「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:撮影機材( 18 )


2007年 12月 08日

Test ♯736 最大撮影倍率への挑戦

e0065734_1330512.jpg

「ヒメヤママユ 翅の鱗粉」
Canon EOS Kiss Digital X/Canon Macro Photo Lens 20mmF3.5/Canon AUTO BELLOWS/EF12 II/EF25 II/白色LED/Photoshop CS2

前々からチャレンジしてみたかった、自分の手持ちの機材でどこまでアップで撮れるかということに挑戦してみました。
モデルはコンビニの前で拾ってきた姫っちのオスです。拾ってきた時すでに瀕死の状態で、ほどなくして死んでしまったものを三角紙に包んで保管しておいたものです。

まずは翅の鱗粉から。いったい倍率が何倍になるのかわからないのですが、ワーキングディスタンス(レンズ前から被写体までの距離)は数mm前後。リング状の白色LEDライトで照らしていてもファインダーは真っ暗だし、倍率が大きすぎて翅のどこがフレーミングされてるのかなかなか把握ができません。
ピントの合う範囲もコンマ何ミリと狭いので、できるだけ絞りを絞って撮影してみたら、回折の影響が顕著に出るらしくすごくシャープさのないぼやけた画像になってしまいます。
フィルムEOSで撮影してフジカラーCDにしたほうが鮮明に撮影できるかも、と思っています。

しかたなしに絞りを半段だけ絞って撮ってみました。シャープさは出てきますが、今度は内面反射の影響なのかレンズ特性なのか、ハレーションが起きたような感じになってしまいます。それでも KissX との組み合わせではこれがいちばん良い画質であります。

姫っちは蛾のなかでは大型ですが、鱗粉の大きさはすいぶん小さいんだなと感じました。
またオオシモフリスズメなどのような典型的なウロコ状ではなく、毛のような鱗粉が多く、そのなかに部分的に「先がわかれたウロコ状の鱗粉」が組合わさっています。

e0065734_141971.jpg

「ヒメヤママユ 複眼」
Canon EOS Kiss Digital X/Canon Macro Photo Lens 20mmF3.5/Canon AUTO BELLOWS/EF12 II/EF25 II/白色LED/Photoshop CS2

今度は複眼をアップで撮ってみました。倍率は上の鱗粉の写真と同じです。
死後かなり経っているからでしょうか、ちょっと生気のない感じがしますですね。
でも生きてる個体ではちょっとここまでの倍率で撮影するのはムズカシいです。
複眼は微小な眼球の集合体ですけれど、姫っちの場合はひとつひとつが蜂の巣のようなハニカム形になってるんですね。白い部分は死後、色素が失われてしまった箇所なのでしょうか。
もっとピントの合う範囲を広く、さらにシャープに撮ってみたいですけど、顕微鏡とは違うのでこのくらいが限界なのかしら。

今年の夏は、落ちていた蝶や蛾の翅をいろいろ集めておいたので、引き続き高倍率の撮影にチャレンジしてみたいと思います☆
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-12-08 14:12 | 撮影機材
2007年 08月 29日

aside ♯17

e0065734_6204558.jpg

「フィールドの不思議物体」KONICAMINOLTA DiMAGE X1/Photoshop CS2

ここ数日、ひさしぶりに夜の蛾をさがし回っていてブログの更新がすこし滞ってしまいました m( _ _ )m
もうすっかりあちこちでヤママユを見かけることが多くなりました。ヤママユが出てくると、あぁもう秋なんだなぁ、という感じがします。
ところで先日、コンパクトデジカメを中古で買ってきました。コニカミノルタのディマージュ X1です。夜蛾さがしのついでに、操作方法を練習中です。手ぶれ補正のアンチシェイクが、なんともビミョ〜な音と振動を発します(笑)。
けしてマクロに強い機種ではないのですが、さすがにヤママユくらい大きければ記録写真程度には撮影できるみたいですね(笑)

e0065734_6263854.jpg

「ヤママユ」KONICAMINOLTA DiMAGE X1/Photoshop CS2

コンパクトデジタルカメラには、屈曲光学系と呼ばれるレンズシステムを採用した機種があります。よく、電源をオンにするとジーとレンズがせり出してきて、さらにズームを望遠にするとジジジーとピノキオの鼻のようにレンズの長さが伸びてゆきますが、基本的に屈曲光学系ではそれがありません。(なかには、Panasonic のキミマロズームのように屈曲光学系ですがレンズが伸び縮みする機種もあります。)
街歩きでちょっと気になるものを撮影するとき、かさ張らなくてポケットにすんなり入るので、いずれ一台は欲しいなぁと思っていました。

