「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 31日

Wake up♯379 トビモンオオエダシャク 2012

e0065734_20343739.jpg

「羽化し翅をのばすトビモンオオエダシャクのオス 2012 Early spring」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

春がきたというより

春が、デター!!

という感じがする蛾でありますo(〃^▽^〃)o

名前の通り、大型な蛾であります。
大きな蛾はいろいろいますけど、早春まっさきに姿をあらわすのがトビモンオオエダシャク。
初冬からずっと、冬尺蛾とかデコボコマルハキバガ(笑)とか、小型な蛾ばかり観察してしてきて、目がすっかり小さい蛾に慣れきってしまったところに、喪黒福造のように

どーーーーーん!

と出てくるので、インパクト大きい種でありますね(笑)ヽ((◎д◎ ))ゝヒョエ~



TWake up♯187 トビモンオオエダシャク 2011はこちら
Test ♯845 トビモンオオエダシャク 2008はこちら
Test ♯436「トビモンオオエダシャク」はこちら
Test ♯419「トビモンオオエダシャク、ふたたび」はこちら
Test ♯405「トビモンオオエダシャク」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-03-31 20:32 | そのほかの水系
2012年 03月 29日

Wake up♯378 クロテンフユシャク 2012

e0065734_23364172.jpg

「クロテンフユシャク 2011-2012 Winter」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/白色LED/Photoshop CS2

昨年2011年の12月に、こんなニュースが報じられました。
「冬の寒さで二種類に分化 京大研究員、ガの調査で発見」(朝日新聞)

京都大学の理学研究科動物生態学研究室特定研究員、山本哲史氏が研究発表したもので、
「1種の生物種が複数の生物種に分化する現象が、冬の寒さによって促される」
というものです。

この研究でDNA解析されたのが、クロテンフユシャクであります。


Test ♯971 クロテンフユシャク天国 2009はこちら
Test ♯964 トイレとカメラとフユシャクとはこちら
Test ♯960 フユシャクのメス捜索隊 2008-2009 Winterはこちら
Test ♯799 クロテンフユシャクはこちら
Test ♯373「クロテンフユシャク」はこちら
Test ♯371「クロテンフユシャク」はこちら
Test ♯350「クロテンフユシャク」はこちら
Test ♯336「クロテンフユシャク」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-03-29 23:36 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2012年 03月 28日

Wake up♯377 ブナキリガ 2012

e0065734_2052354.jpg

「ブナキリガ 2012 Early spring」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

吸蜜して満腹になったのか、淡紅八重の梅の花で一休み。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-03-28 23:51 | そのほかの水系
2012年 03月 26日

Wake up♯376 チャオビフユエダシャク 2012

e0065734_1392844.jpg

「チャオビフユエダシャク 2011-2012 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

今年も行ってまいりました、山梨県産チャオビフユエダシャクであります。
ここ数年、今年は異常気象だねぇとみんなで合唱し、今年はタイミングがつかめねぇとみんなで叫んでる気がいたしますが(笑)、今年もチャオビのタイミングがすごく難しかったであります。

今シーズンも一寸野虫さんとともに行き、1回目では、羽化したばかりのヒロバのオスがいるものの、ぜんぜんチャオビが見つからない。うーむ、今年は遅れているんだなぁと判断。
現場を切り上げて、ふらふらと近くの外灯を廻っていたら、いた!チャオビがいた!0.5秒だけいた!!カメラ構えるすきも与えられずに暗闇に飛び去った!!!Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん!

e0065734_1441263.jpg

「チャオビフユエダシャク 2011-2012 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

というわけで2回目決定。
ところが翌週行ったら、現場にいたはいたけど、なんかオスに新鮮さがない。

頼むから、平日に羽化してその週末にはぼろぼろになるのやめてよ・゚・(ノД`;)・゚・

虫は四季よりはるかに細かい二十四節気というけれど、一部の種では、もっと細かい七十二候(5日単位)で動かないと追いきれないのでありました。。。


Wake up♯169 チャオビフユエダシャク 2011はこちら
Wake up♯36 山梨チャオビ捜索隊 2010はこちら
Test ♯972 山梨チャオビフユエダシャク捜索隊 2009はこちら
Test ♯843 チャオビフユエダシャクふたたびはこちら
Test ♯811 チャオビフユエダシャク捜索隊(その2)はこちら
Test ♯801 チャオビフユエダシャク捜索隊(その1)はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-03-26 01:38 | そのほかの水系
2012年 03月 24日

Wake up♯375 チャイロキリガ 2012

e0065734_21251090.jpg

「アセビの花に飛来したチャイロキリガ 2012 Early spring」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

一寸野虫さんと、狭山のATSさんのフィールドにおじゃましてきました。
三人でアセビの花をみてゆくと、たくさんの蛾が訪花し吸蜜しています。
飛来する面々は、春の蛾が多くなってきました。
このチャイロキリガも早春に羽化し、年に一度、この季節にだけ出会うことができる種です。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-03-24 23:24 | そのほかの水系
2012年 03月 22日

お知らせ 虫愛ずる一日 2012

e0065734_082185.jpg

「シロオビフユシャク 2011-2012 Winter」
Canon EOS KissX/EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM/Photoshop CS2

