Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2008年 10月 19日

Test ♯947.04 ミノウスバ 2008

e0065734_10493315.jpg

「ミノウスバの交尾 2008 Autumn」RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

10月18日は、一寸野虫さん、THE SAFARIさんとツマグロキチョウを見に行きました。
ツマグロキチョウとは1年ぶりの再会。元気にしてました(^_^)

ツマグロキチョウのあと、近くの湿地に足を伸ばしてみました。
もうぼちぼちチョウのシーズンは終わりですが、ほかになにか虫がいないかなーと探しつつ歩きます。
THE SAFARI さんはひたすら幼虫探し。ワームデレ(笑)。
そういえばバレンタインでカブトムシだかの幼虫を模したチョコが大人気品切れの勢いなんだそうですね。

本物食べればいいのに。

貴重なタンパク源でございますよ。私には食べる勇気ないですけど。

ひたすら幼虫をさがしていた THE SAFARI さんが道ばたでミノウスバを発見。
え?ほんと??この時期だと成虫だよね??

「交尾してますよ」

おおおおおおっ!!

昨年、ミノウスバが見たくて奔走したけど、見れたのはクモの巣にかかった亡骸だけだったミノウスバ。
植物の見分けが苦手な私でもニシキギだけは判別できるようになってしまったミノウスバ。
あぁ、1年ぶり感動のリベンジであります。

e0065734_11142698.jpg

「ミノウスバ 2008 Autumn」
Canon EOS Kiss Digital X/Canon Macro Photo Lens 35mmF2.8/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

ミノウスバは「黄色い」というイメージがあったのですが、実物にお会いしてみると、
なんというか赤みがかった深い黄色なんですね。
このへんは地域差、個体差があるのかもしれないですけど、鮮やかというより艶やかといった趣であります。

交尾を解除しないよう慎重に♂の顔アップを撮ってみました。
むー、蛾っぽくない顔してますね。なんか、ハエみたい。
背面からみると毛ぽわぽわなのに、下からだとなんか貧相なのは意外でした。
同じ昼行性でも、顔面まで毛がもじゃもじゃで
複眼がどこにあるのかわからないほどのフチグロトゲエダシャクの♂のようなのもいれば、
ふさふさ感がぜんぜんない、シンプルな鱗翅だけのイカリモンガまでさまざまであります。
活動するのが夏か秋か冬かの違いなのかなぁ。
でもイカリモンガは成虫越冬するよなぁ。
なにが要因になってるんでしょ?

e0065734_11372161.jpg

「ミノウスバの交尾 2008 Autumn」
Nikon D300/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM/Photoshop CS2

小さなカップルをよってたかって撮影していたので、♂が不安になったのか体勢がちょっと変わりました。
ミノウスバもやっぱり♀のほうが大きいですね。
大きいというか、長いですね(笑)。
周囲を見てみても、ニシキギらしきものはありません。
近くにあるのでしょうけど、これから♀は産卵のためにニシキギを求めて飛んでゆかねばならないのですね。
たくさん卵を産んでね♪

Test ♯712 ニシキギはこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2008-10-19 10:46 | そのほかの水系
2008年 10月 16日

Test ♯947.03 Aqua festivities タガメちゃん日記 2008

e0065734_4132575.jpg

「ウシガエルのおたまじゃくし」KONICAMINOLTA DiMAGE X1/Photoshop CS2

タガメの餌用に、近所の河原におたまじゃくしを捕獲しに行きました。
近所の河原にはヤマアカガエルやニホンアマガエルもいますが、
ウシガエルも多いのであります。

現在まで近所のホームセンターでまとめ買いしてきた
メダカと金魚(小赤というそうです)を与えていますが、
せっかく近所にウシガエルがいっぱいいるのだし、
ここはひとつタガ夫とタガ子に大きなオタマをプレゼントしようというワケであります。

ウェーダーも持って行ったけど、いまの時期はそんなに水量が多くないので長靴で十分でした。
100円ショップのちゃちい網でがさがさと探します。
小さいながらもすでに立派なカエルの姿になった亜成体が多いですが、
まだまだオタマもたくさんいます。
でも最盛期の「うじゃうじゃいる!」という頃と比べると数的には数百分の一かな。
あれだけいっぱいいたオタマはみんなカエルになったんだろうか。
もちろんサギやヤマカガシなどに補食された個体も多いだろうけど、
あの膨大な数を考えたら被補食数はたかがしれていると感じます。

河原に住んでいる顔なじみのおじさんいわく
「こないだ中国人が数人来て、おたまじゃくしをいっぱい穫っていったよ。美味しいんだって」

そうか、そういうのもあるんだ。
そうだよね、ウシガエルって食用目的で移入されたんだものね。

e0065734_4385395.jpg

「大漁大漁♪」KONICAMINOLTA DiMAGE X1/Photoshop CS2

30分ほどで6匹穫れました。
亜成体も網にいれたんだけど、やつらには「脚力」があるということを忘れていてジャンプで逃げられました。。。
とはいえ、はじめてのチャレンジで、この時期としてはまぁまぁでせう。
あとひと月早かったら、30分で単位が三桁になっていたかも(^▽^;)
多いんですよ、ホントに。

e0065734_4462155.jpg

「オタマとタガ子」RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

さっそく水槽にオタマを入れてみました。
ところが、であります。
室内ということもあって、それまで20〜22℃あった水温が翌日以降、
寒波で急激に気温が下がり水温もあっというまに18℃以下に。
タガ夫もタガ子もとたんに越冬モードで補食しなくなってしまったのです。

