Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 01月 ( 42 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 31日

Test ♯372

e0065734_2391050.jpg

「カワセミ」
Nikon D70/AiAF300mmF2.8sN/Kenko 2x Digital TELEPLUS PRO 300/Photoshop CS2

このカワセミは近所の河原の太郎くんではなく、ひとつ上流の河原にいるオスです。
大きな魚をゲットして、得意げに見えますね(^ ^
先日のNHKの、「ダーウィンが来た」でヤマセミを特集していましたが、カワセミとヤマセミでは進化の道筋に大きな違いがあることを初めて知りました。いやはや、ヤマセミって壮大な道のりを歩んできたんですね、びっくりです。

ところで、近所の河原に住み着いている鍋のおじさんのところでの会話。
その日は河原を手入れしている近所の有志の方々もいらして、たき火を囲んで談笑していたのですが、うち一人がこんな話を披露してくださいました。
「カワセミがよぅ、ひょいっと河原の砂利のところに降りてさ、あのちっこい足でなにか掴んで水の上に飛んで行くんだよ。なーにやってんのかなーって見てたら、水の上で掴んだもの落として、それに寄ってきた魚を真上から飛び込んで捕まえてるんだ。撒き餌だよ、釣りのよ。あれぁ頭いいなーって感心したよ。」
... え!?マジですか!!??
「なんだよ、そんなでっけぇレンズで撮ってて、知らねぇのかよ。だぁめだよ、ちゃんと観察しなくっちゃよ。」
いえ、双眼鏡でいつも見てはいるんですけどね、カワセミが撒き餌するのは見たことないっス(^ ^;
ホントかなぁ ... 。

Test ♯365「カワセミ」はこちら
A Happy New Year☆「カワセミ」はこちら

現在、過去の記事に順次タグを設定しています。全記事への反映には、いましばらく時間がかかりますが、がんばって作業してますのでもう少々お時間をくださひ(^ ^
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-01-31 02:55 | 周辺の河原(上流側)
2007年 01月 31日

Test ♯371

e0065734_1463559.jpg

「クロテンフユシャク」RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

糖蜜を終えて寄ってみた、電話ボックス。
あたたかく風がないからでしょうか、フユシャクのオスがたくさん集まっています。
でも、周囲をさがしてもメスの姿はなし。
先日行った公園では、あんなにたくさんフユシャクのメスがいたのに、不思議だにゃー。

ウスバフユシャクとよく似ていますが、クロテンのほうが山地性なのだそうです。
食草はかなり広範囲に食べるようですので、標高で棲み分けしてるのかもしれませんねー。
鳥も虫も両方見ていると、互いにうまく生きてるんだなーと思います。
シジュウカラやコゲラなんか、冬場はもう目の色かえて樹皮やらなにやらつっついたり、ヨシやススキの茎をむしって中に餌になる虫が潜んでないか探してますけど、でも虫たちもちゃんと隠れおおせてこうして命を繋いでいるわけで、これが長い年月をかけて育まれてきた生態系なんだなーと感じます(^ ^
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-01-31 02:27 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2007年 01月 30日

Test ♯370

e0065734_2203774.jpg

「ホオジロ」
Nikon D70/AiAF300mmF2.8sN/Kenko 2x Digital TELEPLUS PRO 300/Photoshop CS2

さえずりのきれいな鳥として日本三大鳴鳥に選ばれたのがウグイス、オオルリ、コマドリです。
で、4番目はというと、このホオジロなのです。誰が決めたのかわかりませんが、20数年前に日本野鳥の会の探鳥会で教わりました。
さて鳥の鳴き声を言いやすく表したのが「ききなし」です。有名なのはウグイスの「ホーホケキョ」とか、コジュケイの「チョットコイ」ですね。
ホオジロは「一筆啓上つかまつり候」だと教わりました。さらに日本野鳥の会が「新しいききなし」を募集し、ホオジロのさえずりを良く表現しているとして選ばれたのが「サッポロラーメン、ミソラーメン」。
ごめん、私にはなぜそう聞こえるのか、まったくもって理解できませーん。。。

と、思うこと20数年。
バードウォッチングを再開して我が耳を疑うできごとがありました。
こずえの先で、気持ち良さそうにさえずるホオジロが1羽。「一筆啓上つかまつり候♪」
うわ、聞こえる! たしかに、「一筆啓上つかまつり候」と聞こえる!!
さらに別の場所では「サッポロラーメン、ミソラーメン♪」
すげー、ほんとうに鳴くんだ!!

でも、中高生時代にはホオジロのさえずりを幾度聞いてもそうは聞こえなかったのに、
なんで急にそう聞こえるようになったんだろう。。。?
歳とると、そうなるのかな(^ ^;

Test ♯110「ホオジロ」はこちら
A Happy New Year☆「ホオジロ」はこちら
Test ♯74「ホオジロ」はこちら
Test ♯56「ホオジロ」はこちら

現在、過去の記事に順次タグを設定しています。全記事への反映には、いましばらく時間がかかりますが、がんばって作業してますのでもう少々お時間をくださひ(^ ^
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-01-30 02:59 | 近所の河原
2007年 01月 29日

