<   2009年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2009年 01月 27日

Test ♯960 フユシャクのメス捜索隊 2008-2009 Winter

e0065734_6583278.jpg

「♀を奪い合うクロテンフユシャクの♂」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

無事にイチモジの♀と出会えた日は、夕方に地元に戻って糖蜜をすることに。

静まり返る、冬の雑木林。
外灯もなく、夜の帳が降りるにつれ雑木林は闇に包まれてゆきます。
その闇に呼応するかのように、
ちらちらとフユシャクの♂たちが林内を飛び交いはじめました。
「これはウスバですね。こちらは、クロテンだ。」

糖蜜を仕込み、一服してからキリガが飛来してないか巡回をはじめます。
一昨年や、その前の年にはキリガが当たり年だったのか、
1回の糖蜜で100や200という頭数が飛来することも稀ではなかったそうです。
でも咋冬はどこで糖蜜しても、結果はしょんぼりとした感じ。
この日も10頭は飛来しなかったと思います。

巡回していたら、足下の薮で複数のフユシャクの♂が低空飛行でわらわら集っています。
ぴん!ときました。
「この半径1m内に♀がいますね。」
キリガ巡回そっちのけで、狭い範囲にどんどん集まってくる♂の動きを注意深く見守ります。
♂は薮の小枝をお腹で掃除するかのようにすりすりしながら飛んでいます。
♀のフェロモンを強く感じているのだけど、その♀が付近のどこにいるのか定まらず、
♀がいないか小枝に身をこすりながら触覚で探しているようです。

数頭だった♂は、あっというまに二ケタをこえる数に増えました。
「いた!」
ライトの先、葉のうえにちょこんと小さな突起物。
クロテンの♀であります。
すぐに1頭の♂がすり寄り、マウントを試みます。
でもライトに照らされたことに危機感を感じたのか、
交尾が成立したと思えない短時間でマウントを解除して♂は飛び去ってしまいました。

ふと見ると、あんなにたくさんいた他の♂たちも、すっかり姿が見えなくなっています。
どうやらライトに照らされて、♀がフェロモンの放出をやめてしまったようであります。
そこでライトを消して、じっと我慢比べをしてみました。
ほぼ10分後。
ふたたびたくさんの♂たちがわらわらと集まってきました。
ライトを点けたいのを、ぐっっとこらえて5分、
そろりそろりと♀のいたあたりを照らしてみると♂がマウントしています。
でもやっぱり、ライトを嫌がって交尾を解除してしまいました。

ふたたび闇のなかで待つこと10分。
どうやら♀は安全基準のひとつとして、おおむね10分程度様子見するみたいであります。
さすがに慣れてきたのか、今度は照らしても交尾を解除しませんでした。

♀の周囲を♂がわらわら飛び回る光景は、
フチグロトゲエダシャクとクロテンフユシャクで見たことがあります。
フチグロの場合、昼行性で目もよいのか、複数の♂がわらわら集まる頃には
目ざとい♂がすでに♀を独占してしまっていることが多い気がするのですが、
日没後に交尾するクロテンの場合、
闇夜のなかで♀のフェロモンの匂いだけで探すからでしょうか、
あとから飛んできても、まだ誰も♀にたどり着けてなくて
あとから来た♂が逆転さよならプロポーズに成功する率が高いように思えます。

これが外灯のある公園とかだと、♀の位置が視覚で確認できて
状況がかわってくるのかな。

それにしてもフェロモンの威力って、すごいなぁと感じた晩でございました。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2009-01-27 22:58 | 近隣の水系
2009年 01月 26日

Test ♯959 フユシャクのメス捜索隊 2008-2009 Winter

e0065734_2501445.jpg

「イチモジフユナミシャクのメス 2008-2009 Winter」
Canon EOS Kiss Digital X/EF-S10-22mm USM/Photoshop CS2