すでにカメラ事業を撤退したメーカーの、しかも世代的には800万画素で2世代ほど古い機種ということになりますが、思い入れのあるコニカとミノルタの最後期の合作ですので、スペックより愛情重視で買ってしまひました。
個人的に、コニカのカメラ、ミノルタのカメラは持っているのですが、合併後、コニカミノルタになってからのカメラは持っていなかったというのもあります。
昔の職場の道向かいにコニカのアンテナショップがあって、しょっちゅう入り浸って、親切だったコニカの社員さんから写真やフィルムについていろいろなことを学ばせてもらった思い出を胸に、たくさん写真を撮ろうと改めて思うこの頃です。
e0065734_6334384.jpg

[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-08-29 06:33 | 撮影機材
2007年 08月 21日

aside ♯16

e0065734_23533758.jpg

「Glossy leaf」 Rollei Prego AF/Fujifilm SP400/FUJICOLOR CD/Photoshop CS2

ものすごく、久っさびさに銀塩コンパクトカメラを使ってみました。
大学1年のときにコニカからビッグミニが登場したのを皮切りに、各メーカーから世界最小を目指しミニミニなコンパクトカメラが次々に発売されたのですが、私はみんなが持ってない機種が欲しくて、白羽の矢をたてたのがこの Rollei の Prego AF(日本未発売)だったのでした。

1976年にFranke & Heideck GmbH(フランケ&ハイデッケ社)が倒産し、1980年にローライフォトテクニック社として再出発。その後、韓国のサムソンから出資を受けていたこともあって、中身はサムソンの SLIM AF というカメラがもとになっています。でも、底面には誇らしげに「Rollei Fototechnic Germany」なんて刻印がしてあって、レンズも Rolleinar 35mmF3.5 になっています。レンズが純正の Rolleinar(ローライナー) なのはこの初期型だけで、2型以降はシュナイダーのXenar(クセナー)になっています。

サムソンの SLIM AF も持ってますが(だって5,000円だったんだもん)、やはりまるっきりのOEMではないようで、Prego AF のほうがいくぶん柔らかい描写で人物撮影に向いていると思います。SLIM AF はシャープなんだけど、描写が荒いというか、線が太い雰囲気なので、モノクロフィルムだと相性がよいかもしれませんね。

e0065734_23541286.jpg

「Terrace completed with wood」 Rollei Prego AF/Fujifilm SP400/FUJICOLOR CD/Photoshop CS2

このカメラを使っていると、コニカのビッグミニシリーズやオリンパスのμシリーズ、リコーのGRシリーズなど日本から続々とヒット商品が出るなかで、サムソンや Rollei が必死に追いつこうとしていた感じがよく伝わってきますです(^ ^;
サムソンと Rollei の関係はその後どうなってしまったのかよくわかりませんが、一時期はリコーの R1 をOEM供給してもらい、Rollei Prego Micron として日本で発売していたこともありました。現在は往年の名機ローライフレックスをミニチュアにしたデジカメを発売したりしてますです。

e0065734_23544255.jpg

「モンキチョウ」 Rollei Prego AF/Fujifilm SP400/FUJICOLOR CD/Photoshop CS2

デジタルのコンパクトと異なり、銀塩コンパクトで虫を撮るのはムズカシいですねー。何カットかチャレンジしてみましたが、後ピンが多くほとんど玉砕してました(T_T
けっきょく赤外線アクティブAFで、あまり近距離だと虫を認識できず、ピントがAFの合わせやすい葉っぱやコンクリの壁を拾っちゃうようです。
マクロ写真では、デジカメの恩恵は計り知れないものがあるなぁと、あらためて感じるのでありました(^ ^
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-08-21 23:58 | 撮影機材
2007年 07月 20日

aside ♯15 海水浴特攻隊

e0065734_153780.jpg

「台風直撃海水浴.2007」
MINOLTA α707si/A24-85mmF3.5-4.5(1型)/FujifilmSP400/FUJICOLOR CD/Photoshop CS2

