Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2005年 11月 30日

Test ♯61

e0065734_23271169.jpg

「ツチイナゴ」Canon EOS20D/Planar T*85mmF1.4(MM)/R7.5mm/Photoshop CS2

(T_T)な模様のイナゴです。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2005-11-30 23:27 | 周辺の河原(下流側)
2005年 11月 29日

Test ♯60

e0065734_22465610.jpg

「オナガ」Nikon D70/AiAF300mmF2.8sN/TC-301s/Photoshop CS2

野鳥に興味をもったのは小学校6年くらいからで、高校を卒業するくらいまで頻繁にバードウォッチングに出かけていました。
その後、興味の対象が野生動物のほうに傾いたためにバードウォッチングはお休みしていたのですが、結婚して越した場所のすぐ近くに最適な河原があって、十数年ぶりに再開したというわけです。

ところが。十数年の年月はやはり永いもの。
浦島太郎状態のわたくしを、さまざまなカルチャーショックが襲ってきたのであります(笑)。
(つづく)
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2005-11-29 22:47 | 近所の河原
2005年 11月 28日

Test ♯59

e0065734_23233734.jpg

「ショウジョウトンボ」
Nikon D70/AiAF300mmF2.8sN/TC-301s/Photoshop CS2

ショウジョウトンボのオスは、成熟すると全身が真っ赤になります。
いわゆる「赤とんぼ」の仲間ではないそうですが、本家も真っ青なくらいに赤くなります。
ウチの家計簿といい勝負です(T_T)

ショウジョウとは猩々のことで、空想上の酒好きな獣だそうです。猩々はオランウータンも意味するようですが、このトンボの場合は空想上の獣の血が鮮やかな赤(朱)で、その血のような色を猩々緋と呼ぶところから由来しているのだそうです。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2005-11-28 23:24 | 近所の河原
2005年 11月 27日

Test ♯58

e0065734_1946281.jpg

「シオカラトンボ」
Nikon D70/AiAF300mmF2.8sN/TC-301s/Photoshop CS2

2週間ぶりに河原に降りました。今日は鳥撮りモード全開です。
とはいえ連日、鳥を続けるとあっというまにネタ切れになりますので(笑)、
季節は終わったものの、写真のほうはもう少し虫ネタで(^ ^

今日は天気がよかったので、ワシタカがたくさん飛ぶかなと期待していたのですが、
トビのほかはノスリとオオタカがすこし姿を見せただけでした。
トンボはミヤマアカネとナツアカネが、この寒さのなか懸命に生きています。
昨日河原に降りた人の話では、オオアオイトトンボもまだ残っているとのことでしたが、
なにせ鳥撮りモード全開なのでアウトオブ眼中(死語)状態です。
。。。鳥と虫って、両立しないんだってば(^ ^;
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2005-11-27 19:57 | 近所の河原
2005年 11月 26日

Irregular serial ♯8

e0065734_20501962.jpg

「伏流水」
Canon EOS20D/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

濁った川のまんなかに保たれた、清涼な小さな流れ。この澄んだ水が水草を育て、ひっそりとアオハダトンボを守ってきたと推測できます。では、この清らかな水はどこから供給されているのでしょう。
最初は、湧き水かと思いましたが、違うようです。でも本流の水がそのまま流れ込んだら、こんなに澄んだ水にはなりません。なにかのメカニズムが働いて、本流の水が濾過されているのでしょうか。
そこで、はたと思いついたのが河原の構造です。
河原は大部分が中州となっており、ふだんはその一部が岸とつながって半島のようになっています。中州はメートル単位の高低があるため、川の水量が増えると低い場所から順次浸水してゆくことになります。台風がくると、完全水没します。
さて、台風とはいかないまでも、ちょっとまとまった降水量があると、中州の低い場所は池のような水たまりになり、なかなか水がひきません。いつまでたっても蒸発してひからびないのです。なんでかなーと思っていたところ、思いついたのが「蒸発しても供給されてる?」ということでした。川の本流から地下水のように流れてきているのでは、と思ったのです。
同じことがアオハダトンボの生息域にも生じており、数百メートルも河川敷の下をくぐり抜け、天然の濾過フィルターで浄化された水が流れ出ているのではないでしょうか。

わたくしの稚拙な推論ですが、それを裏付けるキーワードを記したメールが届きました。
そのメールにはこう記載されていました。
「本種の生息は伏流水が流入し、良好な水質が保たれる場所に限定されるのではないか」
(つづく)
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2005-11-26 17:17 | Irregular serial
2005年 11月 25日

Test ♯57

e0065734_082513.jpg

「オオアオイトトンボの産卵」
Nikon D70/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2005-11-25 00:13 | 近所の河原
2005年 11月 24日

Test ♯56

e0065734_2214825.jpg

「ホオジロ」
Nikon D70/AiAF300mmF2.8sN/TC-301s/Photoshop CS2

昨日、一昨日と、ちょっと安直に画像をいじったものを掲載しましたので、今日はストレートなものをアップします。
コセンダングサの小さな黄色い花にかこまれてきれいですが、この花が全部「ひっつきむし」になります(^ ^;

ここしばらく休日は家族イベントが続いていて、河原に降りてません。
そろそろ霜がおりて、早朝は白くてきれいな造形が見られる季節です。
今度の土日は、早起きができるかしら。。。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2005-11-24 02:38 | 近所の河原
2005年 11月 23日

Test ♯55

e0065734_395631.jpg

「ヤマトシジミ」(だと思う度95%)
Canon EOS20D/EF70-200mm F2.8L IS USM/ROUNDRECT X HEAVEN

♯47の別カットです。
ROUNDRECT X HEAVENで天国モード全開で画像変換したら、すごいことになりました(^ ^;
ちょっとあやしげな雰囲気の画像ですけど、きれいだからそのまま掲載します。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2005-11-23 03:21 | 近所の河原
2005年 11月 22日

Test ♯54

e0065734_1362984.jpg

「Field Exercise_1」Canon EOS20D/EF-S10-22mm/Photoshop CS2

昨日から今日にかけて、すごく冷え込んでますねー。めっちゃ、さぶいですー(x _ x
虫たちにはインパクト大きいだろうなぁ。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2005-11-22 01:44 | 近所の河原
2005年 11月 20日

Test ♯53

e0065734_02419.jpg

「キンクロハジロ」
CONTAX 167MT/Teletessar T*300mmF4(MM)/Kodak Picture CD/Photoshop CS2
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2005-11-20 23:53 | 近所の河原