「ほっ」と。キャンペーン
2009年 01月 26日

Test ♯959 フユシャクのメス捜索隊 2008-2009 Winter

e0065734_2501445.jpg

「イチモジフユナミシャクのメス 2008-2009 Winter」
Canon EOS Kiss Digital X/EF-S10-22mm USM/Photoshop CS2

24日の土曜日に、ひさびさにフィールドへ出かけてきました。
疲れがピークでさすがにパスしようかと思っていたのですが、
一寸野虫さんの甘い一言で老体にムチ打って出撃してまいりました。

「イチモジのメスを狙えるのは、今シーズンでは今回でラストチャンスですよ」

イチモジとはイチモジフユナミシャクであります。
「イチモンジ」ではなくイチモジであります。意味的には同じだけど。

イチモジの♂は雑木林などでわりと普通に見ることができます。
成虫の出現期間もフユシャクのなかでは長いほうですので、
年に数日のチャンスを逃したらアウト、また来年!というシビアさはありません。

がしかし、♀となると話は別で、あれだけ♂を見かけるのに
♀にはなかなか出会うチャンスがないのであります。

この雑木林は男子校なのか!!??ヽ( )`ε´( )ノ

と、毎年叫びたくなる悔しい思いで数シーズンが過ぎ去っていたのでありました。

e0065734_384973.jpg

「イチモジフユナミシャクのメス 2008-2009 Winter」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

がしかし、いるところにはたくさんいるらしいのです。
そこで今回はイチモジの♀や交尾の写真をたくさん撮影されている
埼玉のATSさんにお願いして男女共学のポイント情報を教えていただきました。

当日は小雪舞う天気。
午前10時ちょい前に到着し、イチモジを探し始めます。
捜索開始からおおよそ1時間。

いた!!

身長156cmの私の背よりわずかに高い位置で、
小雪舞う凍えるような風を耐えるかのようにギャル(死語)がじっと佇んでおりました。

フユシャクの♀は翅が極端に小さいか、あるいは消失しています。
いずれにしても飛翔はできません。歩くのみです。
日本のフユシャクで♀の翅がいちばん大きいのは
トギレエダシャクではないかと思います。(でも飛べません。)
次いでヒメクロオビフユナミシャクなどが続きますが、
イチモジの♀もけっこう立派な翅をもっていますね。
その翅には、♂のものより太短いイチモジの黒いライン。

あぁ、ATSさん、ありがとう (≧∇≦)

e0065734_3323015.jpg

「イチモジフユナミシャクのメス 2008-2009 Winter」
Nikon D300/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2(上のカットのみ内蔵ストロボ)

この日は計5頭の♀を確認できました。
いいかげんイチモジのシーズンもギリでしたので、ラッキーだったと同時に、
いるところは、昼間でもこんな5頭もギャル(死語)がいるんだなぁと感じましたです。

私はあれこれ撮るので、5頭中2頭しか撮影していないのですが、
その2頭をくらべても個体差があることがわかりますですね。
蛾LOVEさんが神奈川県で捕獲した♀は、かなり青緑が強い印象でしたが、
今回見た中でも白黒ツートーンに近い子や、
どちらかというとブルー味がかった子などがおりました。
最初の♀の腹部がぺちゃんこなのは、すでに産卵し終えたのでしょう。
お腹が黒いのは、個体差なのかな、鱗粉がハゲちゃったのかな??

フユシャクの♀の翅については現在も研究が進められています。
フチグロトゲエダシャクを用いた実験では、
蛹の段階では♂♀ともに翅を形成する準備が行われるものの、
その後♀はアポトーシスにより蛹内で翅をほぼ消失させ羽化してくることが
確かめられたそうです。

また、飛べないほどに翅が小型化してゆく流れは過去最低2回はあったようで、
♀にどれくらいの大きさの翅、もしくは翅の痕跡が残っているかだけでは、
単純に進化の度合いは推し量れないようであります。

先日、テレビのニュースでやってましたけど、
新潟県は女子高生のスカートの丈が日本でいちばん短いと
レッテルが貼られたそうです。
これは靴下の長さも影響していて、
結果としていちばん肢が露出してみえるかららしいのですが、

フユシャクの♀の翅も案外、女子高生のスカート丈と似たようなものだったりして ... (^▽^;)

Test ♯782 フユシャクのメス捜索隊はこちら
Test ♯764 イチモジフユナミシャクはこちら
Test ♯708 フユシャク捜索隊 2007-2008「イチモジフユナミシャク 2007-2008 Winter」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2009-01-26 23:07 | 自動販売機/電話BOX/外灯


<< Test ♯960 フユシャク...      Test ♯958 ノコギリク... >>