Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:周辺の山( 53 )


2007年 04月 05日

Test ♯432 てふてふ捜索隊

e0065734_2305751.jpg

「ギフチョウの卵」
Canon EOS Kiss Digital X/Canon Macro Photo Lens 35mmF2.8/EF12_2/EF25_2/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

天気は晴れたが、アゴも腫れてる、おなじ「ハレ」なら、撮らなきゃ損損。
というわけでもありませんが(←いや、そのままだぞ)、貴重な平日の休みで、しかもお天気とあらば、まさに蝶日和。ちょっと気温が低いかなーと思いましたが、山あいへ出かけてみることに。

東京の桜の満開はもう過ぎましたが、山あいは標高があがるにつれ時間が逆戻りするかのように、花が5分、3分、2分と減ってゆきます。
目的地に着いて登山道を歩いてゆくと、地面すれすれの低いところを、ふわふわと移動してゆく黄色い影。
初対面のギフチョウです。
いつも近所の河原で、ルリタテハが弾丸のように猛烈なスピードで飛翔していくのに慣れているせいか、ゆったり、地面のなにかを探すかのように飛ぶギフチョウの姿を見ていると、ちょっと蛾っぽいな、なんて感じてしまいます。
ちょうど、フチグロトゲエダシャクのオスがメスのフェロモンを感知して、メスの正確な場所を特定しようと低空飛行するのに似ています。

平日にもかかわらず登山道はギフ狙いのカメラマンが多く、あまりオリジナリティのある写真が撮れませんでしたが、感激の初対面ということで、まずは撮るより見るほうに時間を割きました。

今日の写真は、ギフチョウの卵です。きれいな若草色をしていました。
ここに卵があるよと教えてくださった方いわく、まだ産んでまもないのだろうとのことでした。
枯葉に埋まるよなカンアオイの葉の裏で、そっと輝く真珠のようです。
無事、ふ化して命がつながっていくことを祈って、下山しました。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-04-05 23:40 | 周辺の山
2007年 03月 23日

Test ♯421

e0065734_23211397.jpg

「山路来て何やらゆかしすみれ草」(松尾芭蕉)
Nikon D70/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

枯葉のあいまから、まだやわらかい春の陽射しを胸いっぱいに吸い込むように
可憐な花を咲かせているスミレ。
日本には56種類あるそうですが、区別がむずかしいので「スミレ」でご勘弁くださいね(^ ^;
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-03-23 23:34 | 周辺の山
2007年 03月 22日

Test ♯420 てふてふ捜索隊

e0065734_22362946.jpg

「ヒオドシチョウ LOMO LC-A風」
Canon EOS Kiss Digital X/EF70-200mm F2.8L IS USM/EF12_2/ROUNDRECT X RUSSIA/Photoshop 7.0

今年はがんばって蝶を撮ろう!
と、こころに決めて昨日の休日に向かった先はギフチョウの生息地。
でも、まだ早かったみたい。
姿は確認されているものの、気温もあがらず、その日は1頭見たという目撃情報だけで終わってしまいました。
かわりに、ヒオドシチョウやミヤマセセリが飛んでいるのですが、
蛾に慣れてるせいか、敏感な彼らにまったくもって近寄れず。。。
うーん、蝶の道は険しいにゃぁー。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-03-22 22:46 | 周辺の山
2007年 03月 11日

Test ♯410

e0065734_23285638.jpg

「ビロードツリアブ」Nikon D70/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

土曜日の午前中は、蝶の姿をもとめて早春の山を歩いてみました。
これからの時期に見られる蝶には大きく2種類あって、
1つはテングチョウやキチョウのように成虫で寒い冬を乗り越えてきた成虫越冬組。
もうひとつは蛹で越冬し、春まっさきに羽化してくるミヤマセセリやギフチョウなどです。

残念ながら午前中のあいだに気温が上がらず、蝶たちはこの日の活動はあきらめたようで
姿を見ることはできませんでした。
でもかわりに、ぬいぐるみのようなかわいい姿でさかんに活動していたのが、ファーブル昆虫記にも登場するビロードツリアブ。
ビロードツリアブの姿を見ると、ああもうすぐたくさんの虫たちが活動するなと実感します。

昨年のビロードツリアブはこちら→Test ♯132「ビロードツリアブ」
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-03-11 23:52 | 周辺の山
2006年 08月 31日

Test ♯252

e0065734_029446.jpg

「ナツアカネ」Nikon D70/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

なんだか、夏っっっっっ!!!!!という実感がわかないまま、子どもたちの夏休みも今日でおしまい。息子たちは泣きながら宿題をやっています。
ナツアカネもようやく色づきはじめ、気がつけば季節は秋であります。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-08-31 00:31 | 周辺の山
2006年 08月 28日

Test ♯249

e0065734_2231742.jpg

「エナガ」Nikon D70/AF-S80-200mm F2.8D/Photoshop CS2

長い尾羽根と白くてぽわぽわした3等身、小さくて愛くるしい目とおちょぼ口の寸詰まりの顔には筆で描き足したかのような大きな黒マユゲ。よくまぁここまでイラストチックなデザインになったものだなぁと、見るたびに微笑ましくなってしまうエナガです。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-08-28 02:24 | 周辺の山
2006年 08月 19日

