<   2009年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 23日

Wake up♯19 てふてふ捜索隊 ツマグロキチョウ 2009

e0065734_1029824.jpg

「ツマグロキチョウの交尾 2009 Summer」
Nikon F4s/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Fujifilm SUPERIA X-TRA400/FUJICOLOR CD/Photoshop CS2

土曜日はFLAVORさんたちと蝶巡りに行ってきました♪
天気予報はイマイチで朝のうちにすこし降られましたが、現地に着いてみれば絶好のチョウ日和。
むしろ陽が出ると蒸し暑くてたまらないくらいで、朝晩に秋の気配が感じられるなか、
こんな真夏っぽい陽気もそろそろ撮り納めでありますねー。

さてツマグロキチョウであります。
前回掲載したのと同じポイントで、今回も同じ場所で撮影しました。
ちょっと違うのは、ツマグロキチョウの翅の模様。
いままでは薄く黒いラインが入っていましたが、今日の個体は高温期型(?)なのでそのラインが目立ちません。
ベニシジミも低温期型・高温期型(いわゆる春型とか夏型)で翅の色の濃さが大きく変異します。
変温動物なので身体の大きさに差が出るのはなんとなく理解できるのですが、
成長期間中の温度で翅の模様にまで変化が出るのはどんな仕組みになってるんでしょうねー。

せっかくだから、翅に「ツマグロ貴重」と模様を浮かべればいいのに。

このポイントはツマグロがいるとわかっているから探せますけど、
キタキチョウとそっくりなので、別の場所でもし出会えたとしても、そのとき自分一人だったら、
たぶん「あー、(キタ)キチョウだぁ」で終わっちゃう可能性ひゃくパーセントであります~(=^‥^A

... やっぱり翅に「ツマグロ貴重」と模様を浮かべようよ。

Test ♯721 てふてふ捜索隊 ツマグロキチョウはこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2009-08-23 13:28 | そのほかの水系
2009年 08月 21日

Wake up♯18 アブラゼミ 2009

e0065734_18484590.jpg

「世田谷のアブラゼミ 2009 Summer」
CONTAX Tvs/Fujifilm SUPERIA X-TRA400/FUJICOLOR CD/Photoshop CS2

都区内に生まれ昆虫少年の時期がなかった私でも、それなりにセミの記憶はあります。
まずニイニイが鳴いて「もうあとちょいで夏休み」。
アブラゼミとミンミンが鳴く頃には、毎日、ラジオ体操と学校のプール。
そしてツクツクボウシが鳴いたら、うちらは夏休みの宿題で泣くんでありますね(^▽^;)

父方の親戚は徒歩20分、母方の親戚は埼玉の川口近辺でしたので、
夏休みで「新幹線でじいちゃん家に行くんだぜ!」とか「飛行機でおばあちゃん家に行くの」
というのが、超うらやましかったです。。。

そうして東京近郊で40数年生きてると、たまに名古屋などに行くとすごい違和感を感じます。
いまどき、どこに行ってもマクドナルドありスタバありで街の景色は似たようなものですが、
音が違うんであります。

しゃんしゃんしゃんしゃんしゃん ... ... ...

それがクマゼミだと知ったのはずいぶん大人になってからでした。
最近は関東にもクマゼミが進出してきてますが、
町中の暑い日差しに汗しつつ、東京人にとってはやっぱりアブラゼミだよなぁ、と思うのでした。

Test ♯610「アブラゼミの羽化」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2009-08-21 23:47 | そのほかの水系
2009年 08月 20日

Wake up♯17 ナシイラガ 2009

e0065734_52443100.jpg

「ナシイラガ 2009 Summer」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Nikon Capture NX/Photoshop CS2

穴があったら入りたい。

e0065734_5265537.jpg

「ナシイラガ 2009 Summer」RICOH Caplio GX8/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

今日のナシイラガは両方とも7月の同じ日に撮った別個体であります。
金髪胸毛が鮮やかな2等身体型、おまけでボブテイルがちょこんと自己主張しております(^∇^)

どこぞやのテレビ番組で、壁面に飛びつきぴったんこして得点を競うゲームのような姿勢であります。
ネットでいろいろ画像を見ていたら、ナシイラガってわりとこれが基本姿勢みたいですね。
この、おっぴろげた前肢にはなにか意味があるんだろか。。。

意味はナシ ... イラガ。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2009-08-20 23:23 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2009年 08月 19日