Test ♯369

e0065734_22149.jpg

「アカホシテントウ」RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

梅の木でじっと寒さに耐えるアカホシテントウの成虫です。
風をよけるために梢の裏側や枝のまたにもぐってしまうので、撮るのがかなり困難でした。GX8で状況がわかるようにと思っても、背景が空に抜けてしまうので、ご覧の通りハレーションを起こしてしまひます(T_T)。ストロボつかえばすこしマシになるのですが、でも大きくテカリが入るし、あとでフォトショップで加工してもオリジナリティは出せないだろうなぁと思いながら撮ってました。案の定、玉砕。。。
D70で撮影したほうに、もっとちゃんとしたカットがあることを祈っているのですが、なんとパソコンに読み込もうとしてもデータを認識せず。あうー、フユシャクの交尾とかいっぱい撮ったのにぃー (┯_┯) ウルルルルル
D70ではモニター再生ができるので、データが完全に破壊されているワケではないようです。一縷の望みをかけて、ニコンに行ってきます。。。。。。

さてフユシャク第1ポイントではあまり蛾の姿はみれず、3名で向かった公園。フユシャク第2ポイントであります。
一寸野虫さんについて歩いて行くと、いました!
ここにもあそこにも、こんなところからあんなところまで(笑)。
しかも、交尾中にメスがどんどんオスをひきずって移動してゆくのですね。だから、えーっとこれってさっき撮ったっけ?とわからなくなってしまう始末。
いままで比較的大きいメスばかり出会ってきたので、今回どのメスもあまりに小さくて驚きました。しかも、翅がないぶん肢が発達しているので、歩くのが速いこと速いこと。。。
次回はもうちょっと対策を考えて、リベンジしたいです(`・ω・´)
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-01-29 02:47 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2007年 01月 28日

モバイルFaunas&Floras

e0065734_19432414.jpg

今宵はキリガ捜索隊。糖蜜という手法で、山のなかを飛びかう蛾とご対面であります(^^
モクメキリガ(だと思う)がいるのですが、わかります?
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-01-28 19:43 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2007年 01月 28日

Test ♯368

e0065734_293424.jpg

「シロフフユエダシャク」RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

いるところには、こんなにたくさんいるものなんだなーという今日いちにちでした。
午前中、中学時代の同級生Kと墓参へ。20代で急逝した、おなじく中学時代の同級生が眠る山あいのお寺へ。空は青く澄み、あたたかさで越冬していたキチョウがちらちらと日向を舞っていました。山の中なので、もしかしたらウソがいないかなと思ってコンパクトな500mmレンズを持ってゆきましたが、残念ながら声も聞こえず (´・ω・`;)
ふたつ山を越えた里山で一寸野虫さんが待ってくださっているので、墓参のあとKに送ってもらい合流しました。
「アカホシテントウムシがいますよ。」
まだつぼみの硬い梅の木に、越冬する成虫があちこちにいます。まだまだ寒いのに、なんて気が早いテントウムシでしょ。

今日はひさびさにフィルムでも撮るぞモードで、アカホシテントウムシのあいまに、Nikon EMで冬の里山を撮ってました。あぁ、フィルムを手で巻き上げる感覚って久しぶり ヽ(⌒‐⌒)ゝ ☆
ついでにCONTAX T2でも撮影。あぁ、このカメラのAFって、ピントほんとにあってんのかなぁー (-"-; ...と思いつつ撮る感覚って久しぶり(爆)。
「今日はいったいカメラを何台持ってきたんです???」
「4台☆」
このあと、真神ゆを最大の嬉々と危機が襲う!
つづく!
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-01-28 02:12 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2007年 01月 27日

モバイルFaunas&Floras

e0065734_22345110.jpg

第2ポイントはフユシャク天国でした(^_^;)
「何頭いるんだろう」
「こんなにたくさん、数えたくない!!」
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-01-27 22:34 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2007年 01月 27日

モバイルFaunas&Floras

e0065734_1941059.jpg

フユシャク第1ポイントは、フユシャクたちが活動を始める微妙な時刻だったので、飛ぶ姿はあれど撮れず(T‐T)
第2ポイントへ向かいまーす。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-01-27 19:41 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2007年 01月 27日

モバイルFaunas&Floras

e0065734_15432996.jpg

フユシャク捜索開始。
まずはアカホシテントウムシを撮影。これからフユシャクポイントに向かいまーす。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-01-27 15:43 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2007年 01月 27日

Test ♯367

e0065734_705421.jpg

「イカルチドリ」
Nikon D70/AiAF300mmF2.8sN/Kenko 2x Digital TELEPLUS PRO 300/Photoshop CS2

みごとに、河原の石ころと同化してます(^ ^;
この状態でじっとしているのでまったく気づかず近づいてしまい、「ピュイー♪」と急に飛び立たれて驚くことたびたびです(笑)。
シギチ(=シギ・チドリ)のなかではひときわ大きくてつぶらな目をしていてかわいいですね。
千鳥足の語源になったチドリの餌探しですが、近所の河原ではあまりその姿が見れません。イソシギやセキレイたちがそばでいっしょうけんめい餌探しをしているのに、ずっとフリーズ状態。夜行性じゃないはずなんだけどなー?

今日は一寸野虫さんとフユシャクさがしに行く予定です。
ケータイでうまく撮れたら、モバイルFandFをやってみようかなと思ってますが、フユシャクのメスはほんと小さいので、わたしのケータイじゃムズカシイかにゃー。

Test ♯64「イカルチドリ」はこちら

現在、過去の記事に順次さかのぼって、タグを設定しています。全記事への反映には、いましばらく時間がかかりますが、がんばって作業してますのでもう少々お時間をくださひ(^ ^
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-01-27 07:29 | 近所の河原