「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:自動販売機/電話BOX/外灯( 450 )


2016年 11月 06日

Wake up♯549 気温0℃の恋の季節 2016 カバエダシャク

e0065734_22164040.jpg

「カバエダシャクのオス 2016 Fall」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/白色LED/Photoshop CS5

Coming soon ...

e0065734_4364315.jpg

「カバエダシャクの交尾 2016 Fall」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS5


Wake up♯530
カバエダシャク 2014-2015 Winterはこちら

Wake up♯343 カバちゃん 2011はこちら
Test ♯725 カバエダシャクはこちら
Test ♯338 「観光地価格」はこちら
Test ♯340 「カバエダシャク、ふたたび」はこちら
モバイル Faunas & Floras 「カバエダシャク」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2016-11-06 22:24 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2016年 08月 08日

Wake up♯548 ライトトラップ調査隊 2016 アカスジキンカメムシ

e0065734_2272613.jpg

「アカスジキンカメムシ 2016 Early summer」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS4

ライトトラップはそれはそれで、あいまに夜の雑木林を探索すると、ライトに飛来せず静かに夜を過ごす生き物たちに出会うことができます。
葉上で休息するアカスジキンカメムシの成虫がいました。ライトトラップから近い場所ですが、トラップの灯りには興味がないようです。

Wake up♯353 アカスジキンカメムシ 2011
Wake up♯154 アカスジキンカメムシ 2009&2010
Test ♯892 アカスジキンカメムシはこちら
Test ♯231「アカスジキンカメムシ」はこちら
Test ♯169「アカスジキンカメムシ」はこちら

Wake up♯436 ニシキキンカメムシ 2012はこちら
Test ♯906 ACミラン 2008はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2016-08-08 22:54 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2016年 07月 27日

Wake up♯547 ライトトラップ調査隊 2016 トウキョウホソハマキモドキ

e0065734_21385646.jpg

「トウキョウホソハマキモドキ 2016 Early summer」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS4 /トリミング

誇張の表現として、最近よく「ヤバい」とか「クソ美味え」とか使われます。
チームかなたま(チーム神奈川+チーム埼玉)では、見つけた蛾にフラグが立つとこのような美麗句がつきます。

「エロい蛾いた!!」

蝶はきれいだけど、蛾は美しいのであります。
この美しさにレア度などが加算され、ななめ45°の方向にいくと「エロく」なるようであります(笑)

この日、川北さんの「クラゲ」に飛来した蛾のなかでエロかったのが、ちいさい小さいホソハマキモドキの一種。
「おー、エロいエロい」(川北さん蛾LOVEさん合唱)
どれどれと見て見る。うわー、小せぇ(^▽^;) たしかにきれいだけど、小せぇ。
しまったな、EOSとマクロフォトレンズ持ってくればよかった。

さてこの「エロミクロ蛾」、じつはごく最近の2006年に新種として記載されたトウキョウホソハマキモドキ。
皇居や赤坂御所での調査で発見された種であります。
記載後、ほかの場所にもいたという報告がちらほらあるようですが、今回「埼玉県にもいる」ということが判明したのでありました。

ポケモンGOが大人気のこの頃ですが、あなたのすぐそばには、誰にも気づかれずひっそり暮らすレアな生き物がおりますですよ キョロ(・・ )( ・・)キョロ(.. )( ..)キョロ(¨ )( ¨)キョロ
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2016-07-27 23:04 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2015年 11月 20日

Wake up♯541 マエアカスカシノメイガ 2015

e0065734_003921.jpg

「マエアカスカシノメイガ 2015 Autumn」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS4

クライアントとの雑談でよく出てくるのが、「今日は○○の日」という話題。
11月11日は「鮭の日」、とかですね。

で、「○月○日は蛾の日」はあるのかというと、どうも無いらしい。
そのかわり、National Moth Week 「世界蛾週間」 があります。
Friends of the East Brunswick Environmental CommissionというアメリカのNPOが主催するもので、2012年から国際的な取り組みが始まり,昨年2013年には,世界41ヶ国でイベントが開催されました。

考えてみれば、どこか特定の日を「蛾の日」にしようと思っても、理由付けが難しいですよね。
ちなみに今年のNational Moth Weekは7月19日から27日でした。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2015-11-20 00:01 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2015年 11月 13日

