<   2006年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2006年 07月 31日

Test ♯229

e0065734_1275951.jpg

「ミヤマアカネ」MINOLTA α 707si/α50mmF2.8MACRO/Fujicolor CD/Photoshop CS2

花火大会観てきました。
子どもたちの金魚すくいで我が家の家族が2匹増えました。昼間せっせと金魚の水槽を洗っといてよかった(笑)。ただすでにいる2匹と新人2匹の体格差がずいぶんあるので、つっつかれないかちょっと心配。
ためしに水槽にヌマエビかなにかを同居させてみたいのですが、ついつい忙しさで忘れてしまいます。今年の夏は忘れずにチャレンジしてみませう。

近所の河原は夏まっさかり。今年もミヤマアカネがたくさん元気に飛んでいます。
背景に見える轍のある小径は、先日の大雨で私のひざより上まで浸水しましたが、ミヤマアカネにとってはあまり大きいダメージにはならないようです。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-07-31 02:06 | 近所の河原
2006年 07月 30日

Test ♯228

e0065734_1354926.jpg

「ニホンアマガエル」Nikon D70/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

今晩は花火大会です。夕立がこないといいんだけどなー。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-07-30 14:16 | 周辺の河原(下流側)
2006年 07月 29日

aside ♯5

e0065734_0435497.jpg

「海水浴 Jul.2006」NIKONOS V /W Nikkor 35mm/Fujicolor CD/Photoshop CS2

なんでそんなにカメラをたくさん持ってるの? ... と、よくきかれるのですが、
別にコレクションで集めてるわけじゃなくて(ちょっとコレクションっぽいのもありますけど)、
そのカメラがないと撮れない写真があるからなんでございます。
その典型が水中カメラのニコノスだったり、音がほとんどしないサイレント HEXAR ということになります。
家にカメラが2台も3台もあるのは、狭い家の中にテレビが何台もあるのと同じだという主張が某雑誌にありましたが(笑)、それはちょっと的確ではなくて、用途のちがう靴を何足か持ってるというほうが的を得ていると思いますよ。靴が一人一足づつしかない家庭はめったにないでしょ。普段の靴があって、サンダルがあって、長靴があって。登山を趣味にしている人ならハイキングシューズや登山靴もありますよね。それと同じで、用途が増えるとそれにあわせてカメラも増えちゃうものなんですよー。
と、いうわけであと数台欲しいカメラがある真神ゆパパでした。
でもなぜかこの理屈は、ウチの嫁さんにはまったく理解されません(T_T)
e0065734_15168.jpg

[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-07-29 01:05 | 撮影機材
2006年 07月 28日

Test ♯227

e0065734_4241261.jpg

「ヒメアトスカシバ」Nikon D70/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

擬態する昆虫は多いですが、なかでもハチに擬態する種ってけっこう多いみたいで、擬蜂虫と呼ぶそうです。
このヒメアトスカシバも、ハチそっくりさんの蛾です。たしかによく似てますね。
蛾や蝶は翅に鱗粉があるのが特徴ですけど、スカシバガの仲間はその鱗粉を捨てて翅が透けている種が多いことから「透かし翅」と名前がついたらしいです。鱗粉があること自体はメリットなはずなので、ハチに似せるためにわざわざメリットを捨ててるってことなんでしょうね。
そこまでしてハチに似せるということは、人間にとってだけじゃなく、鳥やトカゲにとっても、やっぱりハチって危険な存在なんですね。昔の特撮映画で、人類の滅んだ後に世界を支配した未来人の正体がじつはゴキブリ(のような生き物)というのがありましたけど、じつは世界制覇するのはハチの方だったりするのかな(^ ^;
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-07-28 05:12 | 近所の河原
2006年 07月 27日

Test ♯226

e0065734_22542581.jpg

「ハグロトンボ」Nikon D70/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

久々に、水田の広がる下流の河原へ行ってみました。水田の横を流れる小川のほとりを、はらはらとハグロトンボたちがたくさん飛んでいます。1頭だけ、水田の若い稲にとまっていました。明るい緑のなかだと、よく目立ちますね。
それにしてもアオハダトンボとハグロトンボは姿形がそっくりなのに、なんでこんなに生息範囲に差があるのでしょう。ハグロトンボもそこそこきれいな水のある環境じゃないとだめなのですが、アオハダトンボはきれいな水環境にプラスしてなにか求める条件があるようです。
卵を産み、ヤゴが暮らしてゆくための水草が豊富であったとしても、ハグロトンボはいるけどアオハダトンボはいないというケースが多い気がします。最近は都市部の公園も水がきれいになってきて、ハグロトンボが棲むようになった場所も多くなりました。これは単純にハグロトンボのほうが適応力があるというだけのことなのかしら。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-07-27 23:31 | 周辺の河原(下流側)
2006年 07月 26日

