2008年 07月 08日

Test ♯907 橋の上の物語 キマダラコウモリ 2008

e0065734_0552552.jpg

「キマダラコウモリ 2008 June」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

夏といえばカブトムシやクワガタ、オオムラサキなどなどが樹液に集まりますけど、
そもそもなんで樹液がでるかという理由の一つに穿孔性の蛾の幼虫の存在があります。
有名なのはボクトウガですが、コウモリガの仲間の幼虫も穿孔性なので樹液の原因になります。
つまりコウモリガの仲間がいたら、その近辺にはカブトムシなど樹液嗜好の虫たちの姿も見られる可能性があるわけですね。

カブトムシやクワガタはかっこいいけど、蛾はキモチ悪い、なーんて言ってちゃダメですよん。
自然はつながっているんであります(^ ^

Test ♯204「キマダラコウモリ」はこちら

Test ♯547 橋の上の物語はこちら
Test ♯623 橋の上の物語 2はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2008-07-08 00:59 | 自動販売機/電話BOX/外灯


<< Test ♯908 橋の上の物...      Test ♯906 ACミラン... >>