24日の土曜日に、ひさびさにフィールドへ出かけてきました。
疲れがピークでさすがにパスしようかと思っていたのですが、
一寸野虫さんの甘い一言で老体にムチ打って出撃してまいりました。

「イチモジのメスを狙えるのは、今シーズンでは今回でラストチャンスですよ」

イチモジとはイチモジフユナミシャクであります。
「イチモンジ」ではなくイチモジであります。意味的には同じだけど。

イチモジの♂は雑木林などでわりと普通に見ることができます。
成虫の出現期間もフユシャクのなかでは長いほうですので、
年に数日のチャンスを逃したらアウト、また来年!というシビアさはありません。

がしかし、♀となると話は別で、あれだけ♂を見かけるのに
♀にはなかなか出会うチャンスがないのであります。

この雑木林は男子校なのか!!??ヽ( )`ε´( )ノ

と、毎年叫びたくなる悔しい思いで数シーズンが過ぎ去っていたのでありました。

e0065734_384973.jpg

「イチモジフユナミシャクのメス 2008-2009 Winter」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

がしかし、いるところにはたくさんいるらしいのです。
そこで今回はイチモジの♀や交尾の写真をたくさん撮影されている
埼玉のATSさんにお願いして男女共学のポイント情報を教えていただきました。

当日は小雪舞う天気。
午前10時ちょい前に到着し、イチモジを探し始めます。
捜索開始からおおよそ1時間。

いた!!

身長156cmの私の背よりわずかに高い位置で、
小雪舞う凍えるような風を耐えるかのようにギャル(死語)がじっと佇んでおりました。

フユシャクの♀は翅が極端に小さいか、あるいは消失しています。
いずれにしても飛翔はできません。歩くのみです。
日本のフユシャクで♀の翅がいちばん大きいのは
トギレエダシャクではないかと思います。(でも飛べません。)
次いでヒメクロオビフユナミシャクなどが続きますが、
イチモジの♀もけっこう立派な翅をもっていますね。
その翅には、♂のものより太短いイチモジの黒いライン。

あぁ、ATSさん、ありがとう (≧∇≦)

e0065734_3323015.jpg

「イチモジフユナミシャクのメス 2008-2009 Winter」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2(上のカットのみ内蔵ストロボ)

この日は計5頭の♀を確認できました。
いいかげんイチモジのシーズンもギリでしたので、ラッキーだったと同時に、
いるところは、昼間でもこんな5頭もギャル(死語)がいるんだなぁと感じましたです。

私はあれこれ撮るので、5頭中2頭しか撮影していないのですが、
その2頭をくらべても個体差があることがわかりますですね。
蛾LOVEさんが神奈川県で捕獲した♀は、かなり青緑が強い印象でしたが、
今回見た中でも白黒ツートーンに近い子や、
どちらかというとブルー味がかった子などがおりました。
最初の♀の腹部がぺちゃんこなのは、すでに産卵し終えたのでしょう。
お腹が黒いのは、個体差なのかな、鱗粉がハゲちゃったのかな??

フユシャクの♀の翅については現在も研究が進められています。
フチグロトゲエダシャクを用いた実験では、
蛹の段階では♂♀ともに翅を形成する準備が行われるものの、
その後♀はアポトーシスにより蛹内で翅をほぼ消失させ羽化してくることが
確かめられたそうです。

また、飛べないほどに翅が小型化してゆく流れは過去最低2回はあったようで、
♀にどれくらいの大きさの翅、もしくは翅の痕跡が残っているかだけでは、
単純に進化の度合いは推し量れないようであります。

先日、テレビのニュースでやってましたけど、
新潟県は女子高生のスカートの丈が日本でいちばん短いと
レッテルが貼られたそうです。
これは靴下の長さも影響していて、
結果としていちばん肢が露出してみえるかららしいのですが、

フユシャクの♀の翅も案外、女子高生のスカート丈と似たようなものだったりして ... (^▽^;)

