「ほっ」と。キャンペーン
2007年 11月 04日

Test ♯695 てふてふ捜索隊 アサマイチモンジ

e0065734_17155174.jpg

「アサマイチモンジ、ふたたび」
Canon EOS Kiss Digital X/EF70-200mm F2.8L IS USM/EF12 II/Photoshop CS2

いつも撮影に行くと大量にシャッターを切るので、急いでアップしてゆかないとお蔵入りカット大量生産になりそうです(大汗)。まだ同定の済んでいない写真もたくさんあるし。あぅー、であります。
今日のカットは 9/15 に撮影したものです。ニラの花で吸蜜しています。
今年はラッキーなことに、アサマイチモンジにたくさん出会えた1年でした。
日本固有種だからか、イチモンジチョウより個体数は少ないとのことなのですが、
ちょうどアサマイチモンジが安定して生息するポイントを見つけ、
むしろイチモンジチョウよりたくさん数を見ることになりました。

黒地に白点で構成された一文字のラインがシックな蝶です。
さすがに敏感で、90mmマクロレンズで撮影できる距離まで近づくのは困難でした。
至近距離から、激薄の被写界深度で顔のアップを狙ってみたいんですけど、
今後の課題ですねー。

e0065734_17393481.jpg

「アサマイチモンジ、ふたたび」
Nikon F100/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM/Fujifilm SP400/FUJICOLOR CD/Photoshop CS2

こちらは同じポイントで 9/8 に撮影したアサマイチモンジです。
ずいぶん翅がすり切れてしまっていて、度重なる危機を脱してきたことを物語るようです。もっとも蝶の場合は夜寝るときや豪雨を避けるときに、草木の根元や密集した薮のなか、石のしたなどに強引に潜り込み、そのさいに翅がすり切れてしまうケースもあるようです。

よく見ると、後翅にわずかにオレンジのワンポイントがあるのですね。
手元の図鑑では、このワンポイントがあまり目立つように描かれていないのですが、
この写真ではけっこう明るい色で目を惹きますね。
オスにもメスにもこのワンポイントがあるようなので、繁殖に関連したものではなく、
天敵の目をこちらに惹きつける保身用なのかもしれません。

Test ♯489 てふてふ捜索隊 「アサマイチモンジ」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-11-04 17:51 | そのほかの水系


<< Test ♯696 ホシヒメホ...      Test ♯694 てふてふ捜... >>