのまま動けず。私はもう、何が起きたのか理解できず、???でした。
「日陰ですし、産卵中に体温が低下して、掴まることもできずに落ちて、こうして動けなくなっちゃうことがよくあるんですよ」

ええええええええええ!!!???

そうか、初夏とはいえ5月、日陰は気温も低いので、こんなことが生じるのですね。

なんというかその ...

ぽろりもあるでよ。


ただいま、神奈川県立生命の星・地球博物館(〒250-0031 神奈川県小田原市入生田499) で、

2012年度特別展「大空の覇者 -大トンボ展-」

を開催虫です☆

7月14日(土曜)~11月4日(日曜)
午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館日:月曜日(祝日・振替休日にあたる場合は翌平日)、館内整備日(奇数月の第2火曜日)

20歳以上65歳未満(学生を除く)510円
15歳以上20歳未満・学生(中学生・高校生を除く)300円
高校生・65歳以上 100円
中学生以下 無料

7月に、文一総合出版より共著で、図鑑「日本のトンボ」を上梓された、昆虫写真家の尾園さんも全面協力なさった渾身の展示内容です!
まだスケジュール調整できてないけど、期間中にぜったい、私、行く!!
e0065734_183719.jpg



また、熊谷市立図書館では、埼玉県立自然の博物館と熊谷市立図書館の共催展として、

自然科学展「さいたまの多様な生き物たち」

が開催されています。こちらは、Matszさんの素晴らしいトンボ飛翔写真がたくさん展示されています。Matszさんの写真については、以前の展示と同じ内容のようですので、このブログの過去の「こちらの記事」もご参考になさって、ぜひ足をお運びくださいね♪

熊谷市立図書館HPはこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-05-27 00:14 | 近隣の水系
2012年 05月 25日

Wake up♯409 ウズラカメムシ 2012

e0065734_2112429.jpg

「ウズラカメムシ 2012 Early summer」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

横から見ると、宇宙船みたいだ。
腹部がぱんぱんに膨れてるけど、たっぷりと食事(吸汁)した直後だったのかな?
もしくはメスで、産卵体制が整って、腹に卵がぎゅうぎゅうなのかも。

8/8 追記:渡良瀬オフ会でご一緒させていただいた、カメムシのスペシャリストのお一人、鶉さんより「おそらく卵を産む前だと思われます」と解説をいただきましたヽ(*^^*)ノ
ありがとうございます☆

そういえば、ウチのタガメも、メスは産卵時期になると卵で腹部がぱんぱんになります。
それはもう、越冬時の薄平べったくってぺちゃんこな姿からは信じがたい、ぱっつんぱっつんな状態までメタボ的に膨張するのであります。
画像のウズラちゃんも、腹部ははち切れんばかりに膨らんでいます。次世代を担う大切な卵で満たされているのですね(*´∇`*)

[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-05-25 21:11 | 近隣の水系
2012年 05月 23日

Wake up♯408 がんもさんとライトトラップ 2012(その2)

e0065734_20203468.jpg

「雨の夜の山のなかで 2012 Early summer」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Nikon Capture NX/Photoshop CS2

雨はやむ気配がありません。お、やんだかな?と思うと、すぐにまたしとしとと降ってきます。
蛾はそれなりに飛来してくれてはいますが、もう一押しが、雨に阻まれてる感じ。

「おっ、いたいた。これがね、ヒメジョウカイの仲間なんだよ」
がんもさんが、小さな甲虫を見つけて毒ビンに入れます。
ヒメジョウカイ??甲虫の調査まではじめたんですか??!!
「いやいや、見かけたら採集しといてくれって頼まれてるんだよ」

e0065734_20404869.jpg

「雨の夜の山のなかで 2012 Early summer」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

この日はとても元気だった、がんもさんですが、数年前、体長を崩されていたときがありました。
どうにもこうにも、調子が悪くてつらかったのだそうです。
「幼虫の世話するのもしんどくて」
「いまなに飼ってるんですか?」
「キョウチクトウスズメの幼虫がいるよ。枕元に置いて観察してるんだ」

