「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 30日

Wake up♯280 シマリス 2011

e0065734_20494413.jpg

「オルガン弾き」
Canon EOS Kiss Digital X/EF70-200mm F2.8L IS USM/EXTENDER EF1.4×II/Photoshop CS2

その日、層雲峡は晴れたり雨降ったり。めまぐるしく変わる天気でした。
ロープウェーとリフトに乗って、標高1,984mの黒岳山頂へ。
さて眺めのよい山頂でお弁当。。。どころではありません。
なんじゃこの強風わー!!

どっびゅーーーξξξξξξξξξ⌒v⌒v⌒ヽ(。◇゚)ノ☆ヽ(o_ _)oポテッξξξξξξξξξ彡

吹き飛ぶ食欲。
登頂して5分で下山開始。

e0065734_1202640.jpg

「シマリス 2011 Summer」
Nikon D300/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM/Photoshop CS2

そんな黒岳の中腹で出会ったのがシマリス。
慣れてるのか、一定の距離を保てば、人の姿を見てもすぐに逃げることはありません。
もちろん慣れてるといっても安易に近づけば、俊敏にすたたたっと去ってしまいます。
これがまた神出鬼没でありまして、ぼーっとタバコ吸っててふと足下見ると、踏んでしまいそうな近さに、いる。
あっ!と思った瞬間、すたたたと行ってしまう。
見失って、あー撮影できなかったと凹んで座る。カメラを右横に置く。左見る。

目の前にいる。∑(`□´/)/ ナニィィイイイ!!

カメラを持つまえに、すたたたと消える。

こうして、8回くらいもてあそばれますた(^▽^;)
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2011-09-30 23:19 | Season event
2011年 09月 29日

Wake up♯279 てふてふ捜索隊 キリシマミドリシジミ 2011

e0065734_21261946.jpg

「キリシマミドリシジミのメス 2011 Summer」
Canon EOS Kiss Digital X/EF70-200mm F2.8L IS USM/EXTENDER EF1.4×II/Photoshop CS2

一寸野虫さんとキリシマに会いに、ふたたび西へ。西へ西へ西へ。
現地で、Dodo-boyさん、ノゾピーさん、kanabunさんと待ち合わせ(^^)
空は激しく雲が流れ、青空が出たり消えたり。
「これで、日差しがかーっと出てくれると、キリシマがばんばん飛び始めるんですけどねー」
こればっかりは運であります。
時折、日差しが出るとぶわーっと暑くなります。で、ひょいと陰って小雨が降ったりする。

と、林縁を白い物体が蛇行しながらびゅんと横切りました。
「ほらあれ、キリシマですわ」

わ、想像してたより大きいし、すごく白く見える。
しばらくして、また横切ってゆく。
日差しはイマイチだけど、活動を開始してくれたようであります。
高まる期待。
あ、横切った。あそこ飛んだ。ほらほら2頭いた。

降りてこねぇ。。。

そのうちばんばん飛び始めて、どこ見ていいかわからない状態。
でもやっぱり日差しが不足しているのか、樹木のかなり上のほうに降りてしまう。
で、翅をひろげてぺたん。

うーん、この距離はきつい。Dodo-boyさんのデジスコなら大きく写る感じ。

みんなで見上げて首が痛くなってきたところで、目前の暗がりの低めの位置に三角形が。
「メスとちゃいますか」

それはそれはきれいなキリシマのメスでありました d(⌒o⌒)b♪
最後にじっくり姿を見れて、めでたしめでたしな一日でした。
Dodo-boyさん、ノゾピーさん、kanabunさん、ありがとうございました☆
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2011-09-29 23:24 | そのほかの水系
2011年 09月 28日