Wake up♯540 クワコ 2015

e0065734_2085086.jpg

「クワコ 2015 Autumn」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS4

超ごぶさたのブログ更新であります。
なんでこんなに放置してたかって、単純に仕事がめちゃ忙しかったんであります。おかげで今年の虫のゴールデンシーズンを棒に振りました (;д;) ヒック

私自身は5月にチーカナメンバーとともに、そよ風ふくさん&鈴木海花さんとゼフでご一緒して以来のフィールドであります。

あいかわらず自由時間がないのでありますが、一寸野虫さん、蛾LOVEさんにひっぱりだしてもらって、半年ぶりにフィールドへ出撃してきました。
今日はそのときのなかからの1カット。


Wake up♯24 クワコ 2009はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2015-11-13 21:44 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2015年 01月 20日

Wake up♯537 冬尺蛾捜索隊 シモフリトゲエダシャク 2014-2015 Winter

e0065734_19344133.jpg

「シモフリトゲエダシャクのオス 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

街灯や自販機、トイレの灯りをそのまま使って、外灯による外灯だけの蛾居灯な写真を撮ってきた私にとって、東日本大震災後は致命的なほどの影響を被っておりますです。

とにかく節電で消す、省エネでどんどんLED化してゆく。

資源には限りがあるし、蛾やその他の「走光性」のある生き物にとっては「光害」が減ってよいことではあるのだけれど、私個人はテーマのひとつが撮影しづらくなって、かなり苦しい状況に追い込まれてきてるのは確かであります(´・ω・`)

もちろん、こういう写真とか

e0065734_20114650.jpg


こーゆーのとかも撮ってはいるのですが、

e0065734_2020810.jpg


なんか、自分の写真だぞという思い入れを、いまひとつ込めることができないんであります(´・ω・`)

白バック写真は、いつもお世話になってる森上信夫さんや尾園 暁さんはじめ、多くの昆虫写真家の方々が画面からは伝わらない苦労や努力の末にこだわりをもって作品を仕上げていて、それを知った上で全身全霊で打ち込めるかというと、正直、わたしには壁が大きいであります。

たぶん最大の理由は、私が昆虫少年じゃなかったこと。

虫が好き→写真

ではなくて、先に写真技術があって、それで虫をどう表現するかという順番だったことが大きいのだろうなと思ってます。
それが良いか悪いかではなく、尊敬する森上信夫さんや尾園 暁さんとは別の視点で虫を撮ること、そこに私の価値観があるべきだろうと思うのです。


Wake up♯499 シモフリトゲエダシャク 2013はこちら
aside ♯24 並びモノはこちら
Wake up♯160 シモフリトゲエダシャク 2011はこちら
Wake up♯35 シモフリトゲエダシャク2010はこちら
Test ♯968 シモフリトゲエダシャク 2009はこちら
Test ♯773「シモフリトゲエダシャク 2007-2008 Winter」はこちら
Test♯364「シモフリトゲエダシャク、ふたたび」はこちら
Test♯359「シモフリトゲエダシャク」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2015-01-20 23:33 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2015年 01月 15日

Wake up♯536 冬尺蛾捜索隊 シュゼンジフユシャク 2014-2015 Winter

e0065734_193461.jpg

「シュゼンジフユシャクのオス 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

チーカナとしてはじめてシュゼンジチャレンジしたのが2007年であります。
今年でシーズン8ですか。
いやぁ、

ぜんぜんハッピーエンドが見えないんですけど。

ハッピーエンドどころか、年々難しくなってゆき、とうとう今年は「ポイント1カ所壊滅か!?」という事態になりました。

e0065734_1958645.jpg

「シュゼンジフユシャクのオス 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

今回は一寸野虫さん、蛾LOVEさん、川北さんに加え、関西から大物ゲストが参戦。日本全国神出鬼没のdodoboyさんであります。
シュゼンジ捜索の定番として、いつものように標高の低いポイントから巡ります。

... ... ... 。

ソメイヨシノ、大伐採、壊滅。

ウソでしょ?!というくらい、ソメイヨシノだけが根元から見事に伐採されているではありませぬか。
来年以降も引き続き観察してゆかないとなんとも言えませんが、ココは終わった感強し、であります(>_<;)

標高をあげて次のポイントへ。
こちらは毎回、風に悩まされるのですが、今年もきちんとしっかりかっきりちゃっきり、吹きすさぶ風。
それでもなんとか複数のオスを確認。したものの、ソメイヨシノ大伐採もあり、なんだか来年へのモチベーションがあがらない一日でありました。。。