Wake up♯16 てふてふ捜索隊 ヤマトシジミ 2009

e0065734_1475344.jpg

「眠るヤマトシジミ 2009 Summer」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Nikon Capture NX/Photoshop CS2

更新が滞ってるので、最近あまり撮影していないように見えますが、
じつはその逆でかなりネタがたまってます(;^_^A アセアセ・・・

ほったらかしてるワケじゃないんですが、なにやるべきか優先順位つけてくとネットを見る時間が下位にならざるを得ないので、気がつけばネタがどんどん古くなってしまひます。。。

新しめのネタと熟成ネタを交互にアップすれば少しは日記ぽくなるかな(;^_^A アセアセ・・・

8/12に、埼玉県熊谷市立図書館の「自然科学展"とぶ”生き物の世界」を見に行ってきました♪
その後、Matszさんと待ち合わせして蛾ポイントを案内いただくことに。

Matszさんは何カ所か候補を考えてくださってたのですが、けっきょく最初のポイントだけでメンバー(とくに蛾LOVEさん)が大盛りあがりでタイムアップという、「さきたまパワー」を思い知らされた夜でありました(笑)。

とにかく、虫の数が濃い濃い。
神奈川は、山間部でもとくにここ数年で蛾を筆頭に虫の数が大幅に減った感が強く、うらやましいかぎりであります。
なにせキイロゲンセイが3匹もうろうろしてる。(゚ロ゚屮)屮ウオオォォォォォォォー!!
DXー9さんが見たら夜闇に向けて雄叫びをあげてるところであります(笑)。

そんななかで、道路脇の植え込みでヤマトシジミが爆睡してるのを発見しました。
モンシロやスジグロシロ、キタキチョウが寝てるのはよく見かけますけど、深夜のシジミチョウはあまり記憶にないですねー。単純に小さいから目に入ってないだけかな(^▽^;)

ちょい風があって、外灯だけで「カッッッッ ... チャン」と撮影するのがちと難しい状況でした。
微風なんですけど、そのわずかな風でアウトなんであります。
今回は感度を上げ、絞りも明け気味にして撮りまくり、なんとかこの1カットだけ得ることができました。

そうそう話はかわりますが、今日帰宅したらツバメちゃんの巣が空になっていました。
巣の素材や羽毛が散乱していないので、下に落ちる子もなく無事に全部の雛が巣立ったようです(^_^)

ツバメの生後1年目の死亡率はなんと80%前後だそうで、若鳥の試練はまだまだこれからも続きます。
がんばって生きてゆくんだよ〜\(*^∇^*)/


Test ♯674 てふてふ捜索隊 ヤマトシジミはこちら
Test ♯487 てふてふ捜索隊「ヤマトシジミ」はこちら
Test ♯259「ヤマトシジミ」はこちら
Test ♯47「ヤマトシジミ」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2009-08-19 02:09 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2009年 08月 18日

Wake up♯15 広島を行けば 2009(その5)てふてふ捜索隊 ヒョウモンモドキ 2009

e0065734_2191981.jpg

「ヒョウモンモドキ 2009 June」
Canon EOS Kiss Digital X/EF70-200mm F2.8L IS USM/Photoshop CS2

このへんは、画像のみでさらっといかせていただきます。

e0065734_2212134.jpg

「ヒョウモンモドキ 2009 June」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

さらさらっとな♪
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2009-08-18 02:22 | そのほかの水系
2009年 08月 17日

Wake up♯14 ツバメちゃん日記 2009

e0065734_1475531.jpg

「ツバメのひな 2009 The second children」
Canon EOS Kiss Digital X/EF70-200mm F2.8L IS USM/Photoshop CS2

更新が追いつかず、どんどん過去ネタばかりになってゆくのもなんなので、
たまには最新の我が家の事情を。

今年もツバメ夫婦が巣をつくりましたが、最初の巣は設計ミスやらかしたようで半分崩壊、
ふ化したばかりのひな5羽がすべて地上に落下し絶命してしまいました。

それから1ヶ月、同じ夫婦かわからないけど再度巣作りがはじまり、
今回はなんとか無事に巣立ちまでイケそうであります。

うーん、ぼちぼち身を乗り出してきてるなぁ(^▽^;)
これはじめると、落ちるんだよねぇ、ひなが。

Test ♯894 つばめちゃん日記 2008(その1)はこちら
Test ♯898 つばめちゃん日記 2008(その2)はこちら
Test ♯905 つばめちゃん日記 2008(その3)はこちら