… キョウチクトウスズメの食草のキョウチクトウって、猛毒もってるよね。

体長悪かったの、そのせいじゃないんですか・・・(;^_^A アセアセ・・・
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-05-23 20:19 | 周辺の山
2012年 05月 21日

Wake up♯407 がんもさんとライトトラップ 2012(その1)

e0065734_0543942.jpg

「雨の夜の山のなかで 2012 Early summer」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

夜回りに行ける時間がある日にかぎって、雨だったりします。
でも、夜の虫は、そこそこの雨天でも意外と活動してたりするのです。
というわけで、小雨降る山中に車を走らせていました。

しばらくすると、外灯のないはずの場所に煌煌と灯りがあるのが見えました。
お、もしかして外灯が新設!?と思ったら、東屋で誰かがライトを灯していたのでした。
なんだ、キャンプかなにかか、と思ったのですが、どーも様子がちがう。

んんん??

東屋の横に駐めてある車は ... YNGDさんのトヨタじゃんΣ(゚ロ゚」)」

e0065734_14884.jpg

「雨の夜の山のなかで 2012 Early summer」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Nikon Capture NX/Photoshop CS2

車をとめて、てけてけと歩いて行きました。向こうからは、逆光でこちらがよく見えていません。
「こばわー☆」
「あぁ、君か(笑)雨の中、こんな時間にこんな山奥に誰が来たんだろうって思ったよ(笑)」

ライトトラップをしていたのはYNGDさんとNKOさん、そしてチーカナの顧問的存在のがんもさんの3名でありました。

この瞬間、私のあたまのなかでピンとくるものが。
以前、近所の河原で、まったく同じメンバーでライトトラップされているところに、私が下の子を連れて飛び入りさせていただいたことがあります。

あの日は雷鳴轟く豪雨のなかのライトトラップでありました。

やばい。今日も雨じゃん。。。(^▽^;)

「あいにくの雨ですねー。なんか私が居合わせると雨みたいで(笑)おかしいなー、わたし曇り男なんですけどねー」

とりあえず先に言われるまえに、自分から宣言しておく。
「そろばんづく」を通り越して、腹黒い計算であります。

e0065734_1315291.jpg

「雨の夜の山のなかの面々 2012 Early summer」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

天候は、小雨になったかと思うと本降りになったりの繰り返し。
でも、さすがは鱗翅目。マクロからミクロまでつぎつぎに飛来します。

蛾は鱗粉が雨をはじくので、多少の雨天でも活動します。
とはいえ限度というものがあり、雨あしが強くなると雨宿りできる場所に避難しようとします。
なので今回も、本降りになると、蛾の数がわらわらと増える感じでありました。

輝くライト。黙々と白い布をチェックしてゆく3人(^▽^;)
このあたりは、それぞれの人柄が如実に出ますですね。川北さんと蛾LOVEさんがライトトラップすると、「うぉぉぉ、なんかヤバそうなのきた!!」「ヤバヨトウだ!!」とか、ずーっとしゃべってますから(笑)

ライトトラップな夜はつづくのでありました。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-05-21 00:48 | 周辺の山
2012年 05月 19日

Wake up♯406 Tau emperor Maniax エゾヨツメ 2012

e0065734_0493136.jpg

「裏のT 2012 Spring」
Canon EOS20D/Canon Macro Photo Lens 35mmF2.8/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

後翅の裏側から見た、Tの紋章です。

これぞまさしくTバック。

e0065734_0545529.jpg

「エゾヨツメのメス 2012 Spring」
Canon EOS20D/Canon Macro Photo Lens 35mmF2.8/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

エゾヨツメのお顔を撮影するときに、いつも困るのが、前肢で複眼を隠してしまうこと。
木や草に静止しているとき、中肢と後肢でつかまり、前肢はフリーにした姿勢が好きらしいんですね。
で、場合によってはその前肢をクロスさせたりしてまで、複眼を隠そうとする。

