「ほっ」と。キャンペーン
2008年 09月 15日

Test ♯942 てふてふ捜索隊 コヒョウモン 2008

e0065734_2216942.jpg

「コヒョウモン 2008 Summer」
Nikon D300/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM/Photoshop CS2

いるハズだけどどうせ出会えないだろうなぁ ...
という種に出会えちゃったのがなんだったのか残ってるので、
さくっといきます、さくっと(まだひっぱる気かい!)。

登山道をひーひー言いながら登った後に
クモマベニヒカゲを追いかけベニヒカゲを下から覗き込み(笑)、
タカネキマダラセセリを指にのっけて、この日の私はもうダウンでありました。

まだ付近にはチョウの姿があり、タフな一寸野虫さんが身軽に追いかけ撮影しています。
私はといえば、登山道にたびたび落ちている、ホオのような大きな葉に
なにやら人工物的な赤い粘着物体がちょびちょびついている
不思議なものを放心状態で眺めておりました。

必ず葉についている赤い粘着物、なんだと思います?
しかも登山道のあちこちに落ちてるんでありますよ。

「コヒョウモンがいますよ」
一寸野虫さんが声をかけてくださるのですが、もう足がうごきませーん(;´ρ`) グッタリ

と、1頭のコヒョウモンがわりと近くに寄ってきてくれました。
いつもだと寄ってきてくれないのに、このときはへろへろだったので、
殺気が出てなかったのかな(^▽^;)

殺気ぢゃなくて愛情なのよ。

シャッターを押せたのはわずかに4カット。
うち、このカットだけがまともに写ってました。

ちなみに往路でわからなかった赤い粘着物の正体がわかったのは、
復路で韓国人のハイカーの団体さんに追い抜かれたときでありました。

キムチを葉にくるみ、食べつつハイキングしていたのね。

次回、私もやってみよう。σ( ̄~ ̄)モグモグ。。。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2008-09-15 22:15 | そのほかの水系


<< Test ♯943 てふてふ捜...      Test ♯941 てふてふ捜... >>