Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2010年 03月 30日

Wake up♯48 てふてふ捜索隊 ニホンみやませせりモドキ 2010

e0065734_24150.jpg

「ニホンセセリモドキ 2010 Spring」
Nikon D300/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM/Photoshop CS2

カマキリモドキとかムクドリモドキとかスズメダイモドキとか、生き物には「モドキ扱いにされちゃった」種が多々おります。
アゲハモドキは、毒蝶であるジャコウアゲハに似てることでメリットを得てる可能性高いですから、人類が勝手に「モドキ」と名付けても文句はないでしょうけど、本日のニホンセセリモドキはかなり複雑な心境かもしれません。

e0065734_2114411.jpg

「ミヤマセセリ 2010 Spring」
Nikon D300/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM/Photoshop CS2

蝶の場合、幼虫時代に食草から毒を摂取し体内に蓄積させるケースが多いらしいのですが、ミヤマセセリの食草はクヌギ・コナラ・カシワであります。これらの葉に毒もしくは不味い成分はないと思いますので、少なくとも鳥がミヤマセセリを捕食したら、そのまま何事もなく飲み込むと推測できます。

e0065734_2125866.jpg

「ニホンセセリモドキ 2010 Spring」
Nikon D300/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM/Photoshop CS2

一方、モドキ扱いにされちゃったニホンセセリモドキですが、こちらは食草が(毒成分を含むと考えられる)クマツヅラ科。毒といっても、要は捕食者に「うぇ、不味い!」と言わしめればOKなわけで、ニホンセセリモドキはこれで身を守っている可能性が高いと推測されます。
つまりミヤマセセリの方が、毒蛾であるニホンセセリモドキに擬態しているニホンセセリモドキモドキなんじゃなかろうか、という気がいたしますです。

あぁ、ややこしいσ(^_^;)

e0065734_213427.jpg

「ミヤマセセリ 2010 Spring」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

で、このたびようやく念願のニホンセセリモドキと初対面できたのですが、どれくらいミヤマセセリに似ているかというと、似てるっちゃぁ似てるけど。。。な感じ。

まず大きさは明らかにミヤマセセリの方が二まわりは大きく見えます。
飛び方も、ニホンセセリモドキはコツバメのようにぱぴゅーと飛びます。
ニホンセセリモドキを知らずに山道で出くわしたら、まず黒くて小さくてすばしこくて、コツバメ!?と思って網を振ると思います。で、見てみると後翅に特徴的な黄色い斑。あら、ミヤマセセリ ... にしてはヘン!!」
ということで、こんな和名になっちゃったのかしら(笑)

なんだか、まだまだ謎が多そうなニホンセセリモドキなのでありました。

Wake up♯46 ルリオビナミシャク 2010に追記しました。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2010-03-30 23:20 | そのほかの水系
2010年 03月 28日

Wake up♯47 エゾモクメキリガ 2010

e0065734_1334869.jpg

「エゾモクメキリガ 2009-2010 Winter」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

うーん、まだ本文書く前の予告の段階で、エゾモクメキリガでGoogle検索するとこの記事が5番目にヒットしてしまうのだがよいのだろうか(^^;;

和名に「エゾ」とつくのは、四つ足獣では主に北海道に分布する(した)種に命名されてます。エゾシカとかエゾリスとか、エゾオオカミとか。
鳥でも、エゾライチョウなどがそれに相当しますし、亜種レベルだとエゾフクロウなども該当してきます。
一方で鳥は長距離を渡るので、エゾビタキのように日本では渡鳥として観察されるケース、エゾセンニュウのように本州では渡鳥・北海道では分布(繁殖)するケースなどいろいろあります。

e0065734_1363917.jpg

「エゾモクメキリガ 2009-2010 Winter」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Nikon Capture NX/Photoshop CS2

で、エゾモクメキリガ。
分布は北海道・本州・四国とされています。
本州中部以北では外灯などでそこそこ出会うことができますが、nabeさんの高知の自然 Nature Column In Kochiによると、四国では深山で稀にしか見られないようです。
この傾向を知って思い浮かんだのが野鳥のエゾムシクイ。
エゾムシクイは、日本ではツバメと同様冬は南の島へ旅立ち、夏になると日本に戻ってきます。ところがツバメと異なるのは、気温が暑いのはイヤという点ですね(笑)
日本では北海道・本州中部以北・四国で繁殖します。

あら、やけにエゾモクメキリガの分布とかぶりますね。

はっ!

