<   2011年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 31日

Wake up♯199 マツキリガ 2011

e0065734_0343766.jpg

「読みたい。。。 2011 Spring」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Nikon Capture NX/Photoshop CS2

小さくてかわいい、そして模様も美しいマツキリガであります。

成虫越冬組ではなく、年に1度、春に成虫が出てきます。
学名がPanolis japonicaだけど、日本固有種なのかな?

ちなみにマツキリガで検索すると、Panolis flammeaという種もマツキリガとして出てきます。
画像を見ると、よく似ています。
いまのところ日本に分布するPanolis属はjaponicaのみなので、
flammeaは大陸産のご親戚なのかな?


Test ♯890 空中浮遊「マツキリガ 2008 Spring」はこちら☆
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2011-05-31 00:33 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2011年 05月 29日

Wake up♯198 カワトンボsp 2011

e0065734_414365.jpg

「カワトンボsp 2011 Early summer」
Nikon F100/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Fujifilm SUPERIA X-TRA400/FUJICOLOR CD/Photoshop CS2

カワトンボにspがつくことについては、こちらをご参照ください。

e0065734_21164976.jpg

「カワトンボsp 2011 Early summer」
Nikon D300/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM/Photoshop CS2


Test ♯864 カワトンボsp 2008はこちら
Test ♯503「カワトンボsp」はこちら
Test ♯460「カワトンボsp 2007」はこちら
Test ♯170「カワトンボ」はこちら
Irregular serial ♯3「カワトンボ」はこちら
Irregular serial ♯2「カワトンボ」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2011-05-29 04:14 | 近隣の水系
2011年 05月 26日

Wake up♯197 Spiders Maniax フノジグモ 2011

e0065734_3481890.jpg

「フノジグモのメス 2011 Early summer」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

9月18日に撮影したデータを蛾LOVEさんに渡すために川原で芋煮して待って、先ほど完了。(本日は9月28日。)

大震災で式をあげられなくなったカップルを、友人有志が「ドッキリ」で企画したこの「手づくり結婚披露パーティ」。
幹事の方たちの努力が実り、じつに素敵なパーティでした。

e0065734_0124562.jpg

「フノジグモのメス 2011 Early summer」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

で、新婦側に列席していたのが蛾LOVEさん。
というわけで、私に撮影の役の打診がきたわけです。

大震災後、さまざまな募金が募られましたが、私個人は遠からず、お金ももちろんだけど、メンタル面でのサポートが重要になるだろうと感じていました。
縁あって成田童夢さんの募金にも託しましたが、心のなかでは、もっと先のことを考えなくちゃ、なにができる?と思ってました。

なので、蛾LOVEさんから打診があった際には即OKで回答しました。
そうだよ、微力ながら私には写真があるじゃん。結婚披露宴も400件くらい(数えてないから正確な数字がわからなひ)撮影してきたキャリアがあるわけで、これで役に立ち、喜んでもらえたら冥利に尽きることこのうえないであります☆

e0065734_0131888.jpg

「フノジグモのメス 2011 Early summer」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

じつは似たような意識が虫の写真にもあって、常に誰も撮らなさそうなシチュエーションをさがし、可能な限りストロボ使わないとか、自分の写真力を全開にして相対してたりしています。

ただそこで壁となるのが種の同定。
野鳥からスタートしましたが、どちらかというと博物学的な視点が好みなので、蛾も蜘蛛も数が多すぎて種名があたまにはいらない。

幸い、一寸野虫さんや蛾LOVEさんというエキスパートな方と巡り合え、質問すれば教えてもらえる幸運な環境になったわけですが、じゃあ、チーカナのなかで自分には何ができるか。

このブログを「Phase 2」と名称変更したのは、私にできるなにかをやるために、ステップアップしなきゃという自分への鼓舞なのであります。

さてさてフノジグモ。
今日の画像はすべてメスであります。
和名の由来は、腹部の黒い模様が漢字の「不」に見えるから。

メスは真紅だっりオレンジだったり、ご覧の通り黄色の個体もいます。

この日はオスも見つけましたが、ブレてましたヽ(;▽;)ノきゃー

「上記以外でフノジグモのネタない?」
「・・・」(蛾LOVEさん)

はい、自分でネタさがしまーす(^^;;
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2011-05-26 03:43 | そのほかの水系
2011年 05月 24日

Wake up♯196 ハイイロフユハマキ 2011

e0065734_22521547.jpg

「ハイイロフユハマキ 2010-2011 Winter」RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

「昔はフユシャクモドキと言われた」、「かつてフユシャクモドキと呼ばれていた」、ハイイロフユハマキであります。

では、いつ、どのような経緯で「フユシャクモドキ」から「ハイイロフユハマキ」になったんでしょう。
ちょこちょこっとネットで検索してみたけど出てこないので、蛾LOVEさんにお願いして、

