Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 29日

Test ♯881 てふてふ捜索隊 Skippers Maniax ダイミョウセセリ 2008

e0065734_2313393.jpg

「ダイミョウセセリ 2008 Early summer」
Nikon D300/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM/Photoshop CS2

小学生の頃、セセリで暗記できていたのはイチモンジセセリとこのダイミョウセセリです。名前が名前なだけにインパクトが強くて、図鑑で見て覚えました(笑)。
しかし、ダイミョウとはすごい名がつけられたものです。
ほかにも「ダイミョウ」とつく生き物っているのかなと検索してみたら、クロサギ(黒鷺)科の「ダイミョウサギ(大名鷺)」というのがありました。ん??そんなサギいたっけ??と思ったら、なんと海水魚。... 知らなかった。
海産物ではほかに巻き貝類の「ダイミョウイモガイ」がヒット。採集地が沖縄なのに、なぜか群馬県立自然史博物館のホームページに載ってます。

e0065734_23355323.jpg

「ダイミョウセセリ 2008 Early summer」
Nikon D300/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM/Photoshop CS2

昆虫では「ダイミョウキマダラハナバチ」というのが出てきました。単為生殖を行うため、メスしか知られていないそうな。
それからオサムシ科に「ダイミョウアトキリゴミムシ」と「モモグロダイミョウアトキリゴミムシ」がいるそうです。これは同一種か別種に扱うかサイトによって分かれてますね。
ほかにコメツキムシ科の「ダイミョウコメツキ」もありました。

植物では「ダイミョウチク(大名竹)」。これの筍は下茹で不要、そのまま使えるお手軽食材だそうでございます。また大名竹と同じトウチク属に「シマダイミョウ(縞大名)」という種があるようですが、これは正式和名かどうかわかりません。

あとはダイミョウサザミだかなんだか、ゲーム関連の用語がどばーっと検索にひっかかりました(^▽^;)

e0065734_054887.jpg

「ダイミョウセセリ 2008 Early summer」
Nikon D300/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM/Photoshop CS2

で、なんでこれらの生き物の和名に「ダイミョウ」なのかという点がどうも不明。
mikenekohantenさんのブログ「自然生態園へ行こう の ブログ」には、ダイミョウセセリは「通常セセリチョウの仲間は静止時に羽根を立てる傾向にあるが、本種は逆に羽根を広げて止まる傾向が強い事から、大名行列が来たときに地面に平伏す町人に見立て、ダイミョウセセリと呼ばれる。」と解説がありました。また「別の説には通常羽を立てる特性のあるセセリチョウの仲間の内、このダイミョウセセリの仲間は羽根を広げて止まるため、着物を見せびらかせて歩く大名に見立て」たという説も紹介されてました。

他の「ダイミョウ和名仲間」から察するに、私個人は後者の説を支持したい気がいたしますです。みなさまはいかが??

Test ♯264 「ダイミョウセセリ」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2008-05-29 23:12 | 近隣の水系


<< Test ♯882 クロミミキ...      Test ♯880 アカハラゴ... >>