2008年 03月 05日

Test ♯804 シロフフユエダシャクふたたび

e0065734_5273738.jpg

「シロフフユエダシャク 2007-2008 Winter」 RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

最近、ブログの更新が追いついていなくてすみません。
ネタがないワケじゃぁないんです。この冬もけっこう撮影はしていますから。
ただ、歳なのか撮影に全精力使いきっちゃって、帰宅したらデジカメのデータを読み込むの明日でいいやぁ、寝よ。寝よったら寝よ。という日が多くなりました。モ、モダメ・・(ノ ̄Д ̄)ノ~ミ☆(o_ _)ozzz..

e0065734_529828.jpg

「シロフフユエダシャク 2007-2008 Winter」
CONTAX RTS III/Distagon T*25mmF2.8(MM)/Fujifilm SP400/FUJICOLOR CD/Photoshop CS2

加えて、夏場とちがってフィルム撮影分がなかなか現像に出せないというのもありますです。
せっかくなら、全部そろったところでどのカットをブログに掲載するか決めたいであります。
でも基本的に虫の数が少ないわけですから、36枚1本撮りきるのにどうしても日数がかかっちゃうんです。半分くらいで現像に出しても料金同じだからくやしいし。(←貧乏性)

e0065734_5304146.jpg

「シロフフユエダシャク 2007-2008 Winter」 RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

それから、クロテンフユシャクや今日のシロフフユエダシャクのように、比較的活動シーズンが長い種だと、フィールドに行くたびに画像が増えてゆくので、じゃぁある程度まとまってからにすべぇ、というのもあります。ウスタビガのように見栄えがするのならともかく、今日もシロフ、明日もシロフ、明後日もシロフ、えーーーい、今週はずーっとシロフWeekだぁ!
... というのも、ねぇ。(^▽^;)

e0065734_5311231.jpg

「シロフフユエダシャク 2007-2008 Winter」 RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

というわけで、今日のシロフフユエダシャクは 2/6 から 3/1 までのあいだに各地で撮影したものです。こうして並べてみると、濃かったり薄かったり、オスの模様にもずいぶん個体差があるんですねー。

e0065734_5315062.jpg

「シロフフユエダシャク 2007-2008 Winter」 RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

ちなみにシロフとよく似たヒロバフユエダシャクという種もいて、地域によってはシーズンが重なるであります。この上の子はもしかしたらヒロバかも。
一寸野虫さん、蛾LOVEさん、ちがってたらツッコミお願いいたしますです。<(_ _)>

e0065734_532193.jpg

「シロフフユエダシャク 2007-2008 Winter」 RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

e0065734_533347.jpg

「シロフフユエダシャクのメス 2007-2008 Winter」
Canon EOS Kiss Digital X/Canon Macro Photo Lens 35mmF2.8/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

昨冬はシロフの交尾を撮影できたのですが、この冬は残念ながら交尾中のカップルに出会うことはできませんでした。そのかわり、一寸野虫さんが単独で歩いていたメスを発見したので便乗して撮らせてもらいました。
クロテンやウスバなどのいわゆる「ザ・地味系フユシャク」のメスとくらべると大きいです。

e0065734_5353967.jpg

「シロフフユエダシャク羽化不全個体」
Nikon D70/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/白色LED/Photoshop CS2

せっかく蛹まで順調に育ったのに、いざ羽化の段階で失敗してしまう羽化不全個体というのもけっこう見かけます。フユシャクに限らず蛾でも蝶でも、メスだったらオスのほうから来てくれますけど、オスで羽化不全だと、よっぽど近くにメスがいてくれない限り交尾までできるかどうかは難しいですね。
ギフチョウでは蛹の段階での死亡率はけっこう高いそうです。
それを乗り越えて羽化までたどりついてもなを羽化不全というリスクがあるのですから、自然は厳しいでありますね。

Blog的更新不趕上,對不起。
因為我冬天之間也大量地做著攝影,話題不是沒有的。
是歲,只是攝影累。・・(ノ ̄Д ̄)ノ~ミ☆(o_ _)ozzz..
日本的冬天因為蟲的數少,攝影了的膠卷怎麼也不也能沖洗(显影)。
攝影一半,沖洗(显影),因為也是同樣的金額令人懊悔。
今天的蛾子是「Shiro-fu-fuyuedashaku(白斑冬枝尺蛾)」。
從2/6 到 3/1 的間在日本各地攝影了。
查閱排列了的照片的話,♂的翅膀花樣相當深的薄的有差異。

Test ♯774 シロフフユエダシャク 2008はこちら
Test♯384「シロフフユエダシャク、ふたたび」はこちら
Test♯368「シロフフユエダシャク」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2008-03-05 05:25 | そのほかの水系


<< Test ♯805 ジョウビタキ      Test ♯803 ヤマアカガエル >>