2009年 03月 24日

Test ♯980 アトジロエダシャク 2009

e0065734_22542191.jpg

「アトジロエダシャクの交尾 2009 Spring」
Nikon D300/Nikon D70/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/内蔵ストロボ(D70)/Photoshop CS2

いやぁー、ネタばっかりたまってます。
更新がんばらねば。

Test ♯976 ヤマアカガエル 2009を更新しました。
同じく放置中のヒレンジャクも更新しなくちゃ(>▽<;; アセアセ

今日のアトジロエダシャクはこのブログ初登場、3月14日にトギレ狙いで雑木林に行ったときに出会ったペアです。
トギレエダシャクは冬尺蛾ですが、アトジロエダシャクは春に羽化してくる蛾。
関東近郊では、だいたい3月中旬前後から4月初めくらいまで、標高を上げれば4月の中旬過ぎでも出会える種です。
昼間見るとふつうの色彩なんですけど、フラッシュや白色LEDで撮影すると、
翅がなぜか蛍光色のようなコバルトブルーに輝いて写るのが不思議。
んー、構造色がからんでるのかな。

いつもは白色LEDを使用することが多いのですが、この日は風があってLEDではぶれぶれになってしまいます。
どうしたもんかなと考えて、D300で長時間露光してる間にD70の内蔵ストロボを光らせて撮影しました。
ストロボの瞬間的な光でブレは防げたけど、長時間露光中にズームレンズが、
鏡胴の重みでずるずると望遠側から広角側へと変化したせいで、枝の影がえらく不自然に写ってますねσ(^_^;)
ズームリングをテープで固定しないとダメだなこりゃ。

e0065734_23455480.jpg

「アトジロエダシャクの交尾 2009 Spring」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

こちらは同日見つけた別のペア。
1組目より位置が低くて撮りやすいけど、夫婦そろって翅を閉じてしまって翅の表面の柄が撮れません ... 。
遊歩道をジョギングしてゆく人が怪訝そうな眼差しでこちらを一瞥し走り去ってゆきます。

ふっ。。。

その程度はもはや慣れっこですだ ゚゚゚゚゚-y(^。^)。o0○ プハァー

e0065734_0144100.jpg

「アトジロエダシャクの交尾 2009 Spring」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

気に入ったシチュエーションがあると、長々と撮影するのが私の悪いクセ。
このペアだけであれこれと30カット以上、1カットにだいたい30秒かかりますから、
30×30=900秒(15分)。
そのうえ、あーしたりこーしたり、なんだかんだで40分間格闘してました。
一寸野虫さん、いつも待ちぼうけさせてしまってすみません ... <(_ _)><(_ _)><(_ _)>
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2009-03-24 22:53 | 自動販売機/電話BOX/外灯


<< Test ♯981 イノシシ ...      Test ♯979 Aqua ... >>