Test ♯556 つばめちゃん日記はこちら
Test ♯559 つばめちゃん日記はこちら
Test ♯563 つばめちゃん日記はこちら
Test ♯565 つばめちゃん日記はこちら
Test ♯579 つばめちゃん日記はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2009-08-17 23:47 | 自宅にて
2009年 08月 15日

お知らせ(レポートを追加しました)

お知らせです☆

チーカナメンバーがお世話になりっぱなし、なりつくし(;^_^A
の、四方圭一郎さんがたずさわっている自然企画展が飯田市美術博物館で開催中です♪

「こんなの見つけた!ぼくのわたしの里山コレクション」
平成21年7月25日(土)~10月4日(日)

飯田市美術博物館のホームページはこちら

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

埼玉県熊谷市立図書館3F美術展示室にて「自然科学展"とぶ”生き物の世界」が開催中です♪
お世話になっているMatszさんのトンボの素晴らしいお写真が38点飾られてます。
8月30日までですのでお近くの方はぜひ☆

詳しくは熊谷市立図書館HPへ

8/15追記:
先日、森上さん&蛾LOVEさんと見に行ってきました!!
e0065734_2585316.jpg

Matszさんの写真はいつ見てもすごいです!!
大きくパネル貼りになっていて、パソコンのモニタで拝見するのとは違った迫力と、トンボへの愛情が伝わってきます☆
e0065734_324371.jpg

展示会場内撮影禁止だったけど、コソーリ撮ってきちゃいました(>▽<;; アセアセ
PRということで許してくらさい<(_ _)>
Matszさんの写真のほか、昆虫類・鳥類・ほ乳類の標本や剥製も圧巻の数が展示してありました。

8月30日までです!!お近くの方はぜひ☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

山形県西川町大井沢自然博物館・自然と匠の伝承館にて
西川町大井沢自然博物館・寒河江ダム共同企画 
「寒河江川流域発やまがたの“生物多様性”~へんな虫・へんな植物~」が開催中です♪
お世話になっているμ.comさんの素晴らしいお写真が飾られてます。
8月23日までですので、こちらもお近くの方はぜひぜひ☆

詳しくは西川町大井沢自然博物館HPへ

ヤマガタ、行きたいなぁ。。。( ̄ω ̄;)
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2009-08-15 03:07
2009年 08月 09日

Wake up♯13 栗の木の物語 てふてふ捜索隊 イチモンジチョウ 2009

e0065734_1253877.jpg

「イチモンジチョウ 2009 June」
Nikon F4s/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM/Fujifilm SUPERIA X-TRA400/FUJICOLOR CD/Photoshop CS2

もうツクツクボウシまで鳴きはじめてるというのに、古い話題ですんまそん<(_ _)>
フイルムで撮影した分の現像ができてからと思っていたら、フイルムで撮影する機会もすっかり減ってしまって、今頃になってしまひました。

今年は近所の「背の低い」栗の木に行ったのは1日だけ。
去年までは小さかった、畑のすみっこのクワがずいぶん大きくなっていました。
クワコの幼虫が4〜5頭見つかりました。

e0065734_1345934.jpg

「イチモンジチョウ 2009 June」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

今年は、まぁ1日しか行かなかったからだと思うんですけど、栗の木で出会えた種はあまり多くはありませんでした。
今日のイチモンジチョウもすべて同一個体です。
この子はやけに物怖じしなくて、すぐ横でカメラかまえていても平気の平左で吸蜜していました。
このへんは種の、というより個体の性格の違いなんでしょうねぇ。

アサギマダラは来ていませんでしたが、当日はやけにアカボシゴマダラの白い春型が栗の木のあいだをすいすい何往復もしていました。
蜜吸いに栗の花にとまれ〜と呪文を唱えましたが、効果なし(笑)。
たぶんウマノスズクサ エノキがあちこちにあって、移動中に栗の木のあいまを抜けてってるんでしょうね。

※8/15訂正:すみません、アカボシゴマダラの食草はウマノスズクサではなくエノキでした<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

e0065734_143131.jpg

「イチモンジチョウ 2009 June」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

今年は天候が不順だったせいか、あれもう栗の花が終わっちゃってる!?というところもあれば、
え、ここっていまごろ栗の花が満開なの??!!という場所もあったりしました。