フィルムの撮影分が出来あがってきました。これはキャンプ場のすぐ横を流れる、例年なら「ホタルが舞う清流」のはずの小川であります。こんなときって、ホタルはどうしてるんでしょうね。
ホタルにかぎらず、ヤゴとかカジカとかオタマジャクシとか、この激流と化した勢いに耐えられるのかなぁ??と心配になりつつ、カメラとともにずぶ濡れになりながら撮る私。

e0065734_1172869.jpg

「スモーくん」PENTAX Zoom90WR/FujifilmSP400/FUJICOLOR CD/Photoshop CS2

スモーくん、といっても相撲君ではありません。ハッケヨイー (((ノ`^´)ノヾ(`^´ヾ))) ノコッタァ
台風直撃で泳ぐことも虫採りもできないんじゃ、残る楽しみは酒と料理だというワケで、手軽に薫製がつくれる道具だそうです。鶏肉とか豚肉とかいろいろ試してみましたが、たしかに独特の風味が香ばしくて美味しく、いままでスモークサーモンとかしか知らなかった薫製に対するイメージが変わりました。
「鉄板にぎんぎんに油注いで、肉焼いて!」よりはずっとヘルシーな感じで、食べていて飽きなかったです。いいな、ウチにも欲しいな、これ。

e0065734_1332785.jpg

「セマダラコガネ」(だと思う度30%)
MINOLTA α7700i/A50mmF2.8MACRO(1型)/FujifilmSP400/FUJICOLOR CD/Photoshop CS2

雨でも、よぉーーくさがせば虫がいるもので、あじさいの上に小さなコガネムシの仲間がいました。カナブンなど甲虫目の同定はいまのところ大の苦手でございまして、たぶんセマダラじゃないのかにゃーといった程度で、まるっきり自信がありません。一寸野虫さんからのツッコミを期待してますです(^ ^;
e0065734_1445027.jpg

今年もニコノスなど完全防水カメラを持ってゆきましたが、けっきょく海には入らなかったので活躍の場なし。ほとんど上の3台で撮影してました。

明日(あ、今日か ... )で終業式、子どもたちは夏休みの始まりです。
「海!海海海!!!」
ひー 彡彡彡彡○o。ヾ(x.x )ノブクブクブク・・・彡彡彡彡

Test ♯581 海水浴特攻隊「荒波の漁港で獲物を奪い合うイワガニ」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-07-20 01:53 | 撮影機材
2007年 06月 02日

aside ♯14

e0065734_22571192.jpg

「雑木林」
Nikon EM/Ai Nikkor 28mmF2.0/Fujicolor400/Fujicolor CD/Photoshop CS2

Nikon EMで撮ったネガのなかに1月に撮った写真が含まれてました(汗)。
冬の雑木林で月が輝いています。
寂しそうな景色と感じるか、「フユシャクの舞う活気ある雑木林」と感じるか、
人の心はわずかなことで感じ方が大きくかわりますね(^ ^

さて、画像でぱんぱんになってしまったHDDのデータをなんとかすべく、7台目を接続してデータを整理中であります。そのため iBook の処理能力がいっぱいいっぱいでWebを見るにも動作が重たーい感じです。
一時期はHDDにプラスしてDVD-Rにもバックアップを行ったりしていたのですが、効率が悪くて枚数がすごく増えてしまうことと、根本的にディスクが信用できないということもあって、けっきょく2台1セットでHDDにミラーリングして保存してゆくスタイルに落ち着きました。
なんだかんだで、年に1台づつHDDを買ってデータを移してゆくのが一番てっとりばやくて安全度が高いんですよね。ちなみに3.5インチHDDはすべて LaCie で揃えてますです。
でも、たとえミラーリングしてあっても落雷のサージ電流でHDDが全滅したら一巻の終わりなわけで、サージ電流防止のアダプターをかませてはいるものの、リスク分散のために来年くらいにはBlu-rayディスクを導入しないとあかんかなぁと思ってます。

さて、どこまでデータ移動が進んだかな ... 。
がんばれ iBook 、あと300GBだ!! ... 明日の朝までかかるかな、これは(^ ^;
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-06-02 23:15 | 撮影機材
2007年 03月 12日

aside ♯13

e0065734_2201696.jpg

「エサキオサムシ」 SO506is Premini-IIs/Photoshop CS2

1年ちょい前に買ったケータイ。やっと少しづつ使い方がわかってきました(^ ^;
カメラ機能は123万画素ですけど、ブログなどのネット媒体に掲載する分には問題ないですね。ただマクロにすると、ビミョーなピント合わせがやりにくいです。
なにより不便なのは、フィールドからブログを更新するとき、なぜか写真は縦位置じゃないと送れないらしいんですよね。
今日の写真みたいに横位置で撮りたいときもあるんだけどなぁ。。。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-03-12 22:29 | 撮影機材
2007年 02月 24日

aside ♯12

e0065734_23251336.jpg

「のろいアカホシテントウ」
Canon EOS20D/Canon Macro Photo Lens 35mmF2.8/EF12_2/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

