Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 29日

Test ♯686 ハグロトンボ

e0065734_2544527.jpg

「ハグロトンボ」
Nikon D70/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM/Photoshop CS2

アオハダトンボとよく似たハグロトンボですが、近所の河原ではここ数年で数が増えてきたように思います。
生息する環境や生態がアオハダトンボと共通する部分が多い(ただしハグロトンボのほうが水質の悪化にはやや強いようです)のですが、アオハダトンボは目立って増えた感じはしませんけど、ハグロトンボは明らかに増えてきているように思います。

e0065734_301226.jpg

「数珠玉とハグロトンボ」
Nikon F3/TAMRON SP90mm F2.8Di 272E/Fujifilm SP400/FUJICOLOR CD/Photoshop CS2

近所の河原には、カワトンボの仲間が3種います。数が多い順に、ハグロトンボ、アオハダトンボ、ミヤマカワトンボの3種です。ミヤマカワトンボがいるのですから、カワトンボ(sp)がいてもよさそうですが、まだ姿を確認したことはありません。
ミヤマカワトンボは昨年初めて近所の河原にいるのを発見し、今年も1頭確認しました。
見かける数が極端に少ないので、繁殖しているのではなく、上流からヤゴが流されてきている可能性が多分にあります。

e0065734_372926.jpg

「テリトリーを見張るハグロトンボ」
CONTAX RX/Sonnar T*135mmF2.8(MM)/R27mm/Fujifilm SP400/FUJICOLOR CD/Photoshop CS2

トンボというと、オスメスが連結して産卵している印象がありますけど、メスが単独で産卵し、そのすぐそばでオスがテリトリーを見張る種も多く、アオハダトンボもハグロトンボもこの方法(単独植物組織内産卵といいます)です。
他のオスがくると追尾して追い払うのですが、そのさい翅がぶつかりあうので、このオスは翅に穴があいてしまっていますね。

e0065734_3141276.jpg

「ハグロトンボ」
Nikon D70/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM/Photoshop CS2

今年は蝶にチカラをいれていましたが、トンボもベッコウトンボやチョウトンボなど初めて見る種に出会うことができました。来年は、今年はかなわなかったムカシトンボなどをぜひリベンジしたいと思っていますです。

Test ♯645 ハグロトンボ はこちら
Test ♯302「ハグロトンボ」はこちら
Test ♯283「ハグロトンボ」はこちら
Test ♯274「ハグロトンボ」はこちら
Test ♯256「ハグロトンボ」はこちら
Test ♯226「ハグロトンボ」はこちら
Test ♯219「ハグロトンボ」はこちら
Test ♯45「ハグロトンボ」はこちら
Test ♯34「ハグロトンボ」はこちら
Irregular serial ♯5はこちら
Test ♯-1「ハグロトンボ」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-10-29 03:35 | 近所の河原


<< Test ♯687 ナツアカネ...      Test ♯685 カブトムシ... >>