ハマキガならこの人!がいすと師匠

にお話を聞きました。(以下、私が噛み砕いて書いてますので、すべて文責は真神ゆ)

「フユシャクモドキですが、1963年の「Tinea」に発表された、川辺 湛さんの論文でハイイロフユハマキに変わりました。
この論文では、保育社と北隆館でフユシャクモドキ(Tortricodes ignavana)として図示されたものは、じつはignavanaとは別の未記載種であることが示されました。
そして、図示されていたこの未記載種を、新種ハイイロフユハマキ(razowskii)として記載されました。
あわせて、もともとのignavanaは、和名新称ウスオビハイイロフユハマキとされました。」


1963年って、昭和38年であります。
初のテレビアニメ「鉄腕アトム」が放送開始され、日米間のテレビ宇宙中継受信実験が成功したと思ったらいきなりケネディ暗殺ニュースが流れてきた年であります。

東海道新幹線が開通し、東京オリンピックが開催されたのは、翌年の昭和39年。

フユハマキの歴史は新幹線より長かったのであります(^▽^;)

というわけで、自分なりにフユハマキの歴史をざっくりと、時系列でまとめてみました。
手元に図鑑現物がないものもあり調べきれてなく、間違いや不足がありましたらぜひお知らせください。

まず、ことの発端(?)となった保育社と北隆館の図鑑から始まります。

1957年(昭和32年)保育社 原色日本蛾類図鑑(上) 初版
1959年(昭和34年)北隆館 原色昆虫大 図鑑 I(蝶蛾篇)初版
Tortricodes ignavana フユシャクモドキ

ここで「学名とその虫のイラスト」が別物だったわけです。
昭和32年は、コカ・コーラが日本で販売開始とか、カラーテレビ実験放送開始とか。
昭和34年は、メートル法施行やら、南極観測隊タローとジローの無事確認やら、伊勢湾台風やら。

1963年(昭和38年)川辺 湛(Tinea , 1963)
Tortricodes razowskii ハイイロフユハマキ記載
Tortricodes ignavana ウスオビハイイロフユハマキ和名新称

1965年(昭和40年)日本周辺のフユハマキはKawabeia属として記載

1971年(昭和46年)保育社 原色日本蛾類図鑑(上)改訂新版 ... では、どうやら反映されなかった

1980年(昭和55年)Kawabeia nigricolor ウスグロフユハマキ記載

1982年(昭和57年)講談社 日本産蛾類大図鑑 初版
Tortricidae Tortricinae Kawabeia razowskii ハイイロフユハマキ
Tortricidae Tortricinae Kawabeia ignavana ウスオビハイイロフユハマキ
Tortricidae Tortricinae Kawabeia nigricolor ウスグロフユハマキ

2003年(平成15年)みんなでつくる日本産蛾類図鑑
Tortricidae Tortricinae Kawabeia razowskii ハイイロフユハマキ
Tortricidae Tortricinae Kawabeia ignavana ウスオビハイイロフユハマキ
Tortricidae Tortricinae Kawabeia nigricolor ウスグロフユハマキ

「みんなで〜」のハイイロフユハマキのページに、【旧名,別名,害虫名,同定ミスなど】 フユシャクモドキ、と記載されているためか、インターネットで検索すると、「フユシャクモドキ」をハイイロフユハマキの「別名」と表記しているサイトがいくつか見当たります。けど上記経緯を踏まえると、これは別名ではなく「旧名」として扱ったほうが無難かも。

2007年(平成19年)北隆館 原色昆虫大圖鑑 第1巻 蝶・蛾篇 新訂版
Tortricodes ignavana フユシャクモドキ

こちらは残念ながら昭和34年のままでございました。。。

なお、2011年に学研より日本産蛾類標準図鑑が順次発刊されていますが、この記事を書いてる2011.9.23現在ではまだ「どっちかっちゅーと大きな蛾」の巻までしか出ていません。フユハマキの仲間は、次の「ちっちぇー蛾」の巻に収録されると思われます。


がいすと師匠、蛾LOVEさん、一寸野虫さん、ありがとうございました☆(^人^)
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2011-05-24 22:49 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2011年 05月 23日

Wake up♯195 てふてふ捜索隊 ホソオチョウ 2011

e0065734_23352578.jpg

「ホソオチョウのオス 2011 Spring」
Canon EOS Kiss Digital X/EF70-200mm F2.8L IS USM/EXTENDER EF1.4×II/Photoshop CS2

久々登場、ホソオチョウであります。
ギフやウスバシロに近縁だそうで、なるほど、草地をゆるゆるーと飛ぶ姿は、ウスバシロや、まったりモードのギフに似た印象であります。

e0065734_10371510.jpg

「ホソオチョウのメス 2011 Spring」
Canon EOS Kiss Digital X/EF70-200mm F2.8L IS USM/EXTENDER EF1.4×II/Photoshop CS2

オスとメスでは柄がぜんぜん違うように感じますが、どうやら「白い部分が多いか、黒い部分が多いか」が異なるだけで、基本的に模様のパターンは同じだそうであります。

e0065734_10381519.jpg

「ホソオチョウの交尾 2011 Spring」
Canon EOS KissX/EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM/Photoshop CS2



Test ♯633 てふてふ捜索隊 ホソオチョウはこちら☆
Test ♯477 てふてふ捜索隊「ホソオチョウ 2007」はこちら☆
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2011-05-23 23:33 | そのほかの水系
2011年 05月 20日

Wake up♯194 アメリカシロヒトリ 2011

e0065734_2225044.jpg

「アメリカシロヒトリの交尾 2011 Spring」
Canon EOS KissX/EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM/Photoshop CS2

お花畑で、交尾しているアメシロを発見☆

かわいいであります、が、仙台では2007年につづき今年また大発生したそうで、
熊谷のマミズクラゲといい、なんだか生き物大発生が今後も起きそうですね。。。


Test ♯859 アメリカシロヒトリ 2008はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2011-05-20 22:24 | そのほかの水系
2011年 05月 17日

Wake up♯193 ハネナガブドウスズメ 2011

e0065734_23522186.jpg

「ハネナガブドウスズメ 2011 Spring」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Nikon Capture NX/Photoshop CS2

この日は春の大型蛾が出てないかなと、一寸野虫さん&蛾LOVEさんと様子を見に行きました。
夜の山あいの街道は、車がスピード上げてびゅんびゅん通るので気をつけないと危ないであります。
エゾヨツメのオスも1頭いました。

ブドウスズメとハネナガブドウスズメはそっくりであります。
なぜかよく見るのはハネナガブドウスズメばかり。私はブドウスズメは1度しか会えていません。
しかも山手線の五反田駅近くで(^▽^;)


Wake up♯76 ハネナガブドウスズメ 2010はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2011-05-17 23:49 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2011年 05月 13日

Wake up♯192 ナミガタアツバ 2011

e0065734_612893.jpg

「ナミガタアツバ 2010-2011 Winter」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

なんだかすごいシチュエーションにとまっていたのはナミガタアツバ。
北海道から九州まで広く生息するそうであります。
「みんなで〜」を見ると、成虫が出現するのは「7〜10月と3月」。
ん?3月??もしかして成虫越冬ですか?
さらにネットで調べてみる。

… 情報が出てこない。( ̄◇ ̄;)

こんなときは図鑑持ってる、一寸野虫さんや蛾LOVEさんを召還するに限りまする☆



召還降臨に成功したかは、コメントのボタンをクリック♫
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2011-05-13 05:59 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2011年 05月 12日

Wake up♯191 アカバキリガ 2011

e0065734_22435510.jpg

「アカバキリガ 2011 Spring」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

Apple から1998年5月に発表された iMac。
以来、iTunesやらiPhotoなどソフトウエアから、iBook、iPod、iPhone、iPadなどのハードウエア、そして iTunes Store、iBooks、iCloudといったサービスまで「i」をつけまくる Apple。

さてこの「i」はいったい何の意味があるのかというと、

・Internet
・Individual
・Instruct
・Inform
・Inspire

の5つなんだそうであります。

MacFan誌では、さらに、過去ヒッピー世代のなかに「私」を意味する「I」をあえて小文字で書き、大文字で書くルールを否定するとともに「自分などちっぽけな存在だ」という1つの表現として使用していた人たちがいたことも、「遅れてきたヒッピー世代」のジョブズに影響をあたえていたのでは?と推論した記事がありました。

さて本日のアカバキリガ。堂々と、大文字であります(笑)

この模様が保護色的にどう効果があるのか鳥やコウモリにぜひ聞いてみたいものでありますが、残念ながら小文字ではないので、

i Moth

の称号を手にできるかどうかはかなり微妙であります。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2011-05-12 23:43 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2011年 05月 09日

Wake up♯190 テングアツバ 2011

e0065734_134468.jpg

「テングアツバ 2010-2011 Winter」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

そういえば、テングチョウやテングスケバなど、テングと名付けられた虫ってけっこういますよね。
さらにはテングザルとかテングザメ、きのこにもテングダケがあります。

日本人って、天狗様がすきですよね(笑)

泣くな、子なきじじい。。・゚・(ノε`)・゚・。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2011-05-09 23:04 | 自動販売機/電話BOX/外灯