Wake up♯278 カブトムシ 2011

e0065734_237695.jpg

「カブトムシ 2011 Summer」RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

株 to 虫、って新しいビジネスにならないかな。
東京市場では本日もカブトムシは全面安。
だって、幼虫は餌大喰らいだしね。採卵して幼虫を育てるより、野外で捕まえてきたほうがコストは安い。
ウチでも地元のカブトを累代で育てて近所の子にあげてますけど、正直、餌代がはんぱない。
庭の草むしりしたものをビニールに入れて、水をばしゃばしゃ混ぜて一週間ほど日光に当てておくと餌になりますけど、それの比率が大きいと成虫は大きくはならない。
でも、育つことは育つ。
たぶんそこがカブトムシの真骨頂なのだろうなと思います。

e0065734_2347261.jpg

「カブトムシ 2011 Summer」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

よく成虫同士でくらべて、日本の昆虫の王者はカブトムシか、はたまたクワガタか、なんてやってるの見ますけど、本来カブトムシの神髄は幼虫だろうなと感じます。
とにかく他種より大きくなる。そして腐葉でも朽ち木でもなんでもござれで食べる。

ウチで衣装ケース使ってカブトムシ幼虫飼ってるのは、草むしりすると45リットル数袋になる分を、ゴミではなく有機的に分解できるかなと思ったから。
で、食べちゃうどころか、足りない(^▽^;)
オオクワ幼虫の食事後の菌糸ビンからなにから、ぜーんぶ突っ込んで、足りない。
ある程度は大きく育って欲しいから、カブト用に発酵させたマットも突っ込む。
で、生じた大量の糞は庭の土に戻す。とくに柿の木の周辺。気のせいか、やたら木の生育がいいです。
妻のSatomiの菜園に撒くと私が殺されます( ̄ー ̄;


モバイルFandF「暗闇のカブトムシ」はこちら
Test ♯958 ノコギリクワガタの冬休みはこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2011-09-28 23:12 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2011年 09月 27日

Wake up♯277 てふてふ捜索隊 クロヒカゲ 2011

e0065734_2344286.jpg

「クロヒカゲ 2011 Summer」KONICAMINOLTA DiMAGE X1/Photoshop CS2

フィールドに出かけた帰り。高速道路のサービスエリア。
飲み物を買って振り返ったら、ガラス窓に生き物の気配。
ん?あの黒い影はなんだ??と近づいてみたら、クロヒカゲ。

そのまんまやんけσ(^_^;)

ガラスにとまってるんだけど、なんだか宙に浮いてるように見える。
虫チュエーション写真、発動((( ̄( ̄( ̄д( ̄д ̄)д ̄) ̄) ̄)))


Test ♯509 てふてふ捜索隊「クロヒカゲ 2007」はこちら
Test ♯180「クロヒカゲ」はこちら
Test ♯246「クロヒカゲの死」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2011-09-27 23:03 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2011年 09月 25日

Wake up♯276 オオツノトンボ 2011

e0065734_2113540.jpg

「オオツノトンボ 2011 Summer」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Nikon Capture NX/Photoshop CS2

外灯の下にいたオオツノトンボ。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2011-09-25 23:07 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2011年 09月 24日

Wake up♯275 てふてふ捜索隊 クロシジミ 2011

e0065734_2194092.jpg

「クロシジミ 2011 Summer」
Nikon F100/AF-S17-35mmF2.8D/Fujifilm SUPERIA X-TRA400/FUJICOLOR CD/Photoshop CS2

夏の暑い日。草むらをかきわけてゆくと、いましたクロシジミ。
黒っぽい色は、コントラストが強い日差しを利用するかのように、保護色として機能しています。
けっこう黒めなものから、明るいグレーというか白っぽいものまで変異があります。

e0065734_22134463.jpg

「クロシジミ 2011 Summer」
Nikon D300/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM/Photoshop CS2

先日のキマルリ同様、クロシジミの幼虫も、ある特定のアリと深い関係をもっています。
キマルリはハシブトシリアゲアリ。
クロシジミはクロオオアリ。
ゴマシジミはシワクシケアリ。
オオゴマシジミはヤマアシナガアリ。

e0065734_22435348.jpg

「クロシジミ 2011 Summer」
Nikon F100/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Fujifilm SUPERIA X-TRA400/FUJICOLOR CD/Photoshop CS2

クロシジミにとってアリは、まさしくアリガトウなのでありました。

Test ♯638 てふてふ捜索隊 クロシジミはこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2011-09-24 23:08 | そのほかの水系
2011年 09月 22日

Wake up♯274 AKBコノハ 2011

e0065734_2041421.jpg

「アケビコノハ 2011 Summer」
Nikon FM2/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Fujifilm SUPERIA X-TRA400/FUJICOLOR CD/Photoshop CS2