Test ♯242

e0065734_11463548.jpg

「ヤママユ」RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

野生には生息しない家蚕のカイコを除けば、おそらく蛾のなかで google 検索ヒット数ナンバー1のヤママユです。49,800件と圧倒的なヒット数であります。これより多い検索数の蛾がいましたら、ぜひお知らせください(^ ^

(8/22 →サイキチさんからの情報で、Diamond-back-mothこと、コナガが90,300件と現在トップ独走中です。)

今日も暑くなりそうなので、朝早いうちにカメラを持って家を出ました。前々から気になっていた隣の水系へ様子見に行ったのですが、いまいち撮る気が起きず。で、思いつきで林道に行くことに。近所の河原から、本流を挟んですぐの対岸に車両侵入禁止の林道があるのです。
冬場はいくどか行ったことがあるのですが、夏場は初めて。歩き始めると、いきなりオニヤンマが不審者を偵察にきました(笑)。頭上にはキビタキの姿もあって、うーん夏場もなかなかよさそうです。蜘蛛の巣だらけなのを除けばですが ... 。
これだけ樹木がうっそうとしてるのだから、野蚕が枝にぶらさがってたりしないかなーと思っていたら、いました!! 昼間のヤママユです☆
羽化してだいぶ経つようで、天敵に襲われ翅や体がぼろぼろになりつつも必死に生き延びてきたオスです。無事にメスと交尾はできたのかな。

Google 検索選手権「蛾」部門 ... 2006年8月19日現在
ヤママユ 49,800件
エゾスズメ 20,100件
オオミズアオ 19,700 件
モモスズメ 18,500件
シャチホコガ 14,200件
リンゴドクガ 1,960 件
ウンモンスズメ 1,890件
クチバスズメ 1,830件
エゾヨツメ 1,420件
キマダラコウモリ 1,300件
ギンモンスズメモドキ 1,090件
駅前シンジュ 1,050件 ... (笑)
赤すぎ青林檎 1,010件 ... なぜか前回の2件から大幅アップ!
キスジホソマダラ 901件
マエアカスカシノメイガ 828件
カノコガ 827件
アゲハモドキ 751件
クロスズメ 610 件
イボタガ 519 件
マエグロマイマイ 518件
メスコバネマルハキバガ 460件
ホソウスバフユシャク 307件
ヒメアトスカシバ 236件
ミヤマツバメエダシャク 234件
フチグロトゲエダシャク 222件
タイワンキシタアツバ 196件
アカスジアオリンガ 178件
ヒゲマダラエダシャク 149件
チャオビコバネナミシャク 85件
ゴマダラシロエダシャク 62件
トモンノメイガ 26件

google の検索ロボットのロジックに変更があったらしく、順位に大幅変動がありました。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-08-19 12:37 | 周辺の山
2006年 05月 16日

Test ♯173

e0065734_194913.jpg

「イボタガ」Canon EOS20D/Canon Macro Photo Lens 35mmF2.8/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

あかんです、ちょー眠いです。
いつも見回るポイントでは、5月になってぱったりとイボタガに出会えなくなりました。
あっというまにシーズンが終わってしまったようです。
ところでイボタガは土の中で蛹になり、羽化するといっさい飲まず喰わずで生殖のためのみ活動するのだそうです。だから、イボタガの成虫はオスメスともに口がありません。
翅の芸術的な模様もさることながら、このりっぱな触角と、口がないことでとてもシンプルな顔立ちが、とても素敵です♪
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-05-16 01:09 | 周辺の山
2006年 04月 20日

Test ♯154

e0065734_3491068.jpg

「イボタガ」Nikon D70/AiAF Fisheye 16mmF2.8D/Photoshop CS2

この春2度目の、というか人生で2回目の遭遇であります。
真夜中に、手のりになって遊んでもらってます ... ♪(* ̄ー ̄)v∞

e0065734_451530.jpg

ほら、まさに森の芸術品でしょ?
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-04-20 03:49 | 周辺の山
2006年 04月 15日

Test ♯150

e0065734_23584215.jpg

「アカスジアオリンガ」Nikon D70/SIGMA MACRO 50mm EXDG/Photoshop CS2

昨晩はチーカナ面々で自販機以外の場所にて蛾さがしをしていました。
昼間のあたたかさが嘘のように冷えた夜で、しかも月齢が満月に向かうときでもあり、
蛾もいるにはいるけど、ちょっと勢いがないかなという感じでした。

自販機じゃなくても、蛾は好む照明であれば寄ってきます。
神社の境内にある電球のうち、いちばん奥にある社に蛾や蜂が集まっていました。
境内の裸電球はどれも同じに見えるのに、なぜかこの場所にだけ集中するのですね。
なかでも目を引いたのが、このアカスジアオリンガ。早口で言うと「赤すぎ青林檎」になってしまいます。
写真からではわかりづらいと思いますが、きわめて美しいグリーンに濃淡のストライプ模様になっています。
緑色の蛾というのは何種類かいるのですが、いままで見たことがなかったので
とてもうれしかったです。
e0065734_1384230.jpg

そうそう、宝くじちゃんと買いましたです(^ ^
エゾヨツメとイボタガの神通力が通じますように!!!
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-04-15 23:53 | 周辺の山