2008年 02月 28日

Test ♯798 てふてふ捜索隊 ウラギンシジミの越冬(その3)

e0065734_1645473.jpg

「キタテハ」
CONTAX RTS III/Sonar T*135mmF2.8(MM)/R27mm/Fujifilm SP400/FUJICOLOR CD/Photoshop CS2

関東地方に春一番が吹いた日に出会った越冬蝶、2種です。
まずはキタテハ。
暖かい南風に誘われたのか2頭ほどが、ひらひら舞っては着地して日光浴というパターンを繰り返していました。うーん、いままでいったいドコに隠れてたんだい??
近所の河原ではキタテハのほかにもルリタテハ、キタキチョウ、ウラギンシジミ、ムラサキシジミ、ムラサキツバメ、テングチョウ、さらにはクロコノマチョウなどなどたくさんの蝶が成虫越冬してるハズなんでありますが、とんと見つかりません。
まぁ、人間に見つかっちゃうような隠遁術じゃ鳥たちに喰われちゃうでしょうから、命がけでかくれんぼして寒さに耐えているんでしょうね。
でもそんな越冬蝶をやすやすと探し出しちゃう蝶屋さんもいらっしゃるワケで、世の中常に上には上がいるものであります。

e0065734_1733872.jpg

「ウラギンシジミの越冬、その後のその後」
CONTAX RTS III/Distagon T*25mmF2.8(MM)/Fujifilm SP400/FUJICOLOR CD/Photoshop CS2

さて谷戸で越冬中のウラギンちゃん。
前回見た 2/16 から一週間たってどうなったでしょう。
... って、あいかわらず同じ位置でなんの変化もありません。
吹きすさぶ春一番でアオキの葉がちぎれそうなくらいあおられてますが、ウラギンちゃんも必死にしがみついてるようで、葉ごとブンブン振られても微動だにしません。こんなちっちゃな体でよく耐えてるなぁ。見てるこっちのほうが風でバランス崩しそうなくらいなのに。

ところが。

やはり限度というのはあるようで、DX-9さん宅の駐車場で仲良く並んで越冬していたウラギンシジミ2頭は、吹き飛ばされてしまったのか、この日を境に姿が見えなくなったそうです。
あぅ、どこかで無事でいてほしいであります。m(゚- ゚ )カミサマ!

是2月23日我遇到了的2種的越冬蝴蝶。
上面的照片是「Ki-tateha(黄立羽蝶)」。是被暖的南風引誘了的,自越冬醒,日光浴做著。
是到現在,在何處裡隱藏的吧?
下面的照片是越冬中的「Ura-gin-shijimi(裏銀小灰蝶)」。從上次看了的時候開始一個星期過去,不過,沒有變化。
由於初春的大南風的原因青樹葉斷快要被迫飛了。
裏銀小灰蝶用小身體也承受著風。

Test ♯792 てふてふ捜索隊 ウラギンシジミの越冬(その2)はこちら
Test ♯784 てふてふ捜索隊 ウラギンシジミの越冬(その1)はこちら
Test ♯698 てふてふ捜索隊 ウラギンシジミ「帰ってきたウラギンシジミ」はこちら
Test ♯677 てふてふ捜索隊 ウラギンシジミはこちら
Test ♯641 てふてふ捜索隊 ウラギンシジミはこちら
Test ♯303 「美蝶と野糞」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2008-02-28 23:59 | 近隣の水系


<< Test ♯799 クロテンフ...      Test ♯797 ヨスジノコ... >>