エゾヨツメにかぎらず、クロウスタビガなども同じ傾向があります。オオミズアオなどもときどきやります。
私は勝手に「だっちゅーのポーズ」と呼んでいますが(笑)、シャクガ系やヤガ系などでは見た記憶ないので、野蚕の身体構造が原因なのかな、なんて思っています。


Wake up♯405 Tau emperor Maniax エゾヨツメ 2012はこちら
Wake up♯404 Tau emperor Maniax エゾヨツメ 2012はこちら
Wake up♯399 Tau emperor Maniax エゾヨツメ 2012はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-05-19 23:48 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2012年 05月 18日

Wake up♯405 Tau emperor Maniax エゾヨツメ 2012

e0065734_21303794.jpg

「エゾヨツメのメスのお尻 2012 Spring」
Canon EOS20D/Canon Macro Photo Lens 35mmF2.8/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

昨日に続いてエゾヨツメの続き。
とてもおとなしいので、あれこれビシバシ撮影します(笑)
触角に続いて、キュートなお尻。

e0065734_21361894.jpg

「エゾヨツメのメス 2012 Spring」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Nikon Capture NX/Photoshop CS2

ところで、道路脇で撮ってると、けっこう車が通過してゆきます。
けっこーな山の中で撮ってても、車が来ます。
深夜で、しかもこんな山奥なのに、いったいどこに行こうとしてるんだろうって、私は思っているんですけど、真っ暗な山奥で、ふと外灯がぽつんとあったその下で

なにかを撮影している男

がいたら、いぶかしむのは先方の車の方であります。。。

そんなわけで、通過する車がスピードダウンして、あいつなにやってるんだ?なにか撮ってるのか?と、車から見られてる感びしばしで、いつも撮影しているのでありましたσ(^_^;)


Wake up♯404 Tau emperor Maniax エゾヨツメ 2012はこちら
Wake up♯399 Tau emperor Maniax エゾヨツメ 2012はこちら
Test ♯819 Tau emperor Maniax 2008はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-05-18 21:29 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2012年 05月 17日

Wake up♯404 Tau emperor Maniax エゾヨツメ 2012

e0065734_2354878.jpg

「深紅のライン 2012 Spring」
Canon EOS20D/Canon Macro Photo Lens 35mmF2.8/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

夜、自宅周辺の山を流してみました。
GWということで、山あいにある河川敷はバーベキューを楽しむ家族連れがあちこちで見受けられます。
一方で、外灯に飛来した蛾の数は少なめ。

ガードレールにいた小さな蛾を撮影していたら、
道路脇にとめていた自分の車に、いつのまにか三角形のアンテナが生えている。
ん??と思ってライトで照らしたらエゾヨツメのメスでした。

e0065734_153928.jpg

「エゾヨツメのメス 2012 Spring」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

オスは立派な櫛状の触角ですが、メスはシンプルな、いわゆる標準形であります。
でも拡大して見ると、トゲトゲがあったり、けっこう複雑な造形してますね。

Wake up♯399 Tau emperor Maniax エゾヨツメ 2012はこちら
Test ♯819 Tau emperor Maniax 2008はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-05-17 23:04 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2012年 05月 15日

Wake up♯403 Ladybird Maniax ヒメカメノコテントウ 2012

e0065734_22552820.jpg

「ヒメカメノコテントウ 2012 Early summer」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

GWに撮影。
この日は、午前中は一寸野虫さん、蛾LOVEさんと3名で、所用のある一寸野虫さんがお昼で離脱したあとに、入れ替わりで The SAFARI さんが合流してふたたび3名で山梨へ、という一日でありました。

合流した The SAFARI さん、第一声は「明日から3ヶ月間、アメリカにホームステイに行ってきます☆」

は?明日!?

合流したのがお昼で、翌日のお昼には成田、午後には機上の人であります。
若いって、すごい。。。

さてテントウムシといえば、ナミテントウが壮絶な色彩変異を誇りますが、そこまでではないものの、このヒメカメノコテントウもそこそこ変異があります。

わりと人家の庭にも飛来してアブラムシ食べてることがありますので、ナミテンより小さいヤツがいないかな、と、探してみてくださいね☆
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-05-15 22:54 | 近隣の水系