「ほっ」と。キャンペーン
2009年 03月 25日

Test ♯981 イノシシ 2009

e0065734_2503758.jpg

「イノシシの親子 2009 Spring」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

仕事で神戸に行ってきました。
日帰りとはいえ、せっかくなので新幹線をギリまで遅らせて新神戸駅周辺を軽く歩いてみました。
もしかしたら、名物が見れるかな ... と思っていたら、ホントに間近で見れました。
イノシシであります。

イノシシが名物?と思われる方も多いと思いますが、
もともと神戸は港のすぐ背後に六甲山系があり、自然豊かな地なのであります。
でもイノシシがいるだけなら東京都の町田市にだっています。ウチの近所の山にもいます。
神戸の違うところは、イノシシが人慣れしていて野良ネコのように市街地まで出て来ちゃうんであります。

e0065734_21402498.jpg

「立派に育った仔イノシシ 2009 Spring」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

イノシシはけっこう神経質で、周囲で生息していてもそうそう人前には出てきません。
しかし神戸のイノシシはそばに人がいても、危険を感じない範囲であれば逃走しない傾向があるようなのです。
私がはじめて神戸のイノシシのことを耳にしたのはいつくらいだったけな。10年以上前だったんじゃないかな。
高級住宅街の芦屋の町中を闊歩するイノシシが急に増えたというものでした。
その後、動物写真家の宮崎学氏が撮影し発表していました。
そこには街角のネコのごとく、夜間の住宅地を平然と活動するイノシシの姿がありました。
そんなわけで、四つ足ケモノも守備範囲としている私にとっては、
神戸といえば異人館より「ぼっかけ」より、なんてったってイノシシなんであります。

e0065734_21142852.jpg

「神戸の夜景と仔イノシシ 2009 Spring」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

とはいえ、新幹線を遅らせてちょいと駅周辺を歩いたところで出会えるほどアマくはないよなぁ
なんて思っていたら、いた。ホントにいた。親子でいた。すぐ近くにいた。
私が近くにいることはもちろんのこと、フラッシュの撮影も気にもならない様子で、むしろどんどん接近してきます。

真神ゆ、大興奮。( ̄ε=‥=з ̄) フンガー

子どもの方はすでに「ウリ坊」を卒業し大人並みに成長していますが、まだわずかに幼さをのこしています。
通常だったら親子連れのイノシシなんて危なくって近づけませんが、
散策路に柵があり、ブッシュ大統領に投げられた靴が楽勝で届くくらいの距離まで大接近であります。

私が夢中で撮影していると、帰り際らしきサラリーマンが通り過ぎつつ、
「なに撮ってんのやろ」
「あぁ、あれや、イノシシやろ」

... それだけで会話済んじゃうですか (;^_^A アセアセ・・・

e0065734_2154635.jpg

「イノシシの匂いつけ?」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

なかば新幹線のことを忘れ観察していたら、仔イノシシのほうが桜の張り出した根に首をこすりつけています。
最初は痒いのかなと思いましたが、まず首の右側を、ついで左側をこすり、
そのまま歩き去ってゆきましたので、匂いつけの行動だったんじゃないかと感じています。

神戸の市街地イノシシが増えたのは、まず地理的に市街地とイノシシの生息地が接近していること、
市街地には餌となるゴミがあること、そしてやはり餌づけなんでしょうね。
神戸市は「神戸市いのししの出没及びいのししからの危害の防止に関する条例」を
2002年5月1日から施行していますが、
規制区域内ではイノシシの食物となる可能性のある廃棄物をみだりに捨てること、
生ゴミ等の放置の禁止はもちろん、
餌づけなどの禁止も重要な項目と位置づけています。

だいたいサルでもキツネでも、人を恐れない個体が出てくるのは餌づけです。
バードウォッチングでは庭に餌台を置いて野鳥を呼んでみましょうという書籍が出てるくらいですから、
相手が野良ネコでもイノシシでもサルでもキツネでも、餌をあげたくなる気持ちはわかるのですが、
これは結果的には相手の生き物にはメリットは少ないので、生き物への善意だとは考えない方がよいです。
現状では観察するうえでの一時的な手段、というのが妥当なところではないでしょうか。
タンチョウなど餌づけで種が救われた例もありますけど、
基本的に野生動物が必要なのは餌ではなく、彼らが繁殖し世代をつないでゆける環境を増やすことです。
環境が整えば、彼らの餌は自然がちゃんと用意してくれるのですから。



Test ♯977 ヒレンジャク 2009を更新しました。

A Happy New Year☆2007「Warthog(イボイノシシ)」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2009-03-25 02:50 | 自動販売機/電話BOX/外灯


<< Test ♯982 Aqua ...      Test ♯980 アトジロエ... >>