Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 01日

Test ♯800 フユシャクのメス捜索隊(その2)

e0065734_2345172.jpg

「水も滴るいい女」
Canon EOS Kiss Digital X/Canon Macro Photo Lens 35mmF2.8/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

はらはらと舞う雪がお尻について、そのまま融けてまーるい水滴になりました。
さすが鱗翅目だけあって、みごとな撥水効果でありますね(笑)。

e0065734_2394634.jpg

「水を背負う女」
Canon EOS Kiss Digital X/Canon Macro Photo Lens 35mmF2.8/EF_25 II/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

いっぽうこちらの子は背中に水滴を背負っています。
なんだかコクピットのようですね。なかで宇宙人が操縦してたりして(^▽^;)

e0065734_2452299.jpg

「お腹の大きなフユシャクのメス」
Canon EOS Kiss Digital X/Canon Macro Photo Lens 35mmF2.8/EF_12 II/EF_25 II/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

この子は羽化したてなのでしょうか、卵で腹部がぱんぱんに膨らんでいます。
頭部はわかるのですが、胸部と腹部の境目はもはやわかりませんね。この膨らんだ胴体の、あたまのすぐ後ろまで卵が詰まっています。

e0065734_252526.jpg

「コーリングするフユシャクのメス」
Nikon D70/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

今日のフユシャクのメスはすべて、前回の「Test ♯782 フユシャクのメス捜索隊」同様、「たぶんウスバフユシャクのメスだろうとは思うけど、推測の域はでませーん」な娘たちです。大きさや雰囲気がそれぞれ微妙に異なるようにも見えますけど、それは種の差というより生育の差だと思います。
周囲に多かったのはウスバフユシャクですが、クロテンフユシャクやウスモンフユシャクもいましたから、あくまで交尾したオスがどの種だったかを見ないと断言できないワケでありますが、じゃぁ待っていれば目の前ですぐ交尾してくれるかというと、それがなかなかそうはいかないのでありますね。

e0065734_304269.jpg

「産卵されたフユシャクの卵」
Canon EOS Kiss Digital X/Canon Macro Photo Lens 35mmF2.8/EF_12 II/EF_25 II/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

交尾とおなじく、メスが産卵している瞬間も撮影してみたいのですが、なーかなかその瞬間には出会うことができません。たまたま、すでに産卵された卵塊を見つけました。ち、ちっちぇー!!
卵塊に毛がついてますから、ウスバ・クロテン系のフユシャクの卵ですね。
下の方は卵が破けています。まだふ化には早いでしょうから、天敵に襲われたのかもしれません。こうして試練を乗り越え、次世代へと命は繋がってゆくんですねー。

是冬尺蛾的雌。屁股的雪變成了圓的水滴。正因為鱗翅目,是漂亮的防水效果。
我,背水滴的雌也發現了。水滴好像cockpit的。在中宇宙人駕駛著!?
這些雌,大小和特徵各自微妙看起來好像不同。那個種的差沒有,想是生長的差。
我,發現了冬尺蛾的蛋。蛋非常小,蛋附有毛。為了保護蛋,雌放屁股的毛。

Test ♯782 フユシャクのメス捜索隊はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2008-03-01 02:31 | 自動販売機/電話BOX/外灯


<< Test ♯801 チャオビフ...      Test ♯799 クロテンフ... >>