2008年 02月 29日

Test ♯799 クロテンフユシャク

e0065734_22432151.jpg

「クロテンフユシャク 2007-2008 Winter」
CONTAX RTS III/Distagon T*25mmF2.8(MM)/R7.5mm/Fujifilm SP400/FUJICOLOR CD/Photoshop CS2

のっけから何ではありますが、

地味です。(^▽^;)

基本デザインがほぼ同じなのにコントラストが明瞭なフタスジやシュゼンジのような見栄えのよさもなく、アカウスバフユシャクのように局所的な分布で珍しいといった話題性もなく、ただひたすらに地味でどこにでもいる(北海道から九州、さらにはシベリアにまでいる)、ある意味、種としては勝者であります(笑)。
このブログでときおり、ヨスジノコメキリガなど糖蜜に飛来したキリガを掲載しますけど、おおむね1月から2月はこれらキリガをさておいて横でクロテンのオスがたくさん、はらはらと舞っているんであります。撮って欲しいんかい!というくらいたくさん飛んでたりします。

e0065734_23275529.jpg

「クロテンフユシャクのメス」
Canon EOS Kiss Digital X/Canon Macro Photo Lens 35mmF2.8/EF_25 II/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

そんなにたくさんいるんだったら、メスも簡単に見られるかというとさにあらず。
正確にはメスはいるにはいるんですけど、交尾している相手がクロテンなのかウスバなのかウスモンな(以下略)を見ないと判定できないんであります。
そんななかで、この冬はじめて「クロテンのメスだ!」と断言できる子を撮影することができました。残念ながら交尾までは至らなかったものの、この子のコーリング(フェロモンを放出して「私はここにいるわ☆」とオスを呼ぶ行動)でクロテンのオス5頭が集まり、うち1頭がマウントを試みたのであります。

→その瞬間は一寸野虫さんがみごとに撮影に成功しています。

でもさすがに大の大人4人がライトアップしてるなかで

できるかー!怒りゲージ MIN ■■■■■■■■■■ MAX ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆

といわんばかりに一瞬でマウントを解除してしまいました。
いろいろ蛾の写真を撮る機会に恵まれてはいますが、フユシャクにかぎらず交尾にはなかなか出会えないであります。キタキチョウやヒメウラナミジャノメなんてしょっちゅうあちこちで交尾してるのに。

e0065734_23484536.jpg

「クロテンフユシャク 2007-2008 Winter」
Nikon D70/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

そんなわけで、地味でどこにでもいるのに、クロテンフユシャクの写真は案外バリエーションを広げるのがムズカシいんであります。
たとえば捕獲して白バックで撮影するのは私以外にやってる方がいらっしゃいますし、すでに誰かがやっていることと同じような写真を私が撮っても蛾に興味をもってくれる人はなかなか増えないと思うんです。
ぢゃぁ、どうするか。
というのがこの冬感じた課題でありました。

e0065734_23565833.jpg

「クロテンフユシャク 2007-2008 Winter」RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

ところでクロテンのことをネットで検索して調べていたら、「アシヨレグモ」というキーワードがひっかかりました。蜘蛛は嫌いじゃないし、どちらかというとその造形美に惹かれるのでありますが、種類が多くてなかなか頭の中にインプットができません。
この「アシヨレグモ」、どうやら冬に成体が出てくるようです。冬になに喰うのかといえば、どうやらそれがフユシャクらしいんですね。なんらかの方法でクロテンのオスを誘い込み捕獲するので、「アシヨレグモ」の棲む近辺はクロテンのオスの亡骸がたくさん落ちているそうです。
うーん、見てみたいなぁ。
あえて厳冬期に繁殖活動を行うフユシャクですが、鳥以外に虫類などでは天敵がいないかというと、ちゃーんといるんでありますね。

e0065734_031663.jpg

「クロテンフユシャク 2007-2008 Winter」RICOH Caplio GX8/白色LED/Photoshop CS2

今天的蛾子是「Kuro-ten-fuyushaku(黒点冬尺蛾)」。
在日本被普通看,不過,這個蛾子好像稍稍喜歡山地環境。
冬尺蛾朋友,手術刀沒有翅膀。當然手術刀不能飛。
為了冷的冬天繁殖活動,停止飛,產卵花費能源。
日本36種冬天尺蛾子被知道。

Test ♯782 フユシャクのメス捜索隊はこちら
Test ♯373「クロテンフユシャク」はこちら
Test ♯371「クロテンフユシャク」はこちら
Test ♯350「クロテンフユシャク」はこちら
Test ♯336「クロテンフユシャク」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2008-02-29 23:59 | 近隣の水系


<< Test ♯800 フユシャク...      Test ♯798 てふてふ捜... >>