まさかエゾムシクイの名の「エゾムシ」ってエゾモクメキリガ?!
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2010-03-28 02:18 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2010年 03月 25日

Wake up♯46 ルリオビナミシャク 2010

e0065734_21545966.jpg

「神奈川県産ルリオビナミシャク 2010 Spring」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/白色LED/Photoshop CS2

すでに夕焼けの赤みは消え、空が紫冥にうつろう頃。
散策路を歩きつつ、ふと照らした幹に蛾を発見。
この樹は散策路の真ん中に生えていて、明るいうちに往路で通った時にもチェックしたのですが、その時には姿はありませんでした。暗くなってきたから、出てきたのかな。

かなりたってから、蛾LOVEさんにメールで問い合せ。
「ネタですか(笑)、大ありですよ」

まず「みんなで〜」でルリオビナミシャクを見てみてください。

蛾LOVEさん曰く、
「成虫が見られる時期が4〜5月と記載されてますよね。でも画像では8月のものだけなんです(2010.4.9現在)。さらに色合いがかなり緑がかっていて、今回の個体とはずいぶん印象が異なってますよね。たぶんルリオビナミシャクは年2化で、今回の個体は春型、「みんなで〜」の画像は夏型という可能性がビンゴだと思います」

ちなみに蛾LOVEさんがネットで探してみたところ、ルリオビナミシャク春型と思われる画像はほとんどなかったそうです。
「ぼくのサイトからリンクさせていただいている、nabeさんの「南四国の蛾」のなかに、2006年4月6日という日付の標本画像がありますが、それ以外はちょっと探すのたいへんですね。たぶん4月のルリオビだ!ってネットに貼る人、いないでしょうし(笑)」

ところで、私はこのルリオビナミシャクを1カットしか撮っていません。ポイントからポイントへの移動中だったので、20分も30分も時間かけてらんなかったのであります。この1カット撮るだけでも5分くらいかかっていて、撮影後にみんなを追いかけました。

でもそんな蛾に限って、蛾LOVEさんのネタは続いてゆきます(^▽^;)

「ぼくの手元にある資料の範囲ですけど、神奈川県でのルリオビは1981年の記録ただ1件しかないです。誰かが見つけても、あまり報告されなさそうな感じの種ではありますけどね(笑)」

アップの写真は、一寸野虫さんがちゃんと撮影しています。一寸野虫さんがすごくマメに記録してくださるので、私が今回のような画像にウエイトを置くことができるんであります。感謝感謝。

2010.4.15 追記:
先日、いつもお世話になっているYngdさんに偶然、山のなかでお会いしました。お会いしたというか、Ksdさんとともにライトトラップを設営中の氏を発見し急ブレーキ!車をバック!(笑)
お話をいろいろうかがいました。
ルリオビの件をお話すると、「ん?君のとこの近所の河原にふつうにいるでしょ(笑)」

... え゛え゛っ!? ∑(`□´/)/
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2010-03-25 23:54 | そのほかの水系
2010年 03月 23日

Wake up♯45 クャシダエゲトトモカオ 2010

e0065734_20445313.jpg

「オカモトトゲエダシャク 2010 Spring」
Nikon D70/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

2月27日。チャオビの帰り道に寄ったサービスエリアで、一寸野虫さんが今年初のオカモトさんを発見。
「トイレにオカモトがいましたよ。天井に残された古いクモの巣にひっかかっちゃったみたいです」
見に行ってみると、あら見事にクャシダエゲトトモカオになってます(笑)
トイレでなに見てるんだろうという周囲の目線を気にせず、真神ゆのとった行動は、車に引き返し一眼レフと脚立をトイレに運び込むことでした。こんなシチュエーションは撮らないと後悔します。
ここ数日の暖かさで羽化してきたんでしょうけど、羽化していきなりクモの巣ひっかかちゃって、つくづく運が悪いオカモトさんであります。
ちょっと弱ってましたけど、まだ生きてたので撮影は4カットで我慢して(笑)、早急に救助。
雨天でしたので雨が直撃しない植え込みにそっと放しました。

e0065734_0551637.jpg

「オカモトトゲエダシャク 2010 Spring」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

写真からは伝わらないシチュエーションもあります。

これは!と撮影していると、鳴るものがあります。ケータイであります。なぜか私が集中して撮っているとDX−9さんが電話をかけてきます。さっきまで「虫いないなぁ。。。」だったのに、お!とカメラをかまえると、まるで監視カメラのように電話がかかってきます。
「いやー暇だからちょっとかけてみました」
「べつに用事はないんですけど電話してみました」
これが何十回と続き、私はDX−9さんの電話に出なくなりました(笑)

