Faunas & Floras Phase2

fandf.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 17日

Test ♯614 夜の森の物語

e0065734_21394265.jpg

「シロシタバ」RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

谷あいで周囲の街の灯りも届かず、真っ暗闇の夜の森のなか。
さわさわさわ ... と生暖かい微風が流れると、その風にのってぷんと濃く強い樹液の香りが森を漂います。時折、低く響くようなブウンという翅音。そんななか、手にしたライトだけを頼りにナラやクヌギを一本一本確認してゆきます。
五感といいますけど、夜闇のなかで虫をさがしていると、人間というのはつくづく視覚に重きを置いて活動している生物なんだなと自覚します。
ライトが照らすわずかな空間に、ふいにあらわれる魑魅魍魎。まるでハロウィンのカボチャのお化け(Jack-O'-lantern)のような大きい笑う顔は、シロシタバです。
蛾のなかでもかなり大きい体格なので、ライトで照らされるくらいではびくともせず堂々としています。カブトムシやクワガタしかいないと思って夜の森に来た人が見たら、さぞかしびっくりすること請け合いです(笑)。

e0065734_21555476.jpg

「カクモンキシタバ」RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

シロシタバよりはひと回りほど小さいですけど、ライトに浮かび上がる下翅の黄色に、はっ!とさせられるのがキシタバ。キシタバにはジョナスキシタバとかゴマシオキシタバなど仲間がいっぱいいます。シロシタバと同じくヤガ科シタバガ亜科に属し、学名から「カトカラ」と呼ばれるグループの一員です(^ ^
標本では翅を全開にしてしまうのでイメージが変わってしまうのですが、彼らが翅を半開きにしながら樹液を舐める姿はまさしく黄色いかぼちゃのお化け顔そのものです。妖怪カトカラ、ですね(^ ^

※2009年3月23日訂正:KKKさんからご指摘をいただきました。和名に「キシタバ」とついてますが、カクモンキシタバはカトカラの仲間ではありませんでした。勉強不足でした、訂正してお詫びいたしますです。

ヤガ科シタバガ亜科のなかに属(グループ)がたくさんあって、いわゆるカトカラはCatocala属に分類された種です。
一方、カクモンキシタバはChrysorithrum属だったんですね。う、なんて発音するのかわからなひ。なんだかスペルの「s」が「t」に置き換わったら大きな声で言えなさそうな雰囲気(爆)

KKKさん、ご指摘ありがとうございました☆


e0065734_22172460.jpg

「ナナフシ」RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

今回、意外だったのが夜の森でたくさんのナナフシたちが活発に活動していたことでした。
いつものスローな動きはどこへやら、ストロボなしで撮影するのがたいへんなほど動きが速くどんどん幹の上へと駆け上がってゆきます。
思えば彼らの擬態というのは昼光下の視覚に対応したものなワケで、夜になれば枝に化ける必要もないということなのかしら。これがホントの化けの皮がはがれる、という感じで驚きでした。

e0065734_22275039.jpg

「カブトムシ」RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

カブトムシは基本的に夜行性のはずなんですけど、けっこう昼間でも黙々と樹液を吸う姿に出会います。体も大きいですし、ライバルが多いですから、樹液のためなら24時間闘えますか、なんでしょうかね。オオスズメバチがアゴをがちがちいわせてカブトのお尻に噛みついたりしますが、屁のカッパらしくて場所を譲るなんてことはめったにありません。やっぱり大型のクワガタのようなライバルでもないかぎり、森の王者は健在のようです。

e0065734_22463438.jpg

「マダラカマドウマ」(だと思う度30%)RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

カマドウマの仲間は日本に27種ほどいることが確認されているのだそうですが、そこまで詳しい図鑑を持ってなくて、たぶんマダラカマドウマぢゃないかなーと思っています。
ゴキブリ同様、ベンジョコオロギとか呼ばれて嫌われることの多いカマドウマですが、人に接せず森のなかでひっそり暮らしている種がほとんどです。ちなみに夜の森では、当然、ゴキブリたちも活動しています。小型のクワガタのメスによく似ているので要注意であります(笑)。

e0065734_22543155.jpg

「オオシマカラスヨトウ」RICOH Caplio GX8/Photoshop CS2

腹部に縞がみえたので、オオシマカラスヨトウだと思います。
虫にかぎらず冬眠する生き物がいることは有名ですが、反対に盛夏に暑さをしのぐため夏眠する生き物もいます。オオシマカラスヨトウは集団で樹のウロなどに潜り夏眠するそうで、「みんなで作る日本産蛾類図鑑」にも夏眠中のカットは1枚しかありませんでしたから、もしかしたらNaturingさんが撮影したオオシマカラスヨトウは、まさに夏眠中の姿を撮影した貴重なカットだったのかもしれませんね(^ ^
Naturingさんのブログにトラックバックさせていただきました♪

オオシマカラスヨトウが寝ている、Naturingさんのブログ「寝床??」はこちら☆


[PR]

by Faunas_and_Floras | 2007-08-17 23:24 | そのほかの水系


<< Test ♯615      Test ♯613 昼の森の物語 >>