お子ちゃまAKBであります。

チーカナのなかでは、一寸野虫さんが昔から幼虫も熱心でした。
で、昨年「庭のイモムシ・ケムシ」が発売になりまして、内容にたずさわりさらに表紙デザインも担当した蛾LOVEさんが、急ーげきに幼虫にもベクトルが向き始めますた。もー、若いから幼虫を覚える覚える。

すでに成虫すらもあきらめてる真神ゆ。木枯らしが左耳から右耳へと吹き抜ける。

e0065734_21204945.jpg

「アケビコノハ 2011 Summer」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

考えてみると、ナミアゲハの幼虫はあたまに入ってるんです。
生家に柑橘系が1本あって、それが縁側のすぐ横に植わってました。
毎年、気がつくとアゲハの幼虫がいました。
昆虫少年の時代がなくとも、やっぱり子ども時代に見てたものって頭に残るんでしょうね。

。。。もう無理っす。


Test ♯722 アケビコノハはこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2011-09-22 23:37 | そのほかの水系
2011年 09月 21日

Wake up♯273 てふてふ捜索隊 キマダラルリツバメ 2011

e0065734_11346.jpg

「キマダラルリツバメ 2011 Summer」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

三島町文化財報告書 第22集 文化財基礎調査VI「キマダラルリツバメ」(改訂版)
2010年12月 福島県大沼郡三島町教育委員会 只見川流域自然史研究会 編集・発行

というものを読みました。

以下、抜粋であります。興味を持たれた方は上記報告書(立派な冊子です)をぜひお読みください☆

キマは、亜種として5亜種あるとする見解と、3亜種という見解があるようです。上記では諸処鑑みて3亜種で解説されています。原名亜種(ssp.Takanonis)、東北亜種(ssp.Septentrionalis)、関東亜種(ssp.Ohkuranis)であります。

この区分けでいうと、関西で撮影した今日のキマは原名亜種、2010年に東北で撮影した個体は東北亜種になります。

e0065734_146353.jpg

「キマダラルリツバメ 2011 Summer」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

ギフチョウの発見で知られる名和靖が、1896年(明治29年)に創立した「名和昆虫研究所」。
この研究所の名和梅吉が、1899年(明治32年)にクワの害虫調査を岐阜県で行った際に採集されたのがキマルリの最初の学術的記録(「昆虫世界」Vol.3-No.26)となるそうです。

以上、冊子の1%ほどを引用させていただきました。
いやーなんというか、情熱がないと調べあげられない内容が満載であります。
冊子を紹介くださった、チョウキチさんに感謝感謝であります(^人^)♪
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2011-09-21 23:12 | そのほかの水系
2011年 09月 20日

Wake up♯272 アリsp 2011

e0065734_23352947.jpg

「何があったのだろう」Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

道を歩いていて見つけた、雛。
思わず周囲を見たのは、そこには巣がありそうな樹木がないから。
んんん?この雛はどこから落ちてきたんだろう???

可能性としては、カラスが襲って雛を強奪したものの、落としてしまった、とか。

かわりに襲いかかるのが、アリ。
クロオオアリかなぁと思うのですが、

「アリの同定なら、採集しておかないと、ム、リ☆」

という言葉が脳裏を除夜の鐘のように108回響き渡ったので、spということで(´・`)


Wake up♯208 クシケアリsp 2011はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2011-09-20 23:34 | そのほかの水系
2011年 09月 19日

Wake up♯271 セグロベニトゲアシガ 2011

e0065734_301059.jpg

「セグロベニトゲアシガ 2011 June」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

セグロベニアシトゲガかと思ったら、正しくはセグロベニトゲアシガでありました。
私も思いっきりまちがえて蛾LOVEさんから指摘をいただきますた。

e0065734_3133246.jpg

「セグロベニトゲアシガ 2011 June」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

ちなみにgoogleで検索すると、誤りの「セグロベニアシトゲガ」がけっこうたくさん出てきます。152件。
「みんなで〜」の【旧名,別名,害虫名,同定ミスなど】に、ぜひ「セグロベニアシトゲガ」も追加してみては、と思いました。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2011-09-19 23:58 | そのほかの水系