Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 21日

Test ♯676 カブトムシ&クワガタ救助隊

e0065734_5172745.jpg

「車道を歩くコクワガタのメス」 RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

さて今年の夏は下の子 Mickey と、車道などにのこのこ出てきたカブトやクワを、
車に轢かれてしまう前に採集しました。
で、その後なのでありますが、カブトムシはまだ6匹が元気に我が家で生きています。
e0065734_5223721.jpg

(KONICAMINOLTA DiMAGE X1/Photoshop CS2)

一昨日に、2つあるカゴのうち1つを掘り返して幼虫7匹を確保しました。
ウチは居心地がよいのか、なかなか親が死なず毎日虫用ゼリーが2つ空になる勢いなので、
幼虫確保をのんびりしていたら、すでに幼虫が2齢くらいの大きさになってました(汗)。
ちなみに確保した幼虫は1匹づつ分けて育ててゆくことになります。
e0065734_5323538.jpg

(KONICAMINOLTA DiMAGE X1/Photoshop CS2)

なんで幼虫を確保するかというと、大きさがたかがしれている虫カゴだと最終的に1匹しか成虫にならないケースが多いんです。これは私も経験して感じてました。
だから虫カゴよりはるかに大きい衣装ケースとかを使えば1匹づつ分ける必要はないらしいのですが、ウチには置く場所がないので小分け戦法にしています。
幼虫飼育用の広口瓶とか売ってますけど、ケチってペットボトルでごまかしてます(^ ^;

クワガタの方も幼虫を確保しなくちゃいけないのですが、
ミヤマクワガタはメスが1匹、ノコギリクワガタはオスが1、メスは2匹が生き残ってるので、うーん、どうしましょ(^ ^;
がんばって今日やるかな。あ、ペットボトルのストックが足りなひ(汗)。
カブトムシやミヤマクワガタ、ノコギリクワガタは基本的に夏が終わったら寿命が尽きます。超過保護にすれば冬を越せるらしいのですが、このへんは人それぞれですけど、私は自然の摂理にまかせることにしています。
ミヤマクワガタやノコギリクワガタとちがって、コクワガタとアカアシクワガタは成虫が越冬します。条件を整えてあげれば2〜3年は生きるそうです。幼虫期間が長く羽化して成虫になったら1〜2週間の寿命しかないセミなどと逆ですね。
というわけで餌だけ切らさないようにしつつ来年の夏まで放置であります。
さて、数が増えてくれるかな??
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-10-21 05:43 | 自宅にて


<< Test ♯677 てふてふ捜...      モバイル Faunas & ... >>