2007年 12月 09日

Test ♯737 銀杏

e0065734_19374124.jpg

「金色の ちひさき鳥の かたちして 銀杏散るなり 夕日の岡に(与謝野晶子)」
RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

テレビの天気予報で報じていましたが、関東平野部ではこの週末が紅葉のピークだったようですね。蛾をもとめて夜に徘徊していると、日中見るのとちがった紅葉・黄葉の美しさに出会える機会があります。
ヒメクロオビ偵察にいった帰り道に見つけたのは、いまがさかりの銀杏の黄葉。
ナトリウム灯でしょうか、街灯に照らされ絢爛な趣にはっとさせられます。

e0065734_2084719.jpg

「銀杏月夜」
Nikon D70/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Photoshop CS2

イチョウは東京都、神奈川県、大阪府で都府県の木に指定されています。
でももともと日本在来ではなく、11世紀以降に中国から移植されたといわれているそうです。
イチョウは裸子植物で、樹木のなかでも古い形態を残した種なのは有名ですね。中生代ジュラ紀頃は地球上に広範囲に分布していたイチョウの仲間ですが、氷河期の時代にいまのイチョウを除き他のイチョウ科はすべて絶滅してしまったそうです。
何万年という月日を経て、中国で生き残っていたいまのイチョウが、こんどは人の手でふたたび世界に広がってゆくことになったのですね。
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-12-09 20:35 | 自動販売機/電話BOX/外灯


<< Test ♯738 ハムスター日記      モバイルFandF ヒメクロ... >>