人類が天気の統計とりはじめてたかがしれてるので、今年程度の不順さで「異常気象」とまでは言いたくないのですが、
九州地方をはじめとした各地の水害などのニュースを見ていると、いかげん「河川は氾濫するものだ」という大前提で治水方法を見直した方がいいんじゃない?と感じてしまいます。

いかに河川ぎりぎりまで開発するか、ではなく、
「漁師が山に樹を植える」ように、自然環境とは人が思いもよらない部分で繋がっていることを
重視すべきなのもエコだと思うんでありますよ。

Test ♯930 栗の木の物語 Diamond Back 2008はこちら
Test ♯920 栗の木の物語 キカマキリモドキ 2008はこちら
Test ♯918 栗の木の物語 モモノゴマダラノメイガと白髪太郎はこちら
Test ♯915 栗の木の物語 仁王立ち 2008はこちら
Test ♯912 栗の木の物語 てふてふ捜索隊 オオミドリシジミ 2008はこちら
Test ♯911 栗の木の物語 てふてふ捜索隊 アサギマダラ 2008はこちら
Test ♯910 栗の木の物語 カシコスカシバ 2008はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2009-08-09 23:24 | 周辺の山
2009年 08月 05日

Wake up♯12 広島を行けば 2009(その4)てふてふ捜索隊 Skippers Maniax ダイミョウセセリ 2009

e0065734_1205651.jpg

「ダイミョウセセリ 2009 June」
Nikon D300/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM/Photoshop CS2

今回、ぜひ見たかったのがダイミョウセセリ。
もちろん関東にもおりますが、西日本は後翅にもはっきりとした白い斑紋が並ぶタイプがほとんどなんであります。
関東の人間から見ると、西日本タイプはもはやサカハチチョウ並みのレベルで、あっぱれであります。

e0065734_1282023.jpg

「ダイミョウセセリ 2009 June」
Nikon D300/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM/Photoshop CS2

東日本のダイミョウセセリも、個体によっては後翅にうっすらと模様っぽいのが出ます。
が、西日本とくらべたら、それはもうごくごく控えめなものであります。
これほどはっきりと模様が異なるのに、東と西で亜種には分かれないんですよねー。

e0065734_1331066.jpg

「ダイミョウセセリ 2009 June」RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

ところで、外付けHDDのうち1台が調子悪くて認識できなくなりました。
RAWデータを保存している2台1組のうちの片方なので、最悪データが吹き飛んでいても当面はもう1台でカバーできますけど、
... とはいえ修理には出さないといけませんですね。あう。

じつは広島で撮影した分でコンパクトフラッシュが1枚クラッシュしており、
これも復旧しないといけません。。。あう。

なんだかトラブルって、伝染するものなんですかねぇ〜。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。


Test ♯881 てふてふ捜索隊 Skippers Maniax ダイミョウセセリ 2008はこちら
Test ♯264 「ダイミョウセセリ」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2009-08-05 23:19 | そのほかの水系
2009年 08月 03日

Wake up♯11 広島を行けば 2009(その3)

e0065734_0133387.jpg

「テントウノミハムシ 2009 June」RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

時間軸が前後しますが、じつは広島で最初に撮影した虫がこれ。
歩道のヒイラギにたくさんついていました。
ハムシの仲間と聞かなければ、どう見てもテントウムシであります。
それも私の天敵、アカホシテントウによく似ています(笑)

e0065734_0221268.jpg

「テントウノミハムシ 2009 June」RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

最近、物忘れがよくて、一寸野虫さんの掲示板で和名を質問したところ、くまじろうさんと一寸野虫さんが丁寧に教えてくださいました。いつもありがとうございますm(_ _)m
解説を引用します。

「前胸部背板の前縁中央が前に突出していればテントウノミハムシ。突出していなければヘリグロテントウノミハムシです。ともにヒイラギやネズミモチを喰います。これはよく見ると前縁中央が出っ張っていますのでテントウノミハムシです」

それにしても、外見をよくまぁテントウに似せたものであります。
そのうち、ニンゲンノミハムシとか出てくるのかな。
でも彼らから見ると人は個体差あり過ぎなので、どれに似せればいいか超迷いそうですね(^▽^;)

とりあえずコンビニなどで普遍的によく見る「ニンゲン」ということで、外観を綾波レイに似せちゃったら、あっという間に採集圧で野生絶滅の道をたどりそうであります(笑)
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2009-08-03 23:59 | そのほかの水系