「ほっ」と。キャンペーン
2008年 05月 06日

Test ♯860 Aqua festivities タイコウチ

e0065734_17131228.jpg

「タイコウチ越冬明け」
Canon EOS Kiss Digital X/Canon Macro Photo Lens 35mmF2.8/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

5月3日。さて昼飯でもと立ち寄ったそば屋さん。ちょっと混んでて外で空き待ち。
と、やってきました飛んできました一匹の虫。
「あ、タイコウチだ。」
さっそく、そば屋の店先で集団でかがみ込むチーム神奈川(空腹で立ってられないのではありません)、とまどう従業員。
「あの ... ... ... お席空きましたけど ... ... ... 」

e0065734_01857100.jpg

「手のりタイコウチ」KONICAMINOLTA DiMAGE X1/Photoshop CS2

タイコウチは幾度か出会ったことがありますが、手のせしてみたのは初めて。
む。

う、薄い。w(゚ロ゚; オォォーーー!!

そういえば、あまり横から見たことなかったですね。
なんだか注意して持ってないと、ぺき ... とかいって折れそう。

タイコウチは飛ぶことができ、じっさい飛んできてそば屋のまえにぽとりと着地したわけですが、あらためてネットで調べてみると、飛ぶにあたって体を乾かさないといけないんですね。
つまり「やべぇ!」という事態になってもすぐには飛べない。いいのか、そんなんで。
ちなみに「タイコウチの飛翔は夜に限られている」と記載されたサイトがありましたが、私たちが遭遇したのが13時前後ですから、確立ゼロではないようです。
とはいえミズカマキリなどにくらべると、タイコウチは「めったに飛翔しない種」といえるようですので、真っ昼間にタイコウチのほうから飛んできたというのは、かなり貴重な体験だったのかも??

e0065734_325432.jpg

「タイコウチ越冬明け、2005.5.1」Nikon D70/SIGMA MACRO 50mm EXDG/Photoshop CS2

タイコウチは近所の河原でも見かけたことがあります。
3枚目のカットがそれで、このカットのみ2005年に撮影したものです。
ちなみに撮影はしたものの、お蔵入りになっていました。理由は

不自然だから。

すでに夕日は対岸の山の稜線に沈み、時刻は17時40分過ぎ。
地面を歩いていたのですが、暗いなかけっこう早く動くので、やむなく草にぶらさげて撮影したんですけど、タイコウチは自然ではこんなシチュエーションはないですね(^▽^;)

身体中泥に覆われていて、どうやら越冬明けだったようです。
そういえば、そば屋に飛んできたタイコウチも土まみれでした。
関東甲信越の平野部では、おおむねGWの頃に起きてくるみたいですね。
今年は、ずっと先送りにしていた水棲の生き物たちをすこし覗いてみようかな。

5月3日。去了蕎麥麵條舖,吃午飯。但是擁擠,在店外邊空席等候。
於是一隻蟲飛了來。水棲的椿象,是「Taiko-uchi(太鼓打)」。
立刻,以蕎麥麵條鋪在店頭,集體在地面蹲的我們。
不是食物中毒。因為空腹的,不被立著也沒有。攝影著。
裝上到手看太鼓打的話,薄。當心不持,快要折了。
身體土是沾滿全身。從越冬好像剛剛覺醒了。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2008-05-06 17:12 | そのほかの水系


<< Test ♯861 クマバチ      Test ♯859 アメリカシ... >>