Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 08日

Test ♯962 コナミフユナミシャク 2009

e0065734_34348100.jpg

「コナミフユナミシャクのメス 2008-2009 Winter」(だと思う度98%)
Canon EOS Kiss Digital X/EF-S10-22mm USM/Photoshop CS2

土曜日に一寸野虫さん、The SAFARIさんとフユシャクさがしに行ってきました。
冬に繁殖活動するのがフユシャクでありますが、
全部がいっぺんに真冬に出てくるわけではなく、
種によって晩秋、初冬、真冬、晩冬、初春、春と交代交代で出てきます。

この日は「交尾相手を見ないと種が特定できない」♀が4〜5頭いました。
その相手候補はというと、ぼちぼちウスバフユシャクやウスモンフユシャクが減り、
クロテンフユシャクの♂ががぜん増えてまいりました。

ウスバやクロテンとくらべて、♀単体でも種がわかりやすいのがコナミであります。
♀1頭が道脇の桜にぽつりとたたずんでおりました。
オオナミかコナミかという部分については、もう深く悩むのはあきらめて、
平野部ならコナミと思うようにしております(笑)

Canon の超広角レンズ EF-S10-22mmは、近接撮影するときは描写にクセがありますね。
撮影時も、ファインダー上で画面周辺部の像が急激に流れるので、
被写体をはじっこで撮ることの多い私にはピントが合わせづらくてなかなか使いづらいであります。
ちなみに上のカットは10mm位置でF5.6。
余裕があるときには日中でも三脚使ってF11〜16くらいまで絞ったほうがよさそうです。

e0065734_416675.jpg

「コナミフユナミシャクの交尾 2008-2009 Winter」(だと思う度98%)
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

こちらは12月13日に別の場所で出会ったコナミペア。
コナミの交尾って、♂が翅を閉じて♂♀がお尻合わせ反対向きのスタイルしか見たことないんですけど、
これがいちばん安心できるスタイルなのかな。
クロテンなんかは翅広げてたり、いろんなポーズ見るんですけどねー。

Test ♯778 コナミフユナミシャクはこちら
Test ♯763 コナミフユナミシャクはこちら
Test ♯334「オオナミフユナミシャク」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2009-02-08 21:43 | そのほかの水系


<< Test ♯963 シロフフユ...      Test ♯961 Aqua ... >>