2009年 03月 15日

Test ♯976 ヤマアカガエル 2009

e0065734_138798.jpg

「ヤマアカガエルの卵 2009 Spring」OLYMPUS C-5050z/PT-015/Photoshop CS2

今年も日本固有種、ヤマアカガエルの恋の季節がやってきました。
成体にはなかなか出会えませんが、近所の河原ではいつも同じ水たまりに産卵しています。
ほかの一等地はウシガエルなどが陣取ってるので、小さいヤマアカガエルには、
この浅い水たまりしか選択肢がないのかもしれません。

e0065734_12235461.jpg

「ヤマアカガエルのオタマジャクシ 2009 Spring」OLYMPUS C-5050z/PT-015/Photoshop CS2

今年は水たまりが、いつもよりさらに水深が浅い気がします。大丈夫かな、干上がんないかな。
卵塊の数は昨年よりかなり少なめ。
まだこれから増えてくれるとよいのだけど、すでにふ化してオタマになってる個体も多いので、
あまり期待はできなさそうです ... 。

例年より浅いうえに、水たまりの底は腐葉土が積もっているので、カメラを水に降ろすだけで
腐葉土の塵が舞いあがり濁ってしまいます。
水が澄むまでじっとがまん。
そのあいだに撮影できそうな個体をさがして、レンズをそろーりそろーりと近づけてゆきます。
デジカメのモニターはすでに泥で見えず、ノーファインダーで、どんなふうに写るかは勘に頼るしかありません。

偶然、反水面写真が撮れたけど、ううぅーんσ(^_^;)
顔が切れてる ... 。難しいでありますねー。

e0065734_2226011.jpg

「ヤマアカガエルのオタマジャクシ 2009 Spring」OLYMPUS C-5050z/PT-015/Photoshop CS2

オタマがたくさんたむろしているところにレンズを向けてみました。
なぜかいっせいに底の泥に潜ろうとするオタマたち。
あうー、せっかく水が澄んだのに、泥巻き上げないでくれぇぇー。
大丈夫だって、撮影するだけでタガメの餌になんかしないってば(^▽^;)

e0065734_22311298.jpg

「ヤマアカガエルのオタマジャクシ 2009 Spring」OLYMPUS C-5050z/PT-015/Photoshop CS2

ここにたむろってる数十匹は、たぶん同じ卵塊からふ化した兄弟たちなのでしょうけど、
ずいぶん成長の度合いに差がありますね。初期はこの程度の差はどうってことないのかな。

産卵風景もぜひ観察してみたいけど、敏感だから難しいだろうなぁ。
日中からブラインド張って夜まで息潜めてれば見れるかな。
う、トイレにも行けなさそうだ ... ∥wc∥ ヾ(^ ^ゞ =з =з =зトイレッ!

Test ♯872 ヤマアカガエル 2008はこちら
Test ♯803 ヤマアカガエルはこちら
Test ♯796 オオイヌノフグリ「ヤマアカガエルの卵塊、その後」はこちら
Test ♯786 ヤマアカガエルはこちら
Test ♯387「ヤマアカガエルの卵」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2009-03-15 22:38 | 近所の河原


<< Test ♯977 ヒレンジャ...      Irregular seria... >>