Test ♯782 フユシャクのメス捜索隊はこちら
Test ♯764 イチモジフユナミシャクはこちら
Test ♯708 フユシャク捜索隊 2007-2008「イチモジフユナミシャク 2007-2008 Winter」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2009-01-26 23:07 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2009年 01月 25日

Test ♯958 ノコギリクワガタの冬休み

e0065734_22424321.jpg

「ノコギリクワガタ、がんばる」(1/25 撮影)
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

... もうとっくに冬休み終わってるってば。σ(^_^;)

地球温暖化だからか、ただ単に我が家が居心地よいのか、
はたまたノコギリたる「ど根性」を見せてくれているのか、
とにかく元気であります。

暖かい日は、越冬中のはずのコクワ♂やスジ♂、コカブトムシ♂も
たまに虫かご内を徘徊していることがあります。
♀が起きてきているのは見てないですね。
わずかな気温変化は、♂のほうが敏感なようであります。
自然界でも、暖かい日にはこうして活動しているのかな。

e0065734_22552395.jpg

「ノコギリクワガタ、がんばる」(1/25 撮影)
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

こちらもがんばる、ノコ小歯。
羽化後の休眠個体ではないですから、餌を切らすわけにはいきません。
夏のように食欲旺盛ではないですけど、でもちゃんと食べてます。
ちょびりちょびりと食べてます。
白系バナナ風味と赤系お徳用ゼリーの両方を入れてますが、
ウチのノコはどうも冬場は白系より赤ゼリーのほうが好きらしいです。

夏の風物詩というだけで、益虫にも害虫にも該当せず、
長年研究が進まなかったカブトムシやクワガタですが、
近年は益虫として注目を集めているそうです。
カブトムシの驚異的な抗菌力や、クワガタが共生菌に行わせる分解作用など、
私たちの生活に応用される日は近いかもしれません。

さて。

大歯くん、もういちど登校してきたまえ。[黒 (  )_彡 板] ギイ゙イ゙イ゙~

A Happy New Year☆2009/ノコギリクワガタの冬休みはこちら
Test ♯956 ノコギリクワガタの冬休みはこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2009-01-25 22:42 | 自宅にて
2009年 01月 11日

Test ♯957 ユキムカエ捜索隊 2008-2009 Winter

e0065734_1573889.jpg

「ユキムカエフユシャク 2008-2009 Winter」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

雪の季節が訪れる直前に、まるで出迎えるかのように現れるからユキムカエ。
こんな風流で素敵な和名をもらえた小さな蛾は、
いままでは、おおむね標高1,000m前後で発見されてきました。
700m後半という記録もありますけど、いずれも山間部。
だから、山地性の種と思われていたのであります。

ところがなんとなーく昆虫撮影の川北さんが、いつも行かれるフィールドでユキムカエフユシャクの♂を複数頭発見。これで事態は一変しました。

川北さんがユキムカエを発見したフィールドは

標高わずか10m程度。

これは「あっと驚くためごろう」的低さであります。

がいすとさんによると、少し前の誘蛾燈にも低地産ユキムカエの記録が出ていたとのこと。
うーむ、これは見にいかねばなるまい。
というわけで一寸野虫さんと出かけてまいりました。

e0065734_2144774.jpg

「冬のハンノキ」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

現地で川北さんと合流し、案内していただきました。
ハンノキがとても多いであります。
ヤマハンノキとハンノキって、どういう間柄なんだろうと思っていたら、VIEWさんいわく「別種」だそうです。
葉の形状からして区別がつくそうです。

ユキムカエはヤマハンノキを食草としていますが、ではハンノキではというと、発生の記録はちゃんとあるそうです。
うーむ、もしかしてユキムカエって、ある程度の量のハンノキがあれば平地でも棲息可能っぽいですね。
おなじハンノキ喰いとしてゼフィルスのミドリシジミが有名ですが、最近、ハンノキが多い石神井公園でミドリシジミが確認されています。
もしかして都区内ユキムカエも発見されるかも。