3月13日。ATSさんたちが日中のオカモトさんを発見。をお、絵になります♪
このときもDX−9さんからの着信が iPhone から高らかに鳴り響いておりました。
いま撮ってるんだっつーの(笑)
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2010-03-23 02:23 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2010年 03月 21日

Wake up♯44 オカモトトゲエダシャク 2010

e0065734_041077.jpg

「オカモトトゲエダシャク 2010 Spring」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

あれ?自分的にすごーく意外。オカモトさん、2年ぶりブログ登場なのでありました。

蛾に興味をもった数年前は、その独特なシルエットで、見てみたいモフモフしたいあこがれのオカモトでございましたが、人間贅沢になるもので、撮影しながら「あら不思議、みるみるうちにクワトゲへと第二変態…しないよなぁ」(笑)

降るならきちんと降れ(あきらめがつくから)、やむならしっかりやめ!(レンズに雨滴がついて撮り辛いんだってば)という生殺しな雨のなか、水滴を纏い自販機にぺたりとしていたオカモト発見。
さすが鱗翅目、よく弾いてます。

e0065734_23543499.jpg

「オカモトトゲエダシャク 2010 Spring」
Canon EOS Kiss Digital X/Canon Macro Photo Lens 35mmF2.8/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

オカモトトゲエダシャクは♀がなかなか灯りに飛来しないらしいのですが、同様になかなか飛来しないと聞いていたエゾヨツメの♀が、とあるコンビニに4〜5頭もいるのを見て以来、オカモト♀の花園もきっとどこかにあるんだろうなぁと夢想しちょります。
オカモトトゲエダシャクは触覚で♂♀の判別ができる、いわゆる櫛か線かのタイプであります。
♂も、かなりメタボ的印象のぼってりした腹してるうえに、翅畳むから翅形の丸みもわかり辛いですからねー、触覚で区別できないとちょっと私ごときのレベルではイラっとしていただろうことが容易に推測できます(笑)

e0065734_23111775.jpg

「オカモトトゲエダシャク 2010 Spring」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Nikon Capture NX/Photoshop CS2

このオカモトを見つけた時はちょっと萌え…燃えました( ̄▽ ̄)
タニガワを撮影していて、ふと足下見たらオカモトさんがいたのですが、いかに蛾を小さく写すか、なをかつそれがオカモトさんであるときちんとわかるシチュエーションにばっちりではございませんか(^з^)-☆



Test ♯829 オカモトトゲエダシャク 2008はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2010-03-21 23:10 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2010年 03月 19日

Wake up♯43 ハンノキリガ 2010

e0065734_21594528.jpg

「糖蜜な夜 2010 March」
Nikon D70/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/白色LED/Photoshop CS2

糖蜜をやりました。といっても、毎回私は横で見てるだけ(;´▽`A``
私自身は糖蜜の準備すらやったことないです。おんぶにだっこといいます。いつもすみません。。。

糖蜜の季節だ!と聞いても私の場合あまり熱がはいらないのは、撮りにくいからであります。
蛾の背景で糖蜜が液だれているとかもありますが、この時期、日中は暑いくらいでも夜間はけっこう気温が下がったりして、飛来するキリガが蜜を吸いつつ翅を小刻みに振るわせていることが多いのであります。体温維持だとか、危険を察知したらすぐ飛べるようにとか、キリガなりにいろいろ理由はあるのでしょうけど、できるだけストロボを使用せずに撮ろうとする私にとってはかなり難敵なんでありますね。

e0065734_2254448.jpg

「ハンノキリガ 2009-2010 Winter」
Nikon D70/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/白色LED/Photoshop CS2

この晩は、私個人としては飛来した蛾の個体数がいちばん多い糖蜜でした♪
数年前まではよく行くフィールドも濃かったらしいのですが、私が誘われて見物しに行くようになってからはずいぶんと「薄く」なったようで、濃い時代を味わっている蛾LOVEさんやDX-9さんが「おかしいなぁ、こんなに条件いいのになぁ、なんで少ないんだろうなぁ、おかしいなぁ、おかしいなぁ、おか(以下略)」な糖蜜しか経験したことなかったのであります。