けっきょくタガ子が小さいオタマを1匹補食したまま、いまではすっかり呉越同舟で落ち着いてしまいました。
なんだかこうして見てると、

ただの仲良しじゃんσ(^_^;)

Test ♯872 ヤマアカガエル 2008はこちら
Test ♯162「ニホンアマガエル」はこちら
Test ♯67「オタマジャクシを捕まえたヤマカガシの幼蛇」はこちら
Test ♯5「ウシガエル」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2008-10-16 22:11 | 近所の河原
2008年 10月 07日

Test ♯947.02 チャマダラエダシャク 2008

e0065734_0412850.jpg

「チャマダラエダシャク 2008 Summer」
Canon EOS Kiss Digital X/EF70-200mm F2.8L IS USM/Photoshop CS2

9月13日に撮影したチャマダラエダシャクです。
樹液の香りただよう林のなかを、ふわんふわんと飛んでいました。

『みんなで〜』には、広げた翅の幅を測る開張は60〜70mmとあるのですが、
昼間だからでしょうか、野蚕なみの大きさに見えました。

クスサンが100〜130mmなので数値的には半分ですけど、
薄暗い森を漂うチャマダラエダシャクの姿はかなりの迫力がありました。

なんとか撮影しようと追いかけるのですが、敏感なことこのうえなくて、
ちっとも近寄らせてくれません。

こんなとき必ず叫びたくなるのは、

せめて、正体だけでも教えろー!!(・____________________・)ノ" ビローン

蛾LOVE師匠やMatszさんのような達人じゃないから、
撮影しないとおまえの正体がわかんないんだよぅ!!

林内のトゲグモやジョロウグモの巣に幾度も突っ込み破壊しつつ、
かろうじて撮影できました。

巣を破っちゃったクモたち、ごめん ... <(_ _)><(_ _)><(_ _)>
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2008-10-07 02:24 | そのほかの水系
2008年 10月 03日

Test ♯947.01 Aqua festivities タガメちゃん日記 2008

e0065734_148855.jpg

「タガメ(飼育個体)のタガ子」RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

9月13日に森上さんにお会いしたときに、森上さんが飼育しているなかからタガメの♂♀を1ペア頂戴しました。
下の子の通う小学校の生徒に、本物のタガメを見せてあげたいと思ったのです。

私自身、どこかの水族館の薄暗い水槽に展示してあったものを1度見たことがありますが(しかもよく見えなかった)、実物をこんなに間近で観察するのは初めてです。

CMで「ホントにホントにホントにホントにライオンだ♪」というのがありますが、

すげぇ、本物だ!

タガメちゃんペアを受け取るときに感じた衝撃は、もうこの一言がすべてを物語ってくれますですね。

東京都区内で生まれ育ち昆虫少年の時期がほとんどなかった私でさえも、タガメはあこがれの水生昆虫でした。
実際、当時でもタガメを見るのはかなり難しい状況でした。同様に当時「幻の宝石」と呼ばれていたカワセミを見るほうがはるかに容易だったと感じます。

で、タガメの「タガ夫」と「タガ子」でありますが、森上さんから話をいただくまで一般家庭でタガメを飼育できるとは

夢にも思っていなかった ∑(=゚ω゚=;) マジ!?

のでありまして、学校に連れてゆくまえにまずはお勉強であります。

すでに担任の先生には許可を得てありますが、取り扱いを自分が把握したうえで登校(?)させないとね(^_^)

冬になると自然でのタガメはたいてい土の中で越冬しますが、飼育環境下であれば水槽内でそのまま春までじっとして越せちゃうようなので、その段階になったら学校に運んで展示しようと思っています。
タガメが補食しなくなるので水があまり汚れず、換水などの手間や事故が防げるのでは、というのが一番の理由であります。
カブトムシのようにゼリーあげるだけ、というワケにはいかないですから(^▽^;)

ともあれ、下の子押しのけてタガメをじーっと眺める父親の姿があるのでありました(笑)

Test ♯860 Aqua festivities タイコウチはこちら
Test ♯856 Aqua festivities ゲンゴロウはこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2008-10-03 01:45 | 自宅にて
2008年 10月 01日

Test ♯947 Longicorn Maniax ミヤマカミキリ 2008

e0065734_4285031.jpg

「ミヤマカミキリ 2008 Summer」
Canon EOS Kiss Digital X/EF70-200mm F2.8L IS USM/EF12 II/Photoshop CS2

すみません、

コメントはしょります。

↑ついに開き直ったか ... (大汗)

Test ♯223 「ミヤマカミキリ」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2008-10-01 04:35 | そのほかの水系