さて。
予想に反して「春を告げる蛾」フチグロトゲエダシャクの交尾まで見れた本日いち日。
午後は近くの谷戸へ行ったり雑木林で糖蜜もして、充実のいち日!
... のはずが。

D70のデータをiBookが認識できず。
またかい!ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆
症状は前回とまったく同じ。iBookからコンパクトフラッシュに JPEG 画像があることが見えないらしいのです。
おかしいなぁ、前回の件もあってTranscendからLEXARに替えたんだけど。
もうこうなったらどうにもなりません。月曜日にニコンに行ってきます ... 。

機械って、「そろそろ新機種を ... 」なんて皮算用を始めると、敏感に感じとって急に調子が悪くなったりしますけど、いまのところD70を買い換える予定はまったくないんですよね。フィールドでめちゃくちゃレンズ交換する私の撮影スタイルが求めるのは、秒間10コマの速度でもなく、1000万画素のCCDでもなく、ダストリダクション機能なんであります。
はよ搭載機種出さんかいニコン! \(*`∧´)/ ムッキー!!
というわけで、D70の機嫌を損ねるようなことはしてないハズなのだけど ... ... ...

はっ!
そういえば前回と思い当たる共通点が ... 。前回も今回も、アカホシテントウを撮っている ... !?
もしかして、アカホシテントウの呪いですか!!??
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-02-24 23:59 | 撮影機材
2006年 10月 31日

aside ♯10

e0065734_314586.jpg

「Memorial Address」 

レンズは純正品とサードパーティ製があります。
どっちのほうが良いの? ということになると、最近はとても判断がムズカシくなってます。

昔は「純正レンズは高価で買えない」という人が選択するのがサードパーティ製レンズでした。
いまでもその傾向は残ってますけど、サードパーティメーカーもがんばっていて、最近では純正レンズにないスペックを得られることが大きな選択肢になっています。
また純正レンズのなかにもタムロンなどのサードパーティからのOEMだったりすることがあったりで、ややこしいことこのうえないです(笑)。

ただ最近、ちょっと気になることがありました。
私の知人がニコンD80に買い換えたら、手持ちのタムロンのマクロレンズだとストロボ調光が正常に行われず露出がオーバーになってしまうのです。修理に出しても、ボディとの相性が悪いみたいですねぇ、で、そこから先に進めなくなってしまい、その知人はやむを得ずニコン純正(VRマイクロ)に買い換える決断をしました。
もっとゴネれば、レンズを新品と交換等の対応までもってゆけたかもしれませんが、そのために遠いサービスステーションまで時間を割いて往復していられないという事情もあります。

タムロンのマクロ90mmは「老舗」で、描写については熱烈な愛好者が多くとてもよいレンズです。タムロンのマクロ90mmを愛用するプロもたくさんいます。
ただあくまでサードパーティなので、90mmマクロに限らず描写以外の部分、たとえばボディとレンズが距離情報をやりとりするようなソフトウエアなどで不具合を生じるケースが増えているように思います。
いちばん多いのが、各メーカーから新機種が出てくると、(サードパーティはそこまで将来のことは見越して設計できませんから)信号のやりとりができず、正常に機能しないという例ですね。これはタムロンもシグマも過去幾度か大きな問題になっていますし、サードパーティじゃないはずのフォーサーズでも、オリンパスのカメラとパナソニックのレンズ間で不具合が発生してアップデートが必要になったりしています。

カメラは電子機器になってしまい、そういった面でサードパーティ製レンズにはちょっとリスクもあるんだということを考慮に入れて今後は検討したほうがよいのかなと思っています。
デジタル一眼レフは、今後たとえば魅力的な新機種が出て来たら、きっと数年置きに買い換えると思う場合は、純正レンズのほうが安心できるかもしれませんね。

一方でニコンF3やF4などフィルム時代のカメラでもレンズを共用したいとか、アダプターでEOSにもつけて遊びたいといったケースでは、絞りリングのあるサードパーティレンズを選択する価値は十分あるように思います。
タムロンやシグマ、トキナーのデザインや描写、操作性がたまらなく好きで仕方がないとか、道具としてのフィーリングも大切ですよね。
いちばん大きい要素は、奥さまが純正レンズとの価格差4万円を許してくれない(笑)というケースだったりするワケですが(^ ^;