Wake up♯518 冬尺蛾捜索隊 シュゼンジフユシャク 2013-2014 Winterはこちら
Wake up♯163 シュゼンジフユシャク捜索隊 2011はこちら
Test ♯771 シュゼンジフユシャク捜索隊はこちら
モバイルFandF シュゼンジ捜索隊はこちら
シュゼンジ捜索隊はこちら
Test ♯362「シュゼンジフユシャク」はこちら
Test ♯366「シュゼンジフユシャク」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2015-01-15 23:32 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2014年 12月 23日

Wake up♯533 ハラビロマキバサシガメ 2014-2015 Winter

e0065734_20303842.jpg

「ナカオビアキナミシャクを襲うハラビロマキバサシガメ 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA MACRO 50mm EXDG/内蔵ストロボ/SB26/Photoshop CS2

フユシャクを追い求め、野に山にトイレにと通い詰めていると、冬とはいえ冬尺蛾以外の虫たちにも出会います。

気温が低いのでスローな動きながら、それでも見事に獲物を仕留めたのはハラビロマキバサシガメ。
翅が短いですけど立派な成虫です。サシガメに近い「マキバサシガメ科」なんですね。口吻の節の数で区別できるそうです。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2014-12-23 23:28 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2014年 12月 07日

Wake up♯530 カバエダシャク 2014-2015 Winter

e0065734_23334177.jpg

「カバエダシャク 2014-2015 Winter」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

本日は12月30日。ほぼ1ヶ月遅れで進行しております。
いやぁ、やばいっす。年賀状も新年を迎える準備もなーんもできてません。

誰だよ、年末進行なんて考えたの!!ヾ(。`Д´。)ノ

クライアントが年末年始を休んでもプロジェクトが遅延なく進行するように、膨大な作業をベンダーの我々に丸投げするもんだから、もう死にそうであります。
1月4日〆切りが数件あるから、正月三が日は黙々と仕事ですね。

さて、冬は冬尺蛾たちだけの季節ではありません。
見た目のインパクトがあるから、冬尺蛾に注目が集まりますけど、ニトベエダシャクなど、冬尺蛾以外にも「真冬」に成虫が出てくる蛾がたくさんいます。

ミヤマとオオチャバネをさがして夜の山を徘徊した夜、外灯で見つけたのはカバエダシャク。
ただいま昆虫写真では白バック写真が全盛ですけど、じつは夜の外灯下でのシチュエーション写真のほうが撮影しづらくなっています。
3.11以降、節電で夜間の灯りが消え、どんどんLED化しているので、蛾が灯りに集まるという図式が成り立たなくなりつつあります。

このときも、外灯下で見つけられたのはこのカバエダシャク含め2頭のみ。
昆虫写真ではなく、虫チュエーション写真の私にとっては、かなり厳しい時代になりますた。・゚・(ノε`)・゚・。


Wake up♯343 カバちゃん 2011はこちら
Test ♯725 カバエダシャクはこちら
Test ♯338 「観光地価格」はこちら
Test ♯340 「カバエダシャク、ふたたび」はこちら
モバイル Faunas & Floras 「カバエダシャク」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2014-12-07 23:31 | 自動販売機/電話BOX/外灯
2014年 08月 15日

Wake up♯522 ヒロオビオオエダシャク 2014

e0065734_23394555.jpg

「ヒロオビオオエダシャク 2014 Summer」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

これもナショナル モス ウィークで撮影したカット。
夏の山にあらわれる、ちょっと大型の蛾。

「みんなで〜」には、食草はクスノキ科のダンコウバイやオオバクロモジとありますが、名前聞いてもぜんぜんイメージできないどころか、

漢方薬とまちがえそうだσ(^_^;)

アップめで撮ったりななめから撮ったりあれこれやるのでヒロオビオオエダシャクには小一時間おつきあいいただくわけですが、おとなしくて良いモデルになってくれました。

撮影中はヒグラシの合唱に包まれてたかと思うと、早朝明るくなるにつれ合唱は終わりこんどは夏鳥たちのコンサートタイムに。
仕事に忙殺されるなか、ほんの数時間のフィールドだったけど、やっぱり五感で癒されるのはよいものですね☆
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2014-08-15 23:39 | 自動販売機/電話BOX/外灯