2008年 04月 27日

Test ♯851 メスアカケバエ 2008

e0065734_828299.jpg

「メスアカケバエ 2008 Spring」
Nikon D300/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM/Photoshop CS2

26日の土曜日はヒメギフチョウを見に行ったのですが、
現地に到着してみれば気温は6℃と低く、曇天。
ギフチョウやウスバシロチョウと同じく、ヒメギフチョウは日差しがないと、そうそう簡単には姿を現してくれません。かたくなに飛ばないんであります。お日さまが出ないなら、花の蜜だって吸わないもんね、ヒッキーになるもんね、な蝶なのであります。

望めそうにないので、ヒメギフチョウを切り上げてシルビアシジミの様子を見に行くことに。
一寸野虫さん、DX-9さん、蛾LOVEさんとともに、ミヤコグサの生える土手へ。
ところが曇天から雨が落ち始め、降ってはやみ、の状況に。
今日の写真はひさびさに雨に濡れそぼりながら撮影したです。

土手に着いてみれば草花がぐんぐんと伸び始めていて、土手の一部では早くも草刈りが行われています。
雨が降るなかよく目にしたのが、新緑の草本のなかをぶんぶん飛び回る黒い物体。メスアカケバエです。メスはご覧の通り胸の赤色がとても目立ちます。この胸の赤い色はオスにはありません。メスコバネマルハキバガのように、メスの外観的特徴が和名の由来になった種ですね。

e0065734_8544142.jpg

「メスアカケバエの交尾」
Nikon D300/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM/Photoshop CS2

この日はシャッタースピードがあがらず、あまり寄って大きく撮影できませんでした。
昨年、Koyapooさんが「ベランダの訪問者たち」でそれぞれメスオスをアップで掲載されてますのでご覧になってみてください☆
アップで見ると、メスの胸部の赤い部分はまるで戦闘機のコクピットのよう。
この部分がぱかっと開いて、中から小さな宇宙人が「Hey♪」と出てきそうです。
オスとメスは複眼の大きさもずいぶん違います。
オスは必死にお嫁さん探しをしなくちゃいけないからか、メスの何倍もありそうな大きな複眼をしてますね。
ネット検索してみると、ケバエの仲間は英名で「Love Bug」とか「Honey Moon Fly(新婚旅行蝿)」と呼ばれているそうで、トリビアなことが多くて面白かったですよ。


去堤壩的話,「Mesu-aka-kebae(雌赤毛蝿)」有很多。胸紅的♀、♂是黑。
♀的胸部紅的部分好像戰鬥機的cockpit的。從中,小宇宙人說「Hey!」快要出來了?
與♀♂,複眼的大小不同。♂有著大的複眼。為了是找♀嗎?
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2008-04-27 08:27 | そのほかの水系


<< Test ♯852 てふてふ捜...      Test ♯850 Luna ... >>