2008年 04月 06日

Test ♯831 Longicorn Maniax クリストフコトラカミキリ 2008

e0065734_11463598.jpg

「クリストフコトラカミキリ 2008 Spring」
Nikon D300/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM/Photoshop CS2

4/5の土曜日はDX-9さんに誘われて久々のカミキリムシ撮影に行ってきました。
「このくらいの時期から成虫が見られるんですよ。」
おを、するってぇとカミキリ的スプリング・エフェメラルということですか?!

ところがクリストフコトラカミキリはどうやらスプリング・エフェメラルではないようなのです。
クリストフコトラカミキリはどちらかというと初夏のカミキリムシで、帰宅してネットで調べてみると検索して出てくる画像はみんな5月の撮影。
今回行ったポイントは活動開始がかなり早いように思えます。
春になって、急にぽかぽか陽気になったのでフライングで羽化してきちゃったのかしら。
でも、4/5に私たちが視認できたのは少なくとも6頭以上。その前の週末に、ゆき@ごきげんようさんが4頭確認しているので、フライングにしては数が多い気もします。

e0065734_12445995.jpg

「クリストフコトラカミキリ 2008 Spring」
Nikon D300/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO/Photoshop CS2

クリストフは、コトラカミキリのなかではかなり大きい方なのだそうです。
大きいといっても、よく見かけるゴマダラカミキリのような大きさではなく、ラミーカミキリとほぼ同じくらいの印象です。
現地に10時ちょい過ぎに着いた時は姿がありませんでしたが、コツバメなどを撮りつつ早めの昼食をとり、ふたたび見に行くと、いましたいました♪
陽の良く当たる材や枯れ枝を、ちょこまかと元気に走り回っています。
元気すぎて、撮れませーん。ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

クリストフを見ている頭上でコツバメやツマキチョウが飛び交い、そちらが気になりつつも、クリストフがおとなしくなってくれるのを待ちます。
ところがここでニホントカゲ登場!
クリストフを狙って襲いかかる!!
クリストフ、必死に逃げる!!
おとなしくなるどころか、パニック状態になってしまったぢゃん。(┯_┯) ウルルルルル

e0065734_12592964.jpg

「クリストフコトラカミキリ 2008 Spring」
Nikon D300/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM/Photoshop CS2

ニホントカゲで撃早鬼ごっこが始まった枯れ枝とは別の材におとなしい子がいました。
これ幸いとばかりに撮りまくりであります。
カミキリムシには触覚が長ぁーい種が多いですが、触覚はかなり重要らしく、顔面のレイアウトも「まず触覚ありき」で、複眼などは二の次に配置したような顔をした種が多い気がします。
クリストフも、一等地に複眼があるんだけど、まるでその複眼から触覚が生えているようなレイアウトになっています。
見ていると、ときおり触覚を前肢でたぐりよせ、口でていねいに掃除しています。
うーん、カミキリムシにとって、触覚ってどれくらいの重要性があるんでしょうねぇ??

是初夏的天牛的「christoph-kotora-kamikiri(christoph-小虎髪切虫)」。
可是我們4月5日攝影了。初夏還是先。是暖,搶跑羽化了的嗎?
天牛在向陽處有的木材,幹樹枝上面,跑轉著。
太精神,照片不被拍攝。ゞ( ̄∇ ̄;)嗚嗚!
日本蜥蜴出現,襲擊了天牛。天牛拼命逃跑。越發,不能攝影了。(┯_┯) 眼淚
對另外的木材老實的天牛在。觸覺長。
有時,前肢拉觸覺寄,用口謹慎認真地打掃著。

Test ♯591 Longicorn Maniax 材木に集まる虫たちの物語はこちら
Test ♯572 Longicorn Maniax はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2008-04-06 03:45 | そのほかの水系


<< Test ♯832 イボタガ ...      Test ♯830 てふてふ捜... >>