この日は予想できそうなメンバーはミツボシキリガ以外みんなキター!な感じの勢いでした。
ハンノが飛来したのでちょっと撮影に挑戦。やっぱり難しい。それでも15秒というシャッタースピードでこれだけ「止まれ」ばまだマシでございます。

「蛾LOVEさん、ハンノでなにかネタある?」
「(T^T) ハンノキが食草ではない。。。」
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2010-03-19 21:58 | そのほかの水系
2010年 03月 17日

Wake up♯42 カシワキボシキリガ 2010

e0065734_0413167.jpg

「カシワキボシキリガ 2009-2010 Winter」
Nikon D70/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

3/25 現在で、Googleでカシワキボシキリガと検索すると「このページ」が3番目に出てきます(大汗)

写真だけアップして本文が後回しになり勝ちなのは、単純明快、書くことが思い浮かばないからであります(;^_^A アセアセ・・・
かといって「みんなで〜」に記載されてることそのまま引用してもあまり意味があるとは思えないし、困り果てた末に蛾LOVEさんにカシワキボシキリガで何か話題ない?と泣きついたら、

「普通種すぎて無いっす」

カシワキボシ、☆になる。

e0065734_043491.jpg

「カシワキボシキリガ 2009-2010 Winter」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

「カシワキボシキリガって本当に何も思い付きませんね。ホストにカシワが無いとか、キボシって言うほど黄色い点が目立たないとか。。。意外と糖蜜に来るとか。。。」

カシワキボシ、話題干しキリガになる。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2010-03-17 23:40 | そのほかの水系
2010年 03月 15日

Wake up♯41 禁断のシロフフユエダシャク 2010

さてどうすべきか。

道沿いの茂みで、ふと目にとまった不思議な物体。
こんなものがあることを想定してませんから(笑)、しばらくその正体がわかりませんでした。
先端には蛾がひっかかっています。ウスベニスジかと思ったら、シロフフユでございました。

珍種かどうかよりシチュエーション萌えな私としては、当然、をおっ!ということになるのですが、撮影はしたものの、これはブログに掲載してよいものなんだろうかとσ(^_^;)
モザイクしてみよかなとも思いましたが、それだと「物体」がなんだかわからない。。。









いいや、このまま掲載しちゃえ(笑)

シロフフユ、絶滅危惧指定ならぬ、成人指定へ。
採集禁止ならぬ、18禁に。






e0065734_0102484.jpg

「シロフフユエダシャク 2009-2010 Winter」
Nikon D70/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

Test ♯705 姫っち Maniax「ちょっとエッチな姫っち」はこちら
Test ♯722 アケビコノハ「ちょっとエッチなアケビコノハ」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2010-03-15 22:12 | そのほかの水系
2010年 03月 13日

Irregular serial ♯30 埼玉フチグロトゲエダシャク捜索隊 2010

e0065734_129189.jpg

「埼玉県産フチグロトゲエダシャク 2010 Spring」
Nikon D300/SIGMA APO-Macro150mmF2.8HSM/Photoshop CS2

今年も行って参りました、埼玉県。昨年とは違うポイントでございます。
県ホームページでは、過去の記録は県内で一ヶ所のみが記載されています。報告されていないだけかもしれませんが、とりあえず今回のこのポイントは埼玉県での新産地の可能性が高いと思われます。現在、蛾LOVEさんが鋭意、論文発表の準備中であります。

環境は、私が知る神奈川県の複数のポイントによく似ています。
フチグロ♂が我々の身長の二倍くらいの高さをぶっ飛んでゆくのもよく似ています。
と、撮れないよぅヽ(;▽;)ノ
わかったから、少しは落ち着け!
頼む、5秒でいいから休んでくれ!!

e0065734_128686.jpg

「埼玉県産フチグロトゲエダシャク 2010 Spring」
Nikon D300/SIGMA APO-Macro150mmF2.8HSM/Photoshop CS2

やっとこさ撮影できたのは2♂1♀。交尾は発見できず。
寒い日が続く中で、ぽん!と気温が急上昇、そしてまた降雪をともなう寒気といった不安定な日々が続いていたせいか、もう羽化はしてたんだけど、やっと繁殖活動できるぜ!!といった喜び爆発的な印象でございました。
論文発表のためには標本が必要ですので、1♂1♀のみ捕獲。蛾LOVEさんに託しています。

e0065734_1821766.jpg

「埼玉県産フチグロトゲエダシャク 2010 Spring」
Nikon D70/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/撮って出し