きどばんさん、出番でございます!!(笑)

川北さんの情報で私たちが出かけていったのは1月10日。
残念ながら平地ユキムカエのシーズンは終わってしまったようで、
川北さんが♂の亡骸を発見したにとどまりました。
うーん、ほんとだ、文句のつけようのないユキムカエですねー。

山間部では♀さがしがたいへんだけど、ここならユキムカエの交尾に出会えるかも。
いまから来冬が楽しみであります♪(←オニが笑う)

ある蛾屋の記録:似た蛾の比較図鑑「シロオビフユシャクとユキムカエフユシャク」はこちら
ある蛾屋の記録:トップページはこちら

過去のユキムカエフユシャクはこちら♪
Test ♯732 ユキムカエフユシャク「ユキムカエフユシャク 2007-2008 Winter」
ユキムカエ捜索隊「シロオビフユシャク」
ユキムカエ捜索隊「ユキムカエフユシャク」
ユキムカエ捜索隊「ユキムカエフユシャク」
ユキムカエ捜索隊「シロオビフユシャク ユキムカエフユシャク」
ユキムカエ捜索隊「ユキムカエユフシャク(カットアウトバージョン)」
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2009-01-11 01:55 | そのほかの水系
2009年 01月 02日

A Happy New Year☆2009/ノコギリクワガタの冬休み

e0065734_6253172.jpg

「正月を満喫するノコギリクワガタ」(1/2 撮影)

大歯のノコギリクワガタは元気であります。とうとう年を越しました。
小歯のノコギリも踏ん張っており、同様に越年しました。
いくら室内飼育とはいえ、ずいぶんがんばってますですね。
たしかにウチのほうだとまだ屋内は氷点下まで下がってないと思うけど、
それにしたって夜は1ケタの温度であります。
もっと暖かいところに棲息しているハチジョウノコやアマミノコは、
もしかして後食後も成虫越冬できちゃってるんじゃあるまいか、と思ってしまいます。

e0065734_6325292.jpg

「越冬中に叩き起こされたアカアシクワガタペア」(12/31 撮影)

こちらは完全越冬モードに入っていたアカアシでありますが、
無事に生きてるかなー?と、ちょっくら掘り出してみたところ、こちらも夫婦そろって元気にしていました。
でも体にかなりダニがついていたので、掘り出したついでに洗うことに。
越冬ケースを少し大きいものにして、マットも全とっかえしました。
ま、ダニはエリトラ(上翅)の下とかにも潜りこんでいるハズなので完全に除去するのは不可能に近いですけど、クワガタから栄養吸い取るので、見える部分だけでも落とせば効果は大きいと思うことにしています。

♂のほうは、山梨県で一昨年(2007年)の8月18日に成虫で捕獲してきた子であります。
そうです、羽化してなをハムスターの「むー」より長生きしているクワガタとは、この♂なのであります。

がんばってこの冬も乗り切って、長生きしてね♪
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2009-01-02 23:59 | 自宅にて
2009年 01月 01日

A Happy New Year☆2009

e0065734_8222028.jpg


新年明けましておめでとうございます。(^o^)/

このブログも旧年中はたくさんの方にご訪問いただき、
また私自身も多くの方からお世話になり、ありがとうございました。
本年もどうかご指導のほど、何卒よろしくお願いいたします。m(_ _)m

ブログのお正月スキンは七草がゆの1/7までです。それ以後は元に戻りますが、じつはこのお正月バージョンは記事スペースの幅が狭いので、写真が自動的に縮小されます。お正月期間中は写真をクリックすると少し大きくなりますです。

祝你新年快樂。
我的博客,在去年中請很多的人訪問領受了。
再我自己也遇到許多人,關照,謝謝。
今年也請多關照。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2009-01-01 00:01 | Season event