Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 12日

Test ♯658 チョコボール

e0065734_3542760.jpg

「チョコボール姫っち」
Canon EOS Kiss Digital X/Canon Macro Photo Lens 35mmF2.8/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

ヒメヤママユには、まれにチョコボールと呼ばれる黒化型の個体が現れます。
ノーマルタイプと並べて比べると翅も含め全体的に色が濃くダークネスなのがわかります。
いちばん区別しやすいのが、頭部のすぐうしろの、いわゆる「襟巻き」部分です。
e0065734_413978.jpg

ノーマルタイプは襟巻きが白いですが、チョコボールはかなり濃い、文字通りチョコ色をしています。チョコボールの比率は、だいたい10頭から20頭に1頭くらいでしょうか。
メスにもチョコボール体質がみられますので、おそらく雌雄を決める染色体以外の部分に劣性遺伝としてメンデルの法則的に発現しているんだと思います。
これが本家ヤママユだと、赤かったり黄色かったり濃いグレーだったりが同じくらいの比率でみられますので、劣性遺伝ではない別の遺伝法則で発現しているのでしょうね。

e0065734_418094.jpg

「チョコボール姫っちのメス」
Canon EOS Kiss Digital X/Canon Macro Photo Lens 35mmF2.8/内蔵ストロボ/Photoshop CS2

それにしても、夜活動する蛾に色彩変化の形質発現があるというのは不思議ですね。

Test ♯632 野蚕、第7使途「姫っち 2007」
Test ♯273「ヒメヤママユ」
Test ♯289「姫っち、ふたたび」
Test ♯294「生きるということ」
[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-10-12 04:24 | 自動販売機/電話BOX/外灯


<< Test ♯659 ナツアカネ      Test ♯657 てふてふ捜... >>