暑中お見舞い申しあげます

e0065734_3242466.jpg

「アオウミガメ」(だと思う度90%) Offshore in Waikiki,Hawaii
NIKONOS V /UW Nikkor 20mm/Konica R200/DiMAGE Scan Elite II/Photoshop CS2

額版をはっきり撮影できなかったので、ちょっと確信がもてないのですが、肋甲板が4枚配列に見えるのと、ハワイで見られるのはたいていアオのほうなので、ほぼ間違いなくアオウミガメだと思います。
ウミガメは沖縄でも見ましたが、餌付けでもしているのか、ハワイの個体はやけにフレンドリーでした。もちろん保護が徹底されているということもあると思います。
ウミガメはのーんびり動くイメージがあるかもしれませんが、海中でダッシュするとめちゃくちゃ速いんですよ。

さてこの一週間は納涼Weekでしたが(笑)、いかがでしたでしょうか。
また機会があったら海シリーズをやりたいと思っています。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-07-26 03:49 | Season event
2006年 07月 25日

くじらの唄

e0065734_34196.jpg

「岩礁」 Offshore in Waikiki,Hawaii
NIKONOS V /UW Nikkor 20mm/Konica R200/DiMAGE Scan Elite II/Photoshop CS2

じつは水中では音がどの方角から聞こえてくるのか人間の耳では感知できません。だから、音そのものにくるまれたような感覚になります。音量の大きさで、音源が近いか遠いかの判断はできるのですが、なにか気になる音がしたら周囲をぐるぐる見回さないとなりません。
コブシメを撮った沖縄で、何度もくじらの声を聞きました。限りなく濃いブルーの遥か彼方から、切ないほどのくじらの唄が全身を包み込むように響いてくるのが印象深かったです(^ ^
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-07-25 03:49 | Season event
2006年 07月 24日

暑中お見舞い申しあげます

e0065734_432619.jpg

「コブシメ」(だと思う度98%) 沖縄
NIKONOS V /UW Nikkor 20mm/RHP/DiMAGE Scan Elite II/Photoshop CS2

威風堂々たる大型のイカ、コブシメです(たぶん)。腕を持ち上げて、ちょっと威嚇モードです。
じつは威嚇は腕だけでなく、体色も激しく変化させます。このときも上面の黒褐色の部分を、繁華街のネオンのように光芒が駆け巡ってました。この2カットあとでは、上面をストライプのはいった白色に変化させています。
外套長が50cmを越えることもある、かなり大型なイカです。この個体は中の上くらいの大きさでしたが、なにせ陸上とちがって目の前に浮いてますから、迫力は満点です。でぶ猫くらいある巨大なカブトムシが目の前でホバリングしてるような感じだと思ってください(笑)。へんな例えですが、でも海のなかっておもしろそうでしょ? (^ ^
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-07-24 03:57 | Season event
2006年 07月 23日

暑中お見舞い申しあげます

e0065734_3441831.jpg

「イイジマウミヘビ」(だと思う度80%) 沖縄
NIKONOS V /UW Nikkor 20mm/RHP/DiMAGE Scan Elite II/Photoshop CS2

どんどん行きましょう。
運動が苦手な私ですが、そんな私がスキューバダイビングをはじめたのは単純に「海の中の生き物が見たい」という理由からでした。そんなわけで海中でウミヘビを見つけようものなら、猛ダッシュで追いかけます(^ ^;
ウミヘビといってもいろいろいて、爬虫類だったり魚類だったり、ややこしいことこのうえないのですが、このウミヘビは爬虫類のウミヘビです。似た種が何種類かいますが、おそらくイイジマで間違いないだろうと思ってます。魚の卵が主食のウミヘビですね。ストロボで色がはっきり出るように撮ればもっと正確に判断できるのですが、できあがった写真が肉眼で見たイメージとあまりに異なるので、使わなくなってしまいました。
うえー、ヘビだぁーと思われる方も多いと思いますが、かわいい顔してるんですよ。ただウミヘビはコブラの仲間なので、猛毒をもった種がほとんどです。なかには獰猛なのもいるので、うかつに近づくのは危険ですねー。ふふふ、すこし涼しくなりました? (^ ^
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-07-23 04:16 | Season event
2006年 07月 22日

暑中お見舞い申しあげます

e0065734_12261111.jpg

「超新星」 沖縄
NIKONOS V /UW Nikkor 20mm/RVP/DiMAGE Scan Elite II/Photoshop CS2

うーん、うーん、うーん、潜りにいきたい。。。(^ ^;

うーん、うーん、うーん、うーん、うーん ... ... ... 自分を追い込んでる気がしてきた(爆)。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-07-22 12:43 | Season event