2008年 12月 23日

We wish you a Merry Xmas☆2008/Spiders Maniax マメイタイセキグモ(その1)

e0065734_18411582.jpg

「マメイタイセキグモの後姿」
Nikon D300/AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G/内蔵フラッシュ/Photoshop CS2

それは今年の9月13日のことでありました。
ミヤマクワガタを撮影したりチャマダラエダシャクを追いかけていたら、森のずっと上のほうへ足をのばしていた一寸野虫さんから連絡が。

「spaticaさんがナゲナワ系のクモを発見しました。この異形の容姿は図鑑で見た覚えがあるんですけど思い出せません。ワクドとは別種ですが、ワクド同様に ... 」

... ... ... 珍品スパイダースのお仲間であります。Σ(・ω・ノ)ノ!

e0065734_19152986.jpg

「マメイタイセキグモの卵のう」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/内蔵フラッシュ/Photoshop CS2

ところで、excite ブログはネームカード登録すると、月ごとに検索ワードランキングが10位まで調べられるようになっています。
ワクドツキジグモを掲載した2007年6月からずっと10位付近を細々と息長くランクインしているワードがあります。

日本七大珍種蜘蛛。

ワクドのときにお世話になった石神井公園のクモくも蜘蛛・蟲のきどばんさんは「わかるような、わからないような(笑)」

どうやらこの「日本七大珍種蜘蛛(クモ)」というワードは、地方メディアが、全国的にも発見例が数件しかないクモが県内ではじめて確認された、ということを伝えるために使ったのが広まるきっかけになったようです。

もちろん記者の方も取材中に「日本七大珍種蜘蛛(クモ)」という単語が出てきたので流用したのでしょうけど、考えてみれば「日本七大美人女優」とか「日本七大珍名所」を選んでみろというのとおなじようなもので、決めようがないじゃん、というのが正確なところのようであります。

確かにワクドツキジグモのように世界的に見ても発見例(=発見個体数)が20匹前後しかない(2008.12.23現在)というクモもいます。これは発見例が少ないという面でみた場合の珍品=希産種ということになります。この場合、希産種は「情報不足種」であって、「希少種」とは限らないので混同しないよう注意しましょう(きどばんさんの「クモ蟲画像掲示板」より引用)とありました。

なるほど、例えが正確かわかりませんが、深海魚のリュウグウノツカイみたいなものなのでしょうね。稀にしか発見されないけど、いるところにはいるのかもしれない。でもそれがどこだかわからないし、もしかしたらホントに個体数が少なくて絶滅寸前だから出会えないのかもしれない。
けっきょく21世紀になっても、地球にはまだまだ

お金にならないから研究がすすまない

分野がたくさんあるのでありますねーσ(^_^;)

e0065734_20342738.jpg

「マメイタイセキグモ 2008 September」
Nikon D300/AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G/内蔵フラッシュ/Photoshop CS2

で、マメイタイセキグモなのでありますが、このクモも発見例が少ないという点で「希産種」のひとつだそうです。(くどいようだけど2008.12.23現在。)

じっと見る。ち、小さい ... 。

卵のうを守るように寄り添うところをspaticaさんが見つけたそうです。
したがって♀であります。
うーむ、いくら見れども、どこがどういう構造になっているのかさっぱりわかりません。
縮こまっているので正確な体長が実感できないのですが、この状態で、よく家のなかで見かけるハエトリグモの仲間よりふたまわり小さい感じであります。
林道脇にいたそうなのですが、こんな小さいの、spaticaさんよく見つけたなぁ。。。

このマメイタ♀は、のちに「1号」と呼ばれることになるのであります。
そうなんです、よもやこの後にも第2のマメイタ♀を発見できるとは、このとき誰も思っていなかったのでありました。(つづく)

Test ♯909 Spiders Maniax ハナグモ 2008はこちら
Test ♯643 Spiders Maniaxはこちら
Test ♯605 Spiders Maniaxはこちら
Test ♯525 ワクドツキジグモはこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2008-12-23 23:59 | Season event


<< We wish you a M...      Test ♯956 ノコギリク... >>