♀を発見したのは偶然でした。ぶっ飛ぶ♂に呆然としつつ、ふと地面を見たら大きめの♀が歩いていたのであります。
いままで20頭ほどフチグロ♀を見てきましたが、体長にはそこそこばらつきがあります。まるまるとして大きめの♀もいれば、なんかこの子は小さめだねという♀もいます。大きめの個体の方が横幅もありますので、よりアザラシ的な味わいがあります(笑)

♀は交尾後、しばらくじっとしています。時間的には10〜20分くらいかな。体内で受精が完了するのを静かに待つかのように動きません。ところが産卵準備OK!となると、今度はすごいスピードで移動をはじめます。こうなると止まりません。気に入った小枝を見つけ産み始めるまでひたすら歩き続けます。
今回発見した♀は、ちょうどこの状態でした。昨年もそうでしたが、学術的な記録として♀を1頭
採集するものの、それは♀が産卵した後でもなんら問題はないわけで、ここでひたすら産卵待ちということになります。
暖かい陽気でぽかぽか良い天気のなか、一寸野虫さんにランチを買ってきてもらって、ひたすらポチ犬であります。遠目にはのんびりハイキングに見えますが、じつは産卵している♀を見張っているのでありました(^▽^;)

ハイキング、♀ウォーキング。

Irregular serial ♯25 埼玉フチグロトゲエダシャク捜索隊 2009はこちら

Irregular serial ♯28 フチグロトゲエダシャク捜索隊 2009(その3)はこちら
Irregular serial ♯27 フチグロトゲエダシャク捜索隊 2009(その2)はこちら
Irregular serial ♯26 フチグロトゲエダシャク捜索隊 2009(その1)はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2010-03-13 18:02 | そのほかの水系
2010年 03月 12日

Wake up♯40 スジモンフユシャク捜索隊 2010

e0065734_0191911.jpg

「スジモンフユシャク 2009-2010 Winter」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/白色LED/Photoshop CS2

今年も徐々に忙しくなってまいりました。
フユシャクも終盤戦、スジモン、ホソウスバ、フチグロ、トギレ、シロトゲと息つく暇もとりつくシマもなく続いてゆきます。

で、行ってきましたスジモンフユシャク。
昨シーズンまでに♂と♀を単体では撮影できていますが、やはりフユシャクは交尾まで観察してこそ。
すんごいハードル高いけど、ま、楽しみながらぼちぼちと、さりげなく虎視眈々とチャンスを伺う捜索隊であります。

e0065734_1482635.jpg

「スジモンフユシャク 2009-2010 Winter」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/白色LED/Photoshop CS2

場所は昨年・一昨年と同じ。要は他に狙い目のポイントを知らない。。。
しかも、スジモンに限りませんが、羽化の時期的タイミングがすごく前後するので、おのずと、ここ2年のデータがある馴染みの場所に足が向かいます。

結論から言うと、このポイントではスジモンの発生はタイミング的にも数的にも、概ね例年並みという感じ。そして交尾は今年もお預けでした(T ^ T)

e0065734_0203855.jpg

「スジモンフユシャク 2009-2010 Winter」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

日没前に現場入りして探したところ、幹に佇む1♂を発見。どうやら発生日の推測は間違っていなかったようであります。
周囲はあちらこちらに残雪。風もかなり冷たく、いやースカったかなと、文字どおり冷っとしましたが、これで一安心(^◇^;)
陽が暮れてあたりが暗くなると、みるみる湧いてくるスジモン♂。
右見て左見て、また右見ると増えている(笑)
すごい勢いでわらわら舞い始め、モミの幹にペタリと貼りつくと、どんどん樹冠へ向けて昇ってゆきます。瞬間湯沸器ですか、あんたらは。

モミの幹にたどり着くとなぜか徒歩で上がって行く♂がそこそこ多いんですよね。♀を探してるのかもしれないけど、でも♀はコーリングするだろうし、飛翔して上昇し、フェロモン感知した方が楽ですよね。なんで歩きにくいゴツゴツしたモミの樹皮上をえっちらおっちら歩いて登るんだろう。

ピグモン、ガラモン、スジモン、登るんだもん。


Test ♯967 スジモンフユシャク捜索隊 2009はこちら
Test ♯802 スジモンフユシャク捜索隊 2008はこちら
スジモン捜索隊「スジモンフユシャク」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2010-03-12 21:52 | 近隣の水系