Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 28日

Test ♯685 カブトムシ&クワガタ救助隊

e0065734_2252266.jpg

「カブトムシ、食欲旺盛」 KONICAMINOLTA DiMAGE X1/Photoshop CS2

自然にあるものは、そのまま自然に生きるのがいい。
だから、子どもの頃からあまり生き物を飼うことに興味をもてずにいました。
もちろん、オタマジャクシを洗面器で飼って、みんな親になって逃げさってしまったり(笑)、
ザリガニ釣りをしたら共食いし、翌朝見たら1匹しか残っていなかったりということもありました。
トイ・マンチェスター(犬)やシャム・モモンガを飼ったこともありました。
でも、どちらかというとフィールドで生き物が生き生きとしているのを見る方が好きでした。

e0065734_2341663.jpg

「ノコギリクワガタ、オス」 KONICAMINOLTA DiMAGE X1/Photoshop CS2

親になって、我が子たちがもってきたカブトムシやクワガタの面倒をみるようになって、
やっぱり飼うことで知ることもたくさんあるなぁと思うようになりました。
昔から、カブトムシが飛んで着陸したあと、上翅から下翅がはみ出て、もそもそと格納されてゆくのが不思議だったのですが、自分で標本をつくってみて、なるホドこういう仕組みになっていたからなのね、といったことを40歳目前にしてようやく知りました。

カブトムシ&クワガタ救助隊と偉そうなこと言ってますが、自然のなかから「少しだけ」命を分けてもらって、子どもたちといっしょに命の不思議を教えてもらえた今年の夏でした。

e0065734_23173877.jpg

「ノコギリクワガタ、メス」 KONICAMINOLTA DiMAGE X1/Photoshop CS2

さて我が家のカブトムシとノコギリクワガタはあいかわらず元気です。
ただミヤマクワガタのメスが行方不明で見つかりません。
自然状態では越冬できないですから、夏が終わり死んだのだとしても、
虫かごのなかから、その亡骸が見つからないのであります。
小蠅よけのネットをかぶせてあるので、逃亡はしてないと思うのですが、
いったいどこに消えてしまったのでしょうね??

Test ♯676 カブトムシ&クワガタ救助隊はこちら
aside ♯18 甲虫ジオラマはこちら
Test ♯624 「Traffic accident .」はこちら
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-10-28 23:29 | 自宅にて


<< Test ♯686 ハグロトンボ      Test ♯684 てふてふ捜... >>