あいかわらず3ヶ月遅れで進行虫。今日は6月15日。
明日16日は、

『虫愛ずる一日2012 indoor編』

が開催されます。私も、ほんのちょびっとだけ展示に協力させていただきました。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-03-22 23:06 | Season event
2012年 03月 20日

aside ♯24 並びモノ

e0065734_15411717.jpg

「シモフリトゲエダシャク 2011-2012 Winter」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

自分が撮影した画像を見ていて、ふと気づきました。
私は、なにかが並んでるというか、パターンになってるものが好きらしい(笑)

e0065734_15432972.jpg

「ウスバフユシャク 2011-2012 Winter」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

そう思って見返すと、あちこちにパターン化の写真が出てくる(笑)
並んでいるのは背景ばかりとは限らず。

e0065734_15461075.jpg

「グランドガゼル」 Kenya
Nikon FM2/Ai100-300mmF5.6s/Kodak PictureCD/Photoshop CS2

20年以上前に撮ったカットにすでにその傾向が(^▽^;)

虫にはナミアゲハとかナミテントウがいるけど、わたしのはナミ写真ですなぁσ(^_^;)
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-03-20 23:37 | Irregular serial
2012年 03月 18日

Wake up♯374 スジモンフユシャク捜索隊 2012(その2)

e0065734_1929745.jpg

「スジモンフユシャクのオス羽化不全 2011-2012 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

漆黒の闇からわらわらと湧き出ては、モミの樹皮にとりついて、黙々と樹冠へむけて歩いて登ってゆく多数のオスたち。

そんななかで、今回、私がいちばん時間をかけて撮影したのが、今日のこの子。

羽化不全で、翅がよじれてしまい飛ぶことができません。
それでも彼は、羽化したあと地面を歩き、モミの木に辿り着き、遅れをとりながらも必死に樹皮を登ってゆきます。

メスも歩いて樹皮をのぼってゆくので、彼にはまだ交尾のチャンスが残っているのであります。
まだ命の息吹が乏しく、マンサクのつぼみがようやくほころびはじめた静かな晩冬の森の夜。
羽化がけして順調にはいかなくても、小さな命は懸命に生きているのでした。



Test ♯974 片翅のシロフフユエダシャクはこちら
Test ♯585「命を全うするということ」はこちら
Test ♯327「命が尽きるということ」はこちら
Test ♯294「生きるということ」はこちら
Test ♯194「生きるということ」はこちら
Test ♯126「命を失うということ」はこちら
Test ♯78「天使の羽」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-03-18 23:26 | 近隣の水系
2012年 03月 16日

Wake up♯373 スジモンフユシャク捜索隊 2012(その1)

e0065734_3292040.jpg

毎年恒例の、そのスジのモノ捜索隊。
最初に設定した週末は、なんと雪。山々が真っ白に化粧して、それはそれは絶景でありましたが、

スジモンのポイントに辿り着けねぇヾ(。`Д´。)ノ彡☆

e0065734_320168.jpg

「スジモンフユシャク 2011-2012 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

仕方なく翌週、再チャレンジ。あーんなに雪降ったんだから、きっと、そのスジの方々も遅れが出てるに違いない、なんの根拠もないけど、そうに違いない。
現場に到着すると、雪がこれっぽっちもない。一週間経ってるとはいえ、もすこし残雪があるかと覚悟してたので、ちょっと拍子抜け。

でもタイミング的にはビンゴだったようで、日没とともに温泉の湯気のように湧き出てくるスジモンのオスたち。

e0065734_3393139.jpg

「スジモンフユシャク 2011-2012 Winter」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

ここまではシナリオ通りであります。
問題はここから。
数えるのがイヤになるくらいのオスがいても、ここ数年でメスに出会えたのはたった2頭だけ。
一寸野虫さんと、モミの木を、それはもう根元からはるか頭上まで舐め尽くすように探してゆきますが、いないんですよねーε- ( ̄、 ̄A) フゥー

なにか根本的にやり方を変えないと、樹皮とオス、の画像ばかりが毎年大量生産されてゆくばかりであります。。。うーん。。。


Wake up♯167 スジモンフユシャク捜索隊 2011はこちら
Wake up♯40 スジモンフユシャク捜索隊2010はこちら
Test ♯967 スジモンフユシャク捜索隊 2009はこちら
Test ♯802 スジモンフユシャク捜索隊 2008はこちら
スジモン捜索隊「スジモンフユシャク」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-03-16 23:18 | 近隣の水系
2012年 03月 14日

Wake up♯372 チャエダシャク 2011

e0065734_043043.jpg

「チャエダシャク 2011-2012 Winter」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

やべえ、忘れてた(>▽<;; アセアセ

12月30日。虫クラスタのまむしさんを迎えてフユシャク捜索に行ったときに撮影した子です。
チーカナからは、一寸野虫さん、蛾LOVEさん、真神ゆ。

あ、フユシャクがいる、と思ったらチャエダシャクのメスでした。

e0065734_0135259.jpg

「チャエダシャク 2011-2012 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/Photoshop CS2

スレて、翅の模様が、なんかハリーポッターに出てくる敵役みたいになっちゃってはいるものの、まだ元気そうだったから、きっと年を越したんじゃないかなー。
それにしても、蛾って寒さに強い種が多いですよね。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2012-03-14 23:01 | そのほかの水系