ちなみに今日のカットは、どんなカメラにどんなレンズで撮ったか、フィルムなのかデジタルなのかも書かないでおきますね。
純正レンズかサードパーティ製レンズかは、写真見ただけではたぶん判断できないと思います。
どのような機材を使うのであれ、自分が楽しく撮れることが一番重要なポイントだと思いますよ(^ ^
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-10-31 03:20 | 撮影機材
2006年 10月 09日

aside ♯9

e0065734_22542311.jpg

(左)オリジナルをリサイズしUSMを50%
(右)リサイズののちコピー&ペーストでレイヤーを重ね、ぼかし+レイヤー属性をハードライトにしたもの
Canon EOS Kiss Digital X/EF-S18-55mm F3.5-5.6 USM/Photoshop CS2

連休のあいだ所用で出かけていたのですが、連休中ずーっと葉は舞い枝が飛びすさぶ風雨続きでした(涙)。夜はウスタビガや、あわよくばクロウスタビガと出会えるといいなと期待していたのですが、天候は嵐。虫の姿はまったく見られませんでした。

デジタルになって、写真ってずいぶんいろいろ操作できるんだ、と気づかれた方も多いと思います。でも明るさやコントラストを変えたり、色をさまざまに調整できるのはフィルム時代も同じだったんです。とくにネガフィルムは自由度が高くて、そこを十二分に活用していたのが「写ルんです」などのレンズつきフィルムでした。
パソコンでデジカメの画像をめいっぱい派手な色にしたり、シャープネスをぎんぎんにかけるのはよくないとハウツー本に書いてありますが、私はそれはそれでかまわないのではないかと思っています。
フィルム時代にも色をどぎつくしたフィルムがありましたし、シャープネスのきつい写真だって、フィルム時代の「アレ(荒れ)」と呼ばれる表現と通じるものがあるように思います。

私が写真をブログにアップするさい、Photoshop をはじめとしていろいろツールを使ってレタッチしていますが、なかでも多用しているのがレイヤーを重ねる方法です。
Photoshop (またはレイヤー操作のできる Elements)で、まずリサイズします。これが背景画像になります。ついで全画面を選択してコピペすると、同じ画像がレイヤーで重なることになります。下が背景画像、その上にレイヤーが乗っかるかたちになります。
上に重なっているレイヤーは属性を変えることができて、デフォルトは「通常」ですが、これを「ソフトライト」や「ハードライト」、「ビビッドライト」に変えます。するとコントラストがものすごく強く誇張されるのが感じられると思います。これを「不透明度」で調節したり、背景、レイヤーそれぞれの明るさを調節して自分の気に入るようにレタッチしてゆきます。
さらに、コピペのあといきなりレイヤーの属性を変えないで、レイヤーだけ「ぼかし(ガウス)」をかけ、それから属性を「ソフトライト」に変更すると女性は肌がきれいに見えるようになります(^ ^

今日の写真は、連休で出かけた先で妻が用事を済ませているあいだ、雨のなかひまだったので撮った、ウチの車(ディアマンテ)です。
左の画像がもともとのオリジナルで、これをコピペしてレイヤーのみ「ぼかし(ガウス)」をかけ、レイヤー属性を「ハードライト」にし、背景・レイヤーともにレベル補正で明るさを整えたものが、右の画像です。「ぼかし」をどのくらいの量にするか等は写真によりますので、いろいろ試してみるしかないです。
個人的に黒が滲む描写が好きなので、あれこれやってると、Test ♯279 の彼岸花のカットのようになったりします。ちょうど暗室でネガからプリントするさい、引き延ばしレンズにストッキングなどをかぶせてソフト調にすると黒が滲むような感じが好きなんです(^ ^
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-10-09 22:45 | 撮影機材
2006年 10月 05日

aside ♯8

e0065734_0511548.jpg

「運動会.2006 緑チーム優勝」
MINOLTA α 9xi/Tokina AT-X400mmF5.6SD/Fujicolor CD/Photoshop CS2

最近の運動会は、赤勝て白勝てじゃないんですね。
地域にもよるのでしょうけど、赤白に加え青組だのオレンジ組だの入り交じって、戦国時代みたいな運動会でした(^ ^;
今年の優勝は、長男のTAKUMIが属する緑組。うーん、少しは優勝に貢献できていたのかな?
運動会が終わったと思ったら、こんどの連休で文化祭だそうです。

いつもコメントをいただいているみなさま、ありがとうございます。
連休明けまであれこれ作業があって、ちょっとテンパってます(^ ^;
落ち着いたらレスいたしますので、数日お時間をください m(_ _)m
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2006-